サーバーシステム

革新的な企業/データセンター向けサーバーおよびサーバーシステム

キャンペーン情報

サーバー製品のお得なキャンペーン情報です。

+ もっと見る

ソフトウェア デファインド データセンター基盤

ディープラーニングの最新情報

HPE Crayのスーパーコンピューターラインを紹介

スーパーコンピューティングは、エクサスケール時代という新しい時代の入り口に立っています。こうした時代を迎えるべく、HPEも現時点でCrayとの人員、重要なビジネスシステム、ロードマップ、およびブランドの統合を事実上完了させています。

ディープラーニングの最新情報

HPE Crayのスーパーコンピューターラインを紹介

スーパーコンピューティングは、エクサスケール時代という新しい時代の入り口に立っています。こうした時代を迎えるべく、HPEも現時点でCrayとの人員、重要なビジネスシステム、ロードマップ、およびブランドの統合を事実上完了させています。

ワークロードに最適化されたサーバーのポートフォリオ

お客様導入事例

北海道大学 人獣共通感染症リサーチセンターが、ゲノム解析による革新的な「感染症検査法」の開発を推進

次世代シーケンサーを用いた網羅的な病原体ゲノム解析により、「一度の検査で何の感染症かを診断」できる検査システムの実現を目指す。

課題

COVID-19やインフルエンザに代表される人獣共通感染症の克服に寄与する、より迅速かつ安価で、どこでも実施可能な網羅的なゲノム解析に基づく感染症診断方法の確立。

解決方法

より手軽で迅速な診断を可能にする革新的な診断法の研究に活用される「ナノポアシーケンサー」から得られたデータの解析に威力を発揮するのが、第2世代AMD EPYC™ プロセッサー搭載のHPE ProLiant DL385 Gen10 Plusサーバーである。

人間だけでなく野生動物や環境を含めた疫学調査を徹底的に行い、その発生を予測し、流行のリスクに先回りして対策することが重要です。「一度の検査で何の感染症かを特定できるDiagnosis-by-Sequencing」は、治療法や治療薬の確立した感染症への対応に即座に貢献できるものと期待しています



北海道大学 人獣共通感染症リサーチセンター 国際協力・教育部門 准教授 山岸 潤也 氏 博士(農学)

結果

  • 複数の感染症を網羅的に診断できる、迅速な検査への道をひらく技術開発を推進
  • 低コストのナノポアシーケンサーを利用し、高額な検査機器が不要でコストを抑えた感染症検査を可能に
  • 空港や小規模なクリニックでも数時間で検査が可能な感染症診断システムの実現に向け前進
関連するお客様事例