パブリッククラウド

パブリッククラウドとは

パブリッククラウドはクラウドコンピューティングの一種であり、サードパーティがユーザーに代わってサーバー、ストレージ、アプリケーションを所有、ホスト、運用、管理します。ユーザーは、こうしたリソースの使用量に応じた料金を支払うことで、インフラストラクチャへの初期投資を削減できます。スケーラブルで柔軟、かつコスト効率に優れたパブリッククラウドサービスを利用することで、企業は必要に応じて簡単にITリソースを拡張できます。パブリッククラウドユーザーは、メンテナンス、セキュリティ、更新作業をパブリッククラウドプロバイダーに一任できます。

パブリッククラウドと従来のオンサイトのITインフラストラクチャはどう違うのか

従来型の物理サーバー内の専用の仮想領域でホストされているパブリッククラウドでは、エンタープライズレベルの処理とストレージへのリモートアクセスがユーザーに提供されます。パブリッククラウドには、典型的なオンサイトのITインフラストラクチャと比較すると、セットアップと管理が容易、迅速、低コストであるというメリットがあり、必要に応じてITリソースを柔軟にスケーリングするための、ほぼ無限の手段が企業に提供されます。

パブリッククラウド展開モデルは、ストレージと処理の特定のニーズや予測可能なニーズがある企業でよく利用されるソリューションであり、そのようなパブリッククラウドサービスは、Infrastructure as a service (IaaS)Platform as a service (PaaS)、Software as a service (SaaS) などのいずれかのモデルでサードパーティプロバイダーによって提供されています。そのようなシナリオでは、エンドユーザーではなくサードパーティプロバイダーが、パブリッククラウドの管理や更新を引き受けます。

「パブリック」であるという意味合いにもかかわらず、パブリッククラウドのセキュリティが存在していて、複数の防御レイヤーが企業に提供されます。これらのレイヤーには、コンテナ、厳格なアクセス手順、ストレージを出入りするデータの暗号化、サイバー攻撃の検出や分析、業界規制に準拠するベンダー認定のその他の保護などがあります。

McAfeeによると、オンサイトのITと比べてクラウドのセキュリティの方が優れているとする組織は52%に上ります。%3Ca%20href%3D%22https%3A%2F%2Fwww.businesswire.com%2Fnews%2Fhome%2F20190617005945%2Fen%2FNew-McAfee-Report-Finds-Eighty-Seven-Percent-Companies%22%20data-analytics-region-id%3D%22footnote_tip%7Clink_click%22%3Ehttps%3A%2F%2Fwww.businesswire.com%2Fnews%2Fhome%2F20190617005945%2Fen%2FNew-McAfee-Report-Finds-Eighty-Seven-Percent-Companies%3C%2Fa%3E

パブリッククラウドとは

パブリッククラウドは、世界中のすべてのユーザーやサブスクライバーが利用できるクラウドコンピューティングの一種であり、通常はサードパーティプロバイダーによって所有、運用、および管理されています。

従来型の物理サーバー内の専用の仮想領域でホストされているパブリッククラウドでは、エンタープライズレベルの処理とストレージへのリモートアクセスがユーザーに提供されます。パブリッククラウドには、典型的なオンサイトのITインフラストラクチャと比較すると、セットアップと管理が容易、迅速、低コストであるというメリットがあり、必要に応じてITリソースを柔軟にスケーリングするための、ほぼ無限の手段が企業に提供されます。

パブリッククラウド展開モデルは、ストレージと処理の特定のニーズや予測可能なニーズがある企業でよく利用されるソリューションであり、そのようなパブリッククラウドサービスは、Infrastructure as a service (IaaS)、Platform as a service (PaaS)、Software as a service (SaaS) などのいずれかのモデルでサードパーティプロバイダーによって提供されています。そのようなシナリオでは、エンドユーザーではなくサードパーティプロバイダーが、パブリッククラウドの管理や更新を引き受けます。

「パブリック」であるという意味合いにもかかわらず、パブリッククラウドのセキュリティが存在していて、複数の防御レイヤーが企業に提供されます。これらのレイヤーには、コンテナ、厳格なアクセス手順、ストレージを出入りするデータの暗号化、サイバー攻撃の検出や分析、業界規制に準拠するベンダー認定のその他の保護などがあります。

McAfeeによると、オンサイトのITと比べてクラウドのセキュリティの方が優れているとする組織は52%に上ります。%3Ca%20href%3D%22https%3A%2F%2Fwww.businesswire.com%2Fnews%2Fhome%2F20190617005945%2Fen%2FNew-McAfee-Report-Finds-Eighty-Seven-Percent-Companies%22%20target%3D%22_blank%22%20data-analytics-region-id%3D%22footnote_tip%7Clink_click%22%3Ehttps%3A%2F%2Fwww.businesswire.com%2Fnews%2Fhome%2F20190617005945%2Fen%2FNew-McAfee-Report-Finds-Eighty-Seven-Percent-Companies%3C%2Fa%3E

関連するHPEのソリューション、製品、サービス

パブリッククラウドの仕組み

IT管理者は、サードパーティ所有のデータセンターの大規模なセットから分割されているいくつもの仮想マシン (VM) を使用して、パブリッククラウドネットワークを構築します。コンピュート、処理、ストレージのリソースを仮想化することによって、サードパーティプロバイダーは、単純なストレージオプションからソフトウェアアプリケーションや開発ツールに至るまでの、さまざまなクラウドサービスをエンドユーザーに提供できます。そのすべてにインターネット接続でアクセスできます。多数の企業のエンドユーザーは、モバイルアプリケーションや他のWebポータルを使用して、それらのサービスを利用できます。

多くの場合、サードパーティプロバイダーは、そのサービスに対して定額または従量制課金で課金します。それと引き換えに、パブリッククラウドプロバイダーは、パブリッククラウドのセキュリティなどの日々のIT管理を引き受けます。パブリッククラウドプロバイダーの例として、Google、Microsoft、Dropboxなどがあります。

パブリッククラウドの主要機能

パブリッククラウドサービスには、以下の重要な機能が含まれます。

  1. オンデマンドで拡張できるコンピューティングリソース:

パブリッククラウドは、ニーズに応じてコンピューターリソースをスケールアップ/ダウンできます。そのためユーザーは、ワークロードのニーズに合わせてインフラストラクチャの規模を簡単かつ迅速に変更することができます。

2. 共有インフラストラクチャとマルチテナンシー:

パブリッククラウドサービスで使用される共有インフラストラクチャでは、複数のユーザー (テナントとも呼ばれる) が同じ物理リソースを使用できます。こうしたマルチテナンシーアーキテクチャーでは、ユーザーがリソースを有効に活用しながらコストを分担できます。

3. ネットワークアクセスとコネクティビティ:

ユーザーは、信頼できる接続が確立されたあらゆる場所からクラウドリソースおよびサービスを利用できるため、ユーザーモビリティが向上します。こうしたネットワークアクセスによってリモートワーク、シームレスなコラボレーション、インターネットベースのサービスとの連携がサポートされます。このタイトルは、柔軟で接続されたユーザーエクスペリエンスを実現するにあたり、ネットワークアクセスとコネクティビティの両方が重要であることを示しています。

4. 従量制課金モデル:

パブリッククラウドプロバイダーが使用している標準価格戦略は、一般的に従量制課金と呼ばれています。ユーザーは実際に使用したリソースの料金だけを支払うため、コスト効率が向上します。請求額は、実際のリソース使用量に基づいています。この方式では多額の初期投資が不要になり、柔軟なコスト管理も可能になります。

5. セルフサービスのプロビジョニング:

ユーザーは、サービスプロバイダーに連絡することなく、クラウドリソースを直接自社でプロビジョニングおよび構成できます。このセルフサービス機能は、ニーズに応じて自社主導で使用できるため、リソース管理におけるスケーラビリティと柔軟性が向上します。

6. セキュリティ: 

パブリッククラウド内では、共有責任の枠組みによってセキュリティが制御されており、ユーザーとサービスプロバイダーとのコラボレーションが必要となります。クラウドアーキテクチャーは、強力なセキュリティ機能、プロトコル、および認証を備えており、データとアプリケーションを徹底的に保護します。この共有責任という認識は、パブリッククラウド環境におけるセキュリティの重要性を示しています。

パブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウドの比較

機能

パブリッククラウド

プライベートクラウド

ハイブリッドクラウド

所有と管理

サードパーティのクラウドサービスプロバイダーが所有、運用する

単一の組織がオンプレミスで、またはサードパーティプロバイダーがその組織専用に所有、運用する

パブリッククラウドとプライベートクラウドの要素を兼ね備えており、両クラウド間でデータとアプリケーションを共有できる

アクセシビリティ

インターネットからアクセス可能で、グローバルな可視性と拡張性が得られる

プライベートネットワークからアクセス可能で、データのセキュリティと制御性が向上する

特定のニーズやワークロードの特性に応じて、パブリックとプライベート両方のリソースを柔軟に利用できる

コスト構造

通常は従量制課金またはサブスクリプションベースの課金モデルとなり、ハードウェアの初期コストを抑えられる

インフラストラクチャへの投資に伴って初期費用が高額になる一方で、長期的な運用コストは抑えられる

従量制課金と前払いを組み合わせることができ、コストと予算の柔軟性が向上する

拡張性

オンデマンドの拡張が可能で、ユーザーはニーズに応じてリソースを簡単にスケールアップ/ダウンできる

拡張は可能だが、新たなインフラストラクチャ投資が必要となる場合がある

さまざまなワークロードでパブリッククラウドリソースによる動的な拡張が可能となり、機密データはプライベートクラウドで保持できる

リソースの共有

複数のユーザーでリソースを共有できる (マルチテナンシーモデル) ため、コスト効率が向上する

リソースは単一組織専用となるため、制御性とカスタマイズ性が向上する

パブリッククラウドの効率とプライベートクラウドのカスタマイズ性というメリットを組み合わせることで、ニーズに合ったリソース割り当てが可能になる

セキュリティとコンプライアンス

セキュリティ対策はプロバイダーが実施し、コンプライアンスへの対応は認証取得によって行う場合が多い

セキュリティ対策に対する組織の権限が大きく、特定のコンプライアンス要件に応じたカスタマイズが可能

セキュリティ対策は選択した組み合わせによって変わり、組織は特定のコンプライアンス要件に対応できる

パブリッククラウドの最新のアプリケーション

パブリッククラウドソリューションは、コンピュートとストレージに対して現在最も広く利用されているITインフラストラクチャの1つです。最もよく利用されている例として、Google Workspace、Amazon Web Services (AWS)、Dropbox、Microsoft 365やAzureなどのMicrosoftのサービス、Netflixなどのストリーミングサービスがあります。どのケースでも、パブリッククラウドではセキュリティの最前線としてパスワードを使用してインターネット接続経由で同じリソースが共有されます。

Google Workspaceでは、文書処理から仮想ストレージや会議室まで、いくつかのアプリケーションが提供されています。それらのアプリケーションは、組織や企業内の1人または多数のユーザーによって、多くの場合は同じ時間に使用されます。パブリッククラウドソリューションではあらゆる種類のデータをアクセス、編集、共有できるので、厳密なオンプレミスのITでは不可能またはアクセスできないような種類の生産性が可能になります。今日の従業員は、世界中のほぼどこででも仕事をしてデータにアクセスすることができるため、多くの企業がどのように運用および連携するかを再定義しています。

パブリッククラウドのストレージオプションでは、セキュリティやバックアップの機能強化も提供されています。サーバーの障害や破損が発生した場合でも、クラウドにアップロードされているデータは損なわれないままです。

また、パブリッククラウドは、フレキシブルなワークロードや変動するワークロードにも適しています。おなじみの「ボタンをクリックするだけ」でオンデマンドのリソースへのアクセス権がユーザーに提供され、IT設置面積の無駄を抑止するためのより効率的な方法が企業に与えられます。

パブリッククラウドのメリット

パブリッククラウドサービスのメリット:

1. コスト効率とリソース最適化:

ユーザーは、パブリッククラウドで使用したリソースの料金だけを支払います。これによってハードウェアやインフラストラクチャへの多額の投資を回避できます。パブリッククラウドリソースを共有するという特性によってコスト効率も向上し、コンピューターリソースをより有効に活用できます。

2. 拡張性と柔軟性:

パブリッククラウドサービスのユーザーは、ニーズの変化に合わせてリソースの容量を調整できます。ワークロードが変動する企業は拡張性を求めており、大規模なプランニングやハードウェアへの投資なしに処理能力を変更できます。

3. グローバルなアクセシビリティと冗長性:

パブリッククラウドでは、ユーザーがインターネットに接続されたすべての場所からデータとアプリケーションにアクセスできます。分散型チームや多国籍企業は、グローバルなアクセシビリティを活用できます。複数のパブリッククラウドプロバイダーが冗長性およびバックアップサービスを提供しており、データの可用性を確保してデータロスのリスクを軽減できます。

4. イノベーションおよび開発の加速:

パブリッククラウドサービスは、新しいアプリケーションやサービスの開発と展開に必要な時間を短縮することで、迅速なイノベーションをサポートします。長期間の調達サイクルやインフラストラクチャの取得が不要になるため、企業は市場ニーズの変化に迅速に対応できます。こうしたアジリティによって競争力が向上し、テクノロジーとイノベーションの状況が変化する中で競合他社の先を行くことができます。

パブリッククラウドサービスは、ビジネスニーズの変化に対応するうえで必要なコスト効率、柔軟性、グローバルなアクセシビリティを提供します。

パブリッククラウドサービスのモデル

1. Infrastructure as a service (IaaS):

IaaSは、インターネットを通じて、ネットワーク、ストレージ、仮想マシンなどの仮想化コンピューティングリソースを提供します。ユーザーがこのインフラストラクチャのOS、アプリケーション、ソフトウェアを制御することで柔軟性が向上し、より多くのカスタマイズオプションを利用できます。

2. Platform as a service (PaaS):

PaaSは、開発ツールおよびサービスを含むプラットフォームパッケージです。ユーザーは、基盤となるインフラストラクチャについて考えることなく、アプリケーションを開発、展開、管理できます。それによって開発プロセスが簡素化されます。

3. Software as a service (SaaS):

SaaSは、ソフトウェアアプリケーションをオンラインで、サブスクリプションモデルを通じて提供します。ユーザーはWebブラウザーからソフトウェアにアクセスでき、ローカルでのインストールやメンテナンスが不要になります。CRMプログラム、オフィススイート、メールサービスなどに利用されています。

4. Function as a service (FaaS):

FaaS (サーバーレスコンピューティング) では、プログラマーが基盤となるインフラストラクチャを管理することなく、イベント発生時に特定の機能またはコードセグメントを実行できます。クラウドプロバイダーが自動的に機能の実行とスケーラビリティに対応します。FaaSは、マイクロサービスやイベント主導のアーキテクチャーに有益です。

ユーザーはニーズに合わせてサービスモデルを選択し、これらのモデルで提供されるさまざまなレベルの抽象化および管理機能から選択することができます。

パブリッククラウドのセキュリティとコンプライアンス

パブリッククラウドサービスには、さまざまなセキュリティとコンプライアンスの手順が必要となります。重要な要素は以下のとおりです。

1. プライバシーおよびデータ暗号化手法:

通常はパブリッククラウドプロバイダーが強力な暗号化手法を利用して転送中データと保存データを保護します。それにより、機密データが不正アクセスから保護されます。またユーザーは、法令上の必要性も考慮してデータ保存場所を選択するなどのプライバシー機能により、データストレージの場所を管理できます。また、データ保存場所の選択などのプライバシー管理により、利用者は法令を遵守しつつ、データ保存場所に対する権限を維持できます。

2. コンプライアンス規格および規制:

パブリッククラウドサービスは、さまざまなコンプライアンス指針および規則に従って地域と業界に固有の要件を満たしています。こうした規制には、HIPAA (Health Insurance Portability and Accountability Act)、GDPR (一般データ保護規則) などがあります。クラウド企業は、特定の規格に準拠している証明として、コンプライアンス証明書を提示できます。

3. セキュリティ管理とアイデンティティ管理:

パブリッククラウド向けのプラットフォームは、さまざまなアイデンティティ管理およびセキュリティ機能を備えています。これには、ファイアウォールの利用、アクセス制限、不正アクセス防止のためのネットワークセキュリティ対策などが含まれます。ユーザーによるリソースへのアクセスを企業が管理して制限できる、アイデンティティおよびアクセス管理 (IAM) ソリューションは、セキュリティの不備解消に役立ちます。

4. 監視とインシデント対応:

セキュリティの問題を特定して対処するには、クラウドシステムを継続的に監視する必要があります。多くのパブリッククラウドプロバイダーは、システムの挙動、ユーザーの行動、潜在的脅威を追跡するツールを備えています。セキュリティの問題が発生した際に従う手順はインシデント対応計画に記載されており、影響の緩和と再発防止に役立ちます。

パブリッククラウドプロバイダーがこうしたセキュリティとコンプライアンスの手順を導入する目的は、お客様がデータやアプリケーションを保存できる、信頼性の高い安全な環境を構築することにあります。またユーザーは、固有の要件やコンプライアンス規格に対応するために、こうしたセキュリティ要素の構成と管理について意見を述べることができます。

HPEとパブリッククラウド

アナリストは、2025年までに約163ZBのデータが生み出されると予想しています。The%20Economist%E3%80%81%E3%80%8C%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%81%8C%E7%94%9F%E3%81%BF%E5%87%BA%E3%81%99%E6%96%B0%E3%81%9F%E3%81%AA%E7%B5%8C%E6%B8%88%E3%80%8D%E3%80%812017%E5%B9%B45%E6%9C%886%E6%97%A5%E3%80%82HPEは、HPE GreenLake、HPE ApolloおよびProLiantサーバーなどを提供することで、組織や企業がさまざまなクラウドソリューションを導入してデータを最大限活用できるように支援しています。それらのソリューションは、ITのオーバープロビジョニングの抑止、最も複雑なプロセスの自動化、ビジネス・アジリティや全体的な信頼性の向上、およびコストの低減に役立ちます。クラウドソリューションをエンドツーエンドで管理することによって、HPEはパートナー企業が中断を減らして自社のビジネスオペレーションに注力できるようにします。

HPEのクラウド管理ソリューションは徐々に、3年以内にROIを達成する可能性を287%高め、計画外のダウンタイムを85%削減し、IT全体の効率を35%向上させてきました。%E3%80%8EHPE%20GreenLake%20Management%20Services%E3%81%AE%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E4%BE%A1%E5%80%A4%E3%80%8F%E3%80%81HPE%E3%81%AE%E5%A7%94%E8%A8%97%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E8%AA%BF%E6%9F%BB%E3%80%812019%E5%B9%B410%E6%9C%88

ITコンサルティングとソリューションの企業であるサービスプロバイダーCGI Portugal社と提携した際、HPEは、ビジネスクリティカルな幅広いニーズへの対処およびデータ保護の強化に役立つ従量制のストレージとバックアップの堅牢なソリューションを提供することで、この企業のサービス提供を支援しました。フレキシブルなストレージを追加し分析を管理することで、CGI Portugal社は特有のニーズや変動するニーズにより効果的に対処できました。全体として、CGI Portugal社は、ストレージの柔軟性を高めつつストレージコストを70%削減しました。