クラウドソリューション

ハイブリッドクラウドを完成

よりシームレスかつセキュアにビジネスのあらゆる部分をつなぎ合わせたいとお考えなら、どこでも活用できるハイブリッドクラウドが役に立ちます。

運用を簡素化および変革するように設計されているハイブリッドクラウド。お客様のデータを、必要とするインテリジェンスに変えることができます。しかも、セキュリティ機能があらかじめ組み込まれています。

HPE GreenLakeを利用したハイブリッドクラウドの完成についてご説明します。

ハイブリッド: 最大限の柔軟性を発揮するクラウド

HPEのレポートによると、ITリーダーの60%はハイブリッドクラウドを活用することで、柔軟な運用環境を提供しています。CIOがハイブリッドクラウドを活用する理由をご確認ください。

ハイブリッドクラウドを設計段階から簡素化

ハイブリッドクラウドの運用を簡素化するというのは、IT資産全体を完全に可視化、制御、自動化することを意味します。また、リソースの依存関係をバランスよく調整し、収益減や生産性低下につながりかねないコストのかかるパフォーマンス問題を回避する必要があります。
 
チームがイノベーションに集中できる余力を生み出したり、問題を早期解決したりするには、AIOpsと自動化が必要です。

ハイブリッドクラウド戦略 - 5人のITリーダーが2分で解説 (V)

5人のITリーダーが、ビジネス変革におけるハイブリッドクラウドのメリットと可能性についてディスカッションします。

複数世代にわたるIT全体のモダナイズ

ハイブリッドクラウドへの移行は、レガシーITを放棄することではありません。新旧取り交ぜてハイブリッド資産を作り上げることで、能力を高め資金を節約できます。

クラウドエクスペリエンスの柔軟性、拡張性、俊敏性を活用することで、どこで作業していてもチーム同士のコラボレーションを向上し、一貫性のあるエクスペリエンスを提供できます。

レガシーシステムと最先端システムの調和を図り、アップグレードを円滑にするハイブリッドクラウド

AIの急速な普及により、ビジネスリーダーはIT資産を見直し始めています。レガシーITがAI導入の足かせにならないか懸念されることが多い中、ハイブリッドクラウドが有力なソリューションとして登場しています。ハイブリッドクラウドなら複数世代にわたるITを1つのプラットフォームで管理し、効率化できます。

ハイブリッドクラウドでデータを最大限活用する

パブリッククラウド、プライベートクラウド、レガシーITなどのハイブリッドクラウド全体のデータを利用、管理、保護できれば、組織はビジネスに必要なスピードでデータに基づいて行動することが可能になります。

複雑なハイブリッド環境全体のデータの管理と保護を簡素化することにより、お客様は、チームが必要なときにセルフサービスでデータにアクセスできるようにして組織をAIに対応させることが可能です。

データファースト リーダー企業であるべき理由

今日のデジタルビジネス環境で成功の鍵を握るのはデータです。データを有効活用できる企業が、運用のさまざまな面で変革によるメリットを享受できます。しかし、データ管理の複雑さがビジネスの成長に影響するおそれがあります。ESG調査では、クラウド運用エクスペリエンスがデータ管理の複雑さを取り除き、ビジネスを成功に導く助けになることが分かっています。

ワークロードを最適な場所に配置する

プライベートクラウド、パブリッククラウド、コロケーションなど、最も大きなビジネス効果が得られるあらゆる場所に柔軟にワークロードを配置できます。

最適なワークロードの展開に関してデータ主導で意思決定を下せるため、パフォーマンス、レイテンシ、またはセキュリティのニーズの変化に動的に適応できます。

すべてのワークロードの最適な処理にとってハイブリッドクラウドモデルが重要な理由

多くの企業は思いがけずハイブリッドクラウドモデルにたどり着きます。ハイブリッドクラウドの柔軟性を利用して、パブリックとプライベート両方のプラットフォームにまたがり戦略的にワークロードを配置し、ビジネスへの影響を最大化するとともに、ニーズの変化に応じて動的に適応することが可能になります。その詳細をお確かめください。

注目のクラウド製品およびソリューション

クラウドソリューション

希望に応じたハイブリッドクラウド。

コンピュート

エッジからクラウドまでイノベーションを加速するには、データファーストな最新のハイブリッド環境でワークロードに最適化されたコンピュートを活用してください。

プライベートクラウド

複雑なVMインフラストラクチャを、直感的なクラウド運用エクスペリエンスとAIベースの運用で簡素化。

OpsRampがヒューレット・パッカード エンタープライズ傘下に

マルチベンダー、マルチクラウドのハイブリッド運用を簡素化。

HPEがエッジからクラウドに至るまで機会の創出をサポートする方法を確認する

エッジの連携

エッジからクラウドに至るまで、データを制御して有効活用。

データをインテリジェンスに変換

スマートな意思決定と顧客への推奨事項の提供を可能にする、データから得られる信頼できる唯一の情報源。

AIを有効活用する

データの可能性を最大限に引き出して、AIの優位性を実現。

ハイブリッドクラウドを構築

希望に応じたハイブリッドクラウド。

 

データの保護

適切なレベルのセキュリティのみを提供。