プライベートクラウド

プライベートクラウドとは

プライベートクラウドは、単一の企業または組織によってアクセスおよび管理される、オンサイトのクラウドコンピューティングアーキテクチャーであり、追加の仮想処理リソースやストレージリソースを提供します。クラウドコンピューティングのメリットだけでなく、オンプレミスのITインフラストラクチャの優れたセキュリティと制御性も兼ね備えており、主なメリットとしては、リソースのカスタマイズ、柔軟性、拡張性、迅速なデリバリ、アクセス制御が挙げられます。

パブリッククラウドよりプライベートクラウドが好まれる理由:

  • 規制遵守の基準を容易に満たせる。
  • 財務記録、知的財産、個人情報などの機密情報や機密文書のセキュリティと完全性が実証される。
  • パブリッククラウドまたはハイブリッドクラウド環境へのワークロードの移行が可能。

限られたお客様だけがすべてのコンピューティングリソースを使用できるため、プライベートクラウドはシングルテナントまたは隔離アクセスとしても知らており、一般的には企業/組織のデータセンターのオンプレミスでホストされますが、自律型データセンターでホストされることもあります。仮想プライベートクラウドでは、ユーザーはサーバーを仮想的にプロビジョニングして構成し、コンピューティングリソースにオンデマンドでアクセスしてリソース稼働率を最適化できます。

プライベートクラウドのメリット

お客様は、各自の好みに応じてハードウェアリソースとソフトウェアリソースを購入できるうえ、アドオンを活用して、またはカスタム開発でニーズに応じてサーバーとソフトウェアをカスタマイズすることも可能です。またファイアウォールの内側でワークロードが実行されるため、ユーザーは一元的な可視性と制御を手に入れることができます。

プライベートクラウドへの制限付きアクセス

拡張性や柔軟性などのクラウドコンピューティングの多くのメリットを共有しながら、プライベートクラウドへのアクセスは単一のユーザーまたは組織に限定されていて、特定の業界や規制要件に最適なセキュリティ、または医療記録や機密文書などの機密データを扱うユーザーに最適なセキュリティが提供されます。

サードパーティによる制限なし

プライベートクラウドのアーキテクチャーでは、エンドユーザーは、データへのアクセス権を制限するサードパーティプロバイダーの影響を受けず、コンポーネントの障害発生時に迅速に対応できます。すべてのインフラストラクチャはオンプレミスに配置されていて、複数のテナントで共有されていないので、プライベートクラウドモデルでは、カスタマイズされたITアーキテクチャーを利用できる可能性が高くなります。

プライベートクラウドの仕組み

ITインフラストラクチャの仮想化またはコンテナオーケストレーションを始める前に、ワークロードの正確なニーズに基づいてサーバー、ソフトウェア、セキュリティ、他のアプリケーションのカスタマイズした組み合わせを管理者が構築します。パブリッククラウドでは提供されないこのカスタマイズ機能は、プライベートクラウドの魅力的なメリットの1つです。ただし、カスタマイズ性、アクセス性、可視性に優れているために、追加の初期費用が発生することがよくあります。

プライベートクラウドは、サーバー、ストレージ、ネットワークの複数のシステムにまたがって構築することができます。そのため、IT管理者は仮想マシンやコンテナを使用して、複数のワークロード用に分割できるリソースのプールを作成することができます。物理リソースをそのようにパーティショニングまたは共有することによって、効率が向上し、スケールアップやスケールダウンが容易になります。アプリケーション用の新しいワークロードをプロビジョニングする処理は自動化されていて、最適化、セキュリティ、事業継続性などは一元管理機能でモニタリングされています。

 

プライベートクラウド、パブリッククラウド、ハイブリッドクラウドの比較

プライベートクラウドは、企業や組織が利用できるクラウドのいくつかの選択肢の1つに過ぎません。ニーズおよび誰が維持管理するかに応じて、クラウドはその他の2つのカテゴリに分類でき、それぞれにメリットがあります。

プライベートクラウド

プライベートクラウドは1つのグループやテナントに専用であることが多いため、この方法ではカスタマイズ、アクセス権、セキュリティの機会が多くなりますが、初期費用が高くなることがあります。また、パブリッククラウドと比較して、プライベートクラウドでは、インフラストラクチャや需要の変動の予測可能性に応じて、拡張性がはるかに高くなることもはるかに低くなることもあります。

 

パブリッククラウド

パブリッククラウドサービスはリモートの場所でサードパーティプロバイダーによって管理されていて、多くの企業や組織に柔軟性と拡張性に優れたクラウドリソースが提供されます。合意済みのレートについては、サードパーティプロバイダーがすべてのリソースとストレージを管理および保護します。主なトレードオフとしては、可視性、アクセス権、オンデマンドのアジリティの強化のためのカスタマイズがあります。

 

ハイブリッドクラウド

ハイブリッドクラウドインフラストラクチャは、パブリッククラウドとプライベートクラウドの要素を組み合わせたものであり、企業や組織は、選定したインフラストラクチャをオンサイトに維持しつつ、特定のリソースをサードパーティプロバイダーにオフロードします。そうすることによって、企業がデータおよびハードウェアを (特に、変動するワークロードに対して) 制御、アクセス、管理する能力が向上し、セキュリティやプライバシーの厳格な要件を満たすことができます。

 

プライベートクラウドの最新のアプリケーション

パブリッククラウドの人気が高まっているにもかかわらず、多くの組織や企業にとって、特に、厳格な規制要件やセキュリティ要件がある場合は、プライベートクラウドは依然として貴重で強力なインフラストラクチャです。

通常、プライベートクラウドは仮想環境、ホストされた環境、または管理対象環境として提供されています。仮想展開では、企業や組織はパブリッククラウド内でプライベートクラウドを隔離します。このサーバー領域は、厳密に言えば他のグループや組織と共有されていますが、それらのリソースは特定のワークロードに専用です。一方、ホストされたプライベートクラウド環境は他の組織とは共有されていません。サードパーティプロバイダーがハードウェアおよびソフトウェアを維持管理しますが、それは1つのグループに対してのみです。管理対象プライベートクラウドソリューションは、IT担当者がいないグループやテクノロジー以外のことにエネルギーを集中させる必要があるグループに代わって、プロバイダーによって実行されます。

プライベートクラウドのアプリケーションがどのように動作するかは、企業ごとの具体的な要件に応じて異なります。たとえば、金融サービス会社は、取引注文や他の顧客機密情報を格納および処理にオンプレミスのセキュリティを追加するために、プライベートクラウドを展開することがあります。同様に、医療プロバイダーは、Health Insurance Portability and Accountability Act (HIPAA)  や他の準拠法を順守して医療情報を格納するために、プライベートクラウドとハイブリッドクラウドを利用することがあります。

 

プライベートクラウドを使用する理由

プライベートクラウドは幅広い機能とメリットを提供するため、クラウドベンダー、企業、サービスプロバイダーにとって望ましい選択肢となっています。ここでは、プライベートクラウドの使用を検討すべきいくつかの理由を示します。

  • セキュリティ:パブリッククラウド環境と比較して、プライベートクラウドは専用のリソースとインフラストラクチャを使用するため非常に安全であり、企業は情報資産を完全に制御できます。またプライベートクラウドではトラフィックが制限されるため、リスクが少なく、アプリケーション、ネットワーク、セキュリティなどのすべての要素の制御性に優れています。
  • パフォーマンス:プライベートクラウドアーキテクチャーは専用のインフラストラクチャを使用するため、帯域幅やインフラストラクチャを共有することなく高いパフォーマンスを発揮します。企業はデータをすばやく処理し、レイテンシを短縮してアプリケーションパフォーマンスを向上させることができます。
  • 長期間にわたる削減効果:プライベートクラウドテクノロジーには多額の初期投資が必要ですが、経済的なメリットがあります。また、さまざまな課金モデルやデータ転送費用など、パブリッククラウドに関連する経常費用を低減します。
  • コスト:企業はプライベートクラウドアーキテクチャーを使用することにより、ハードウェアのメンテナンスやインフラストラクチャのアップグレードなどの先行投資を削減できます。また柔軟な課金モデルにより、ニーズに応じてリソースをスケーリングしてコストを最適化することが可能です。
  • ガバナンス:プライベートクラウドはあらゆる規制基準に準拠しており、企業はデータとIT資産を完全に制御できます。また、ポリシー、アクセス制御、コンプライアンス基準を設定してデータプライバシーを確保することが可能です。

簡単に言うと、プライベートクラウドテクノロジーは、上記のメリットを求めている、イノベーションに重点を置く企業に最適です。

プライベートクラウドのメリット

プライベートクラウドは、企業、クラウドベンダー、クラウドサービスプロバイダーに多種多様なメリットをもたらします。ここではそれらのメリットについて簡単に見ていきます。

  • インフラストラクチャの制御:企業はインフラストラクチャを完全に制御し、要件に応じてリソースをパーソナライズして最適化できます。ハードウェアとソフトウェアを購入してビジネスの効率と生産性を向上させることが可能です。
  • セキュリティとアクセス制御:パブリッククラウドアーキテクチャーでは、企業は堅牢なセキュリティプロトコル、アクセス制御、暗号化手法を組み込んで機密データを保護できます。これによってデータは保護され、業界のあらゆる規制と基準に準拠するようになります。
  • 規制基準:医療、教育、金融、政府/自治体などの業界は規制が厳しいため、企業は規制基準に準拠する必要がありますが、プライベートクラウドアーキテクチャーなら専用のリソースを使用し、データ隔離やコンプライアンス制御などのポリシーを活用できます。

プライベートクラウドのコンポーネント

プライベートクラウドソリューションのコンポーネントは、ビジネスニーズに合わせてカスタマイズされたセキュアで柔軟なプライベートクラウド環境を企業に提供するために効率的に統合されます。プライベートクラウドインフラストラクチャの基本的なコンポーネントは、次のとおりです。

  • ハードウェア: ハードウェアコンポーネントには、ストレージデバイス、ネットワーキングデバイス、物理サーバーが含まれます。一般的に、これらのコンポーネントはすべて組織のデータセンターかオンプレミスでホストされ、リソース割り当て、仮想化、演算などのタスクの実行をサポートします。組織のハードウェアを選択するときは、メモリストレージ容量、ネットワーク帯域幅、処理のパフォーマンスなどの要因を考慮することが重要です。
  • ソフトウェア: プライベートクラウドアーキテクチャーは、自動化、リソース管理、仮想化を容易にするソフトウェアソリューションに支えられています。組織が基盤となるハードウェアで仮想マシンを作成して管理するには、別の仮想化ソフトウェアが必要です。またこれらのソリューションは、プライベートクラウドアーキテクチャーでのプロビジョニング、オーケストレーション、監視、セルフサービスのためのツールを包括的に提供します。
  • ネットワーキング:ネットワーキングは、さまざまなコンポーネント間の接続、通信、データ転送の基盤を形成します。ネットワーク接続を確立してそのセキュリティを確保し、データを保護したりリソースへのアクセスを制御したりするための、ファイアウォール、ルーター、スイッチ、ロードバランサーなどの各種の要素が含まれています。

プライベートクラウドの課題

プライベートクラウド環境を展開すると、効果的な実装と運用を実現するために克服することが欠かせないさまざまな課題がもたらされる可能性があります。ここでは、プライベートクラウドに関連して生じる可能性があるいくつかの課題を見ていきます。

  • コスト:企業がプライベートクラウド環境を実装するときには、ハードウェア、ソフトウェア、ネットワーキングデバイスの購入やプライベートクラウド環境を管理するための熟練したプロフェッショナルの雇用を含む、多額の初期費用が発生します。また、メンテナンス、アップグレード、ライセンス料などの運用費用が追加で必要になるため、企業はプライベートクラウドを経済的に展開できるよう戦略を立て、各自の判断を評価しなければなりません。
  • 管理:プライベートクラウド環境では、企業は容量を管理してリソース消費量を最適化する責任を負います。プライベートクラウド環境全体のリソースを監視、制御、プロビジョニングしてさまざまなワークロードに対応するための管理ツールと管理プロセスが必要になり、オブザーバビリティスタックを活用して容量の監視と管理をプロアクティブに行う、内部のクラウドオペレーションチームの作業負荷が増大します。
  • セキュリティ: プライベートクラウドのセキュリティは強力ですが、企業は潜在的な脆弱性と脅威を防ぐために堅牢なセキュリティ手法を実装する必要があります。組織の機密データを保護して規制基準に準拠することがきわめて重要です。

こうした課題を克服するために、組織はプライベートクラウドテクノロジーのリソースの計画を立て、それらのリソースを監視して最適化する必要があります。

HPEとプライベートクラウド

HPEはプライベートクラウドのソリューションおよび戦略を可能にするために必要とされるテクノロジーや専門知識を提供しています。パートナー企業のニーズに応じて、HPEはHPE GreenLakeHPE SynergyHPE ProLiantおよびApolloサーバーなどのあらゆるコンポーネントやサービスを展開できます。それらのソリューションを組み合わせることで、組織や企業がITを簡素化すること、制御、アジリティ、効率の向上を実現すること、高騰するインフラストラクチャコストを削減すること、およびビジネス成果を加速することが支援されます。

ドイツのクラウドサービスおよびITコンサルティングプロバイダーであるLAKE Solutions社でのバックアップサービスと呼ばれる新しいサービスの提供をサポートするため、HPEはインフラストラクチャを統合することにより、同社が幅広い顧客にホスト型とオンサイトのバックアップサービスを提供してより特殊なワークロードの需要に対応できるようにしました。

またパリに拠点を置くITコンサルティングおよびサービス企業であるSopra Steria社と連携するにあたり、HPEは柔軟なアジャイルモデルを使用して、同社がスケーラブルなストレージを備えたホスト型のコンポーザブルインフラストラクチャなどの幅広いワークロードで顧客に対応できるようサポートしました。

さらに、大手通信事業者であるNokia Software社が5Gソフトウェアの開発を加速させて研究開発のワークフローを自動化する必要に迫られていたときには、オールフラッシュストレージとHPEブレードをベースとするプライベートクラウドを導入することにより、パフォーマンスを最大限まで高めてCAPEXと必要なエネルギーを減らすとともに、データセンターに必要なフロアスペースを縮小できるようサポートしました。