HPE GreenLakeクラウドサービスでイノベーションを加速

アプリケーションとデータの大部分 1 (70%) は、ERPやCRMといった、エンタープライズを支える「記録のためのシステム (SoR)」です。これらのアプリケーションやデータは、データグラビティ、レイテンシ、アプリケーションの依存性、法規制の遵守などの理由により、データセンターやコロケーション施設内に存在する必要があり、先進的なクラウド環境が持つアジリティに欠けています。こうした旧来の環境に、クラウドのスピード、アジリティ、as-a-Serviceモデルを導入したいと思われませんか。分散クラウド環境全体にわたる一元的なエクスペリエンスと単一の運用モデルにより、エッジ、コロケーション、およびデータセンター内のアプリケーションとデータをより有効活用することで、ビジネスを変革しましょう。

+ もっと見る
ビデオ: Everything as-a-Serviceが選ばれる理由(英語)

クラウドエクスペリエンスの実現

従量制課金
HPE GreenLakeはフレキシブルな従量制課金方式で、データから有益な情報を迅速に引き出すことを可能にします。多額の設備投資が不要で、運用面や財務面の柔軟性に優れたHPE GreenLakeは、新たなベンチャーや事業に最適です。

スケールアップ/ダウン
HPE GreenLakeを利用すると、デジタルトランスフォーメーションの中核となる重要なデータ/分析サービスをオンプレミスに構築できます。データサイエンスチームは従量制課金方式で、データから有益な情報を迅速に引き出すことができ、スケールアップ/ダウンも容易です。

IT環境の簡素化
単一の直感的なセルフサービスプラットフォームであるHPE GreenLake Central上でハイブリッド環境全体を管理および運用できるため、使用状況、コストパフォーマンス、コンプライアンスなどの一元的な監視が容易になります。

HPEによる管理

オンプレミスのクラウドとパブリッククラウドの監視および管理を、グローバルかつセキュアなHPEのITオペレーションセンターに委ねることで、ITスタッフの負担が軽減されて生産性を向上できます。

さまざまなクラウドサービス

アプリケーションのモダナイズ、有益な情報の取得、サービスデリバリの向上などを促進する広範な機能

  • ニーズに合わせて調整されたVM
  • クラウドネイティブアプリケーション向けに設計されたエンタープライズグレードのコンテナー
  • ML Opsによる有益な情報の迅速な取得
  • 拡張容易なコンピュートとストレージ
  • データ保護によるセキュリティの強化

インフラストラクチャではなく、成果を得る

 

クラウドのエクスペリエンスは、ビジネスリーダーがITに求める要件に影響を与えてきました。HPE GreenLakeは、初期投資が不要でインフラストラクチャのオーバープロビジョニングを回避できる従量制課金モデルにより、オンプレミスでクラウドの経済性を実現します。 

ビジネス・アジリティ
俊敏に対応し、必要なタイミングで容量を確保して、アプリケーションとサービスの展開を迅速化できます。

IT環境の簡素化
日常業務の遂行に役立つ専門知識やサポートを利用してスタッフの負荷を軽減し、より重要なビジネスイニシアチブに注力させることができます。

ITコストの削減
初期投資が不要になり、オーバープロビジョニングを回避できます。

適切な制御
パフォーマンス、セキュリティ、コンプライアンス、データ、レイテンシ、リスク、コストなどの監視と管理が簡単に行えます。

目に見える価値の提供

数字で見る確かな成果 2

  • 30
    CAPEXの削減
  • 40
    ITリソースの節約
  • 75
    市場投入時間の短縮

「私たちは多種多様な顧客ワークロードをホストしており、必要な仮想環境を簡単に構成して、最高品質のサービスを低コストで提供できます」

Sopra Steria社