Infrastructure as a Service (IaaS)

Infrastructure as a Service (IaaS) とは

Infrastructure as a Service (IaaS) では、一元管理されたクラウド、コンピュート、ストレージ、ネットワーキングリソースをオンデマンドで利用できるようにすることで、仮想化環境での迅速なプロビジョニングを実現しています。

従来のオンプレミス インフラストラクチャと異なり、IaaSはパブリッククラウドおよびプライベートクラウドでホストされ、サービスプロバイダーが一元管理し、必要に応じてお客様が利用できるようになっています。ブラウザベースの管理コンソールと各APIにより、お客様が必要とする仮想リソースに、必要な時点でアクセスできます。お客様は実際に使用したリソースに対してのみ支払い、需要の変動に応じて素早くスケールアップ/ダウンを実行できます。

IaaSプロバイダーは、世界中に戦略的に配置した大規模物理データセンターを管理し保守しています。これらのデータセンターにあるコンピュート、ストレージ、ネットワーキングの各リソースは仮想化され、お客様がas a serviceの従量制課金で利用できるようになります。つまり各アプリケーションとワークロードをクラウドで実行できるのです。

IaaSの仕組み

多くの企業では、サーバークローゼットやデータセンターに設置された従来のサーバーやストレージからなる、既存のネットワークインフラストラクチャにしばらく満足していました。これらの資産は社内のITスタッフが構成し保守しています。

Infrastructure as a Serviceでは、サービスプロバイダーがオンラインで利用できるようにしているネットワークリソースをお客様が活用します。お客様は仮想ダッシュボードインターフェイスまたはハイパーバイザーを使用して、必要なインフラストラクチャを選択し、構成できます。リソース稼働率レベルを調整して、変動するワークロードに対応し、従量制課金で必要な分だけを使用します。

インフラストラクチャプロバイダーが提供する追加サービスには、アクティビティログ、プロセスモニター、クラスタリング、ロードバランス、項目別の請求などがあります。

IaaSアーキテクチャーとは

コンテナには次のような特性があるため、開発者は多くのメリットを得られます。

+ もっと見る

コンピュート

汎用処理およびコンピュートリソースには、機械学習やAI用の高速グラフィック処理 (GPU) またはrawデータ処理用のハイパフォーマンスコンピューティング (HPC) が含まれ、ワークロード要件により使い分けます。

ストレージ

お客様の広範な要件を満たすためにスケーリングする、基本的なリソースです。オブジェクトストレージは画像、ドキュメント、他の一般データによく使用され、IaaS向けストレージとして最も使用されるタイプです。ブロックストレージおよびファイル ストレージも、必要に応じて個別のプロジェクトに利用できます。

ネットワーク

ルーターやスイッチなど従来のネットワークインフラストラクチャは、プログラムで構成され割り当てられ、コンピュートやストレージを仮想マシンに接続します。複合アプリケーションは、複数の地理上の領域にまたがる、仮想プライベートクラウドで動作します。

IaaSの仕組み

多くの企業では、サーバークローゼットやデータセンターに設置された従来のサーバーやストレージからなる、既存のネットワークインフラストラクチャにしばらく満足していました。これらの資産は社内のITスタッフが構成し保守しています。

Infrastructure as a Serviceでは、サービスプロバイダーがオンラインで利用できるようにしているネットワークリソースをお客様が活用します。お客様は仮想ダッシュボードインターフェイスまたはハイパーバイザーを使用して、必要なインフラストラクチャを選択し、構成できます。リソース稼働率レベルを調整して、変動するワークロードに対応し、従量制課金で必要な分だけを使用します。

インフラストラクチャプロバイダーが提供する追加サービスには、アクティビティログ、プロセスモニター、クラスタリング、ロードバランス、項目別の請求などがあります。

IaaSのメリットとデメリット

メリット

Infrastructure as a serviceには、IT関連支出の最適化を目指すエンタープライズにとって、複数のメリットがあります。

  • 拡張性: コンピュート、ストレージ、ネットワーキングの各リソースはオンデマンドで分配されます。ユーザーはその時点で必要なリソースに対してのみ支払います。需要のスパイクが発生すると、すみやかに適応して、新しいリソースを展開できます。ワークロードが減少した場合は、その時点で不要なインフラストラクチャを維持する必要はありません。
  • 柔軟性: オンプレミスのITインフラストラクチャを保守するには、実績ある専門知識と継続的サポート費用が必要です。新しい需要を満たすためにデータセンターを拡張または再構成することには、費用と時間がかかります。設置には、週単位または月単位の期間が必要です。一方仮想リソースは、分単位または時間単位で世界中のどこからでも利用できます。
  • 安定性: クラウドベースのリソースは、オンプレミスのハードウェアに影響が及ぶようなサービスの中断や停止から保護されます。多くのプロバイダーはサービスレベルアグリーメント (SLA) の条項に従って、高可用性とセキュリティを保証しています。事業継続性およびディザスタリカバリの対応もサービスの一部です。

デメリット

柔軟性、安定性、効率性の観点でIaaSに多くのメリットがあるにもかかわらず、これが最適のアプローチにならないような状況もあります。

  • 費用: 従量制課金のメリットがあるにもかかわらず、実物が見える物理資産以外のIT支出を避ける傾向が一部の企業にあります。IaaSに関連する項目別請求と費用は、想定より高くなることがあります。特に需要にスパイクがある場合は高くなります。
  • 制御: インフラストラクチャはサービスプロバイダーが所有しているため、お客様は日常の管理、構成、パフォーマンスの詳細を前と同じレベルではモニターできません。つまり慣れ親しんだ形で資産を直接制御することができません。
  • データ主権: データおよびコンピュートリソースに対する物理的管理とアカウンタビリティを維持する必要がある企業は、クラウドベースのリソースを使用することに制限があります。

IaaSの使用方法

Infrastructure as a Serviceで利用できるクラウドベースのコンピュート、ストレージ、ネットワーキングの各リソースは、従来のオンプレミス インフラストラクチャで実行できるすべてのユースケースに事実上対応でき、一部のアプリケーションではメリットも生まれます。

IaaSとHPE GreenLake

HPE GreenLakeは、オンプレミスのワークロード向けに、従量制課金モデルで完全管理型のパブリッククラウドサービスとInfrastructure as a serviceを提供することで、ITインフラストラクチャのモダナイゼーションを可能にします。

HPE GreenLake Centralでは、オンプレミスとエッジでクラウドエクスペリエンスが得られる一方、一貫したクラウド運用と自動化でITを簡素化し、有益な情報を獲得し、統合ビューで、IT資産全体をコントロールします。