クラウドのメリット: ハイブリッド クラウドを最大限に活用するには
クラウドのメリット: ハイブリッド クラウドを最大限に活用するには
クラウド戦略を推進することで、ビジネスの成長を加速することができます。このレポートでは、HPEが世界各地で数百件のクラウド移行を成功させた経験から得た有益な情報、知見、およびベストプラクティスを紹介します。
レポートをダウンロード(英語)

HPEハイブリッドクラウドソリューションでクラウドの複雑な課題を解決

クラウドへの移行は理由の問題ではなく、時期と方法の問題です。クラウドはスピード、アジリティ、コストの削減を約束しますが、クラウドの価値を最大限に活用するには、データグラビティ、セキュリティ、規制の遵守、コスト管理、組織の変化の必要性といった困難な課題を解決する必要があります。HPEのハイブリッドクラウドソリューションは、人員、プロセス、テクノロジーの変革を実現する実績ある手法を通じて、クラウドの複雑性の解消と、デジタルトランスフォーメーションの加速化をサポートします。

+ もっと見る

ハイブリッドアプローチの採用

パブリックインフラストラクチャとプライベートインフラストラクチャ間のシームレスなエクスペリエンスを構築すると同時に、各アプリケーションを最適な環境に配置します。 適切な制御性を維持しつつ、容易性とアジリティを最大限まで向上させます。

クラウドに対する包括的な計画を策定

ビジネスケースを作成し、ステークホルダーの参加を促し、人員やプロセスの問題に正面から取り組むことに加え、テクノロジーをモダナイズしてアプリケーションの計画を立てます。

大手クラウドプロバイダーと連携してソリューションを構築

プライベートインフラストラクチャとAzure、AWS、Google Cloud Platformなどのパブリッククラウドソリューションを統合して、エンタープライズ対応のハイブリッドクラウドを構築します。

クラウドのコストの制御と最適化

最も効率的に実行できる場所に各アプリケーションを配置し、クラウドから得られる最大のコスト削減を実現します。HPE GreenLakeを活用したHybrid Cloud as a serviceを構築し、従量制で利用できます。

ハイブリッドクラウドを構築

ハイブリッドクラウドが重要な理由

クラウドへの移行が容易なアプリケーションはすでに用意されています。その一方で、アプリケーションのうち3つに2つは、データグラビティ、主権、コンプライアンス、コスト、他のシステムとの相互依存性などの問題によりオンプレミスで維持されます。このため、企業は新旧の間で板挟みになり、複雑な2つのIT運用環境で変革目標の達成に苦慮しています。

+ もっと見る
レガシーシステムはクラウドの
No.1
の障壁。%20%3Ca%20href%3D%22https%3A%2F%2Fwww.insightcdct.com%2Fgetattachment%2F3ab9d3ba-acf5-47de-a990-0a348e52f21e%2FIDG-Infographic-The-Challenge-of-Change-IT-in-T.aspx%22%20target%3D%22_blank%22%20data-analytics-region-id%3D%22footnote_tip%7Clink_click%22%3EIDG%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A9%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%20-%20%E5%A4%89%E5%8C%96%E3%81%AB%E5%90%91%E3%81%91%E3%81%9F%E8%AA%B2%E9%A1%8C%3A%20%E9%81%8E%E6%B8%A1%E6%9C%9F%E3%81%AB%E3%81%82%E3%82%8BIT%26nbsp%3B%EF%BC%88%E8%8B%B1%E8%AA%9E%EF%BC%89%3C%2Fa%3E

あらゆる場所でクラウドエクスペリエンスを提供してイノベーションを促進

HPEは、エッジ、クラウド、データセンターなどあらゆる場所にあるアプリケーションとデータにアジリティをもたらします。これにより、複雑性を除去してサイロを解消し、一般的なツール、プロセス、自動化でスピードとアジリティを向上させます。停滞を招く非クラウドネイティブアプリケーションへの対応をサポートし、最新の統合型クラウド戦略への移行を実現します。

  • HPE Container Platformで非クラウドネイティブアプリケーションにクラウドエクスペリエンスをもたらす
  • モノリシックなアプリケーションをコンテナー化して、効率性とアジリティを向上させてポータビリティを実現し、クラウドに移行する必要があるアプリケーションの再構築とリファクタリングを実現
  • HPE Pointnext ServicesでアジャイルなDevOpsプロセスに移行
  • 開発プロセスを簡素化し、マイクロサービスを活用してアプリケーションの迅速な構築と展開を実現
ハイブリッドクラウドへの移行

人員、プロセス、テクノロジーのための計画の策定と実行

アプリケーションとデータに最適な組み合わせのクラウドを見つけることは困難な場合がありますが、クラウドの導入に関連する組織的な課題を乗り越えることは、レガシーインフラストラクチャに対処することと同じように困難である可能性があります。HPEは、クラウド対応の文化を構築しアジャイル手法を採用する取り組みを支援します。

+ もっと見る
平均的な企業では、パブリッククラウドまたはプライベートクラウドの導入は
20%
未満です。 %20%3Ca%20href%3D%22https%3A%2F%2Fwww.mckinsey.com%2Fbusiness-functions%2Fmckinsey-digital%2Four-insights%2Fcloud-adoption-to-accelerate-it-modernization%22%20target%3D%22_blank%22%20data-analytics-region-id%3D%22footnote_tip%7Clink_click%22%3EMcKinsey%20Digital%E3%81%AE%E8%A8%98%E4%BA%8B%20-%20%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%89%E3%82%92%E5%B0%8E%E5%85%A5%E3%81%97%E3%81%A6%E3%80%81IT%E3%83%A2%E3%83%80%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%82%BC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%82%92%E4%BF%83%E9%80%B2%26nbsp%3B%EF%BC%88%E8%8B%B1%E8%AA%9E%EF%BC%89%3C%2Fa%3E

クラウドの導入に対する包括的な計画を策定

ハイレベルなハイブリッドクラウド戦略で利害関係者の参加を促すことから、ワークロードとインフラストラクチャの複雑性を解消して新しいプロセスを実装することまで、HPEは、真のクラウドネイティブフレームワークへの変革をサポートします。プロセスには以下が含まれます。

  • ハイブリッドクラウドのビジネスケースの作成
  • パブリッククラウドとプライベートクラウドの最適な組み合わせの決定のサポート
  • 自動化を実現するインフラストラクチャのモダナイズ
  • アプリケーション移行計画の策定と実行
  • 組織的な変更を推進するCloud Business Officeの設立

ハイブリッドクラウドへの移行の課題の理解

アプリケーションをクラウドに移行する際には多岐にわたる複雑さが生じます。シンプルなリフトアンドシフトのプロジェクトでも、アプリケーションの依存関係、ウィンドウの機能停止、テスト計画、重要なベンダーサポート、ネットワーキングのチェックなどが不明確な場合には問題が発生する可能性があります。より複雑な移行の場合、回避する必要がある陥りやすい落とし穴は次のとおりです。
 

  • 主要関係者を最初から参加させない: 影響を受けるすべての利害関係者が参加する十分な計画と賛同がなければ、プロジェクトはすぐに軌道から外れてしまう可能性があります。これに加えて、クラウドへの移行の最終的なビジネス価値が広く受け入れられていない場合、小さな失敗によってプロジェクト全体が簡単に危機にさらされることがあります。
  • 各アプリケーションがどのように扱われるべきか慎重に評価する時間をとっていない: 「6R」フレームワークでは、各アプリケーションを一連の留意事項と照合して詳しく検討することが求められます。つまり、「廃棄 (retire)、維持 (retain)、再購入 (repurchase)、リホスト (rehost)、プラットフォーム変更 (replatform)、リファクタリング (refactor)」を行うかどうかを決定します。実施しなければ、アプリケーションは環境に合わせて最適化されず、実行に多くのコストがかかる可能性があります。
  • 「人員とプロセス」側への対処ができていない: アプリケーションはクラウドへの移行の1つの要素に過ぎません。また、最も対応が困難なものではないかもしれません。クラウドは現状を脅かしますが、チームのスキルアップと新しいプロセスの確立へと向かうのでなければ、真にクラウドファーストのパラダイムへの移行の取り組みは失敗する可能性があります。

 

関連情報

組織の人員-クラウドにとって最も手強い障害をナビゲートする

計画の策定のベストプラクティス

最初から幅広いグループの利害関係者を参加させ、クラウドファーストのアプローチに移行する会社の理由を理解し、人員とプロセスに対する計画を立てることはすべて、クラウドの導入を最終的に成功させる上で極めて重要です。優れたトランスフォーメーション計画は次の要素に対処します。
 

  • アプリケーション
  • 経済性
  • ガバナンス、リスク、コンプライアンス
  • 変更管理
  • サービス運用
  • セキュリティ


恒久的な運用/管理組織であるCloud Business Office (CBO) を設立することで、クラウドプログラムのあらゆる側面を適切に導いて、成功の実現をサポートします。


関連情報
クラウドを適切に活用する方法: 成功のための7つのベストプラクティス
ハイブリッドクラウドを構築

HPE GreenLakeを活用したサービスとしてのハイブリッドクラウドの構築

コストを最小限に抑えつつビジネスの成長可能性を引き出すことが、クラウドには約束されています。ただし、リソースの無駄と過剰支出を回避するには、クラウド向けのアプリケーションの最適化、最適な環境への配置、パフォーマンスとリソース消費量の可視性の維持が必要です。

+ もっと見る
79%
のエンタープライズ向けクラウドを導入した企業が、3つ以上のクラウドのメリットを実感しています。 %3Ca%20href%3D%22https%3A%2F%2Fwww.accenture.com%2F_acnmedia%2Fpdf-76%2Faccenture-aws-cloud-research-infographic-final.pdf%22%20target%3D%22_blank%22%20data-analytics-region-id%3D%22footnote_tip%7Clink_click%22%3EAccenture%E3%81%A8AWS%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%89%E3%83%AA%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%81%20-%20%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A9%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%26nbsp%3B%EF%BC%88%E8%8B%B1%E8%AA%9E%EF%BC%89%3C%2Fa%3E

クラウドのコストの制御と最適化

パブリッククラウドとプライベートクラウド向けのベンダーに依存しないマルチクラウド/マルチスタックマネージドサービスであるHPE GreenLake Hybrid Cloudを活用して、運用の簡素化、リスクの軽減、迅速なクラウドの導入を実現します。

  • ワークロードに合わせて多様なサービスから選択
  • 常に需要に適した容量を確保
  • 支払いは利用分のみ
  • ITスタックの一部またはすべてを運用するためのサービスを必要に応じて追加
  • プライベートクラウドとパブリッククラウドを一元的に管理
ハイブリッドクラウドを構築

主要なクラウドプラットフォームと連携してソリューションを構築

最上位の認定資格を保有し、1,000件以上のクラウドの移行を成功させた実績あるHPEのコンサルタントが、ビジネスを中断することなくハイブリッドクラウドに迅速に移行できるよう支援します。

ハイブリッドクラウドソリューション関連情報

ハイブリッドクラウドサービスおよびソリューション

HPEのクラウドサービスおよびソリューションの幅広いポートフォリオを利用すれば、ハイブリッドクラウドのビジョンを実現して成長を加速することができます。