HPE Synergy

ハイブリッドクラウド環境内のあらゆるワークロードを強力にサポートする、コンポーザブルブレードインフラストラクチャ。

簡素化、自動化、開発時間の短縮

ハイブリッドクラウド環境向けのコンポーザブルなソフトウェア デファインド インフラストラクチャであるHPE Synergyを活用すれば、物理および仮想コンピューティング、ストレージ、およびファブリックリソースの可変的プールを、ユニファイドAPIを使用してあらゆるワークロードのあらゆる構成に組み込むことができ、これらはすべてHPE GreenLakeを通じてサービスとして利用できます。

あらゆるワークロードに1つのインフラストラクチャで対応

それぞれに非常に多様なインフラストラクチャ要件とサービスレベル目標がある、現在および次世代のアプリケーションをサポートする1つのインフラストラクチャを管理します。

クラウドのようなスピードと規模での展開

インフラストラクチャを正確かつ瞬時に構成できる単一のインターフェイスを通じて、アプリケーションとサービスのデリバリを迅速化できます。ソフトウェア デファインド インテリジェンスが中核に組み込まれ、HPE OneViewを搭載したHPE Synergyでは、わずか1行のコードを使用して、数分でサービスを立ち上げることが可能です。

通常運用の自動化

コンピュート、ストレージ、ファブリックの可変的リソースプールにより、物理、仮想、およびコンテナ化されたワークロードに対して単一のソフトウェア デファインド インフラストラクチャを使用すれば、コストのかかるサイロを解消し、リソースを解放し、IT運用を簡素化することができます。

アプリケーション開発の加速化と効率化

開発者にとって使いやすいインフラストラクチャでビジネスを加速 ユニファイドAPIと広範なパートナーエコシステムを通じて、インフラストラクチャの運用を自動化できます。

包括的なセキュリティ対策

世界標準の安心サーバーであるHPE ProLiantでは、製造のサプライチェーンからサポート終了時の安全な撤去に至るまで、包括的かつ高度なセキュリティ管理を実施できます。

クラウドサービスとして利用する

オンプレミスのクラウドサービスとして提供されるコンポーザブルコンピューティングを使用すれば、アジリティが向上し、コンピューティングリソースの手動による構成や管理などのコストのかかるタスクを回避できます。HPE GreenLakeは、物理コンピュートと仮想コンピュート、ストレージ、およびファブリックプールを組み合わせてあらゆるアプリケーション用のあらゆる構成を実現する、強力でソフトウェア デファインドのコンポーザブルコンピューティングインフラストラクチャを提供します。これらをすべて、一元的なインターフェイスから操作できます。

将来のIT計画が立てにくい時代にどう対応すべきか

今後、多くの企業でビジネス成長のためにIoTやビッグデータ活用が進むと予想されています。従来のIT戦略では要件定義に基づきIT計画を立て進めることができましたが、予想できない膨大なデータの蓄積・分析を扱うことになるIoT、ビッグデータ時代には確実な要件定義が立てにくいという課題が生まれています。

そのような不透明な状況において要件を満たすことのできるITシステムはパブリッククラウドが最善なのでしょうか? パブリッククラウドには、柔軟に機能を拡張でき要件に応じて最適な性能を提供できるというメリットがあるのですが、不特定多数のユーザーが利用するがゆえに処理パフォーマンスの安定性という点で課題があることも事実です。

そこで注目を集めているのが、安定したパフォーマンスを実現しながらクラウドのように必要に応じて柔軟に機能を拡張することができる次世代のITシステム「コンポーザブル・インフラストラクチャ」です。 オンプレミスとクラウドの良いところを取ったのがコンポーザブル・インフラストラクチャの特徴です。コンポーザブル・インフラストラクチャは、ITリソースを自在に「コンポーザブル=組み換え可能に」することで、これまでの業務アプリケーションに求められてきた安定性と、これからのビジネスに必要な俊敏性を両立できる企業ITを実現します。

データはどれだけ生成される?

気象データとフライトデータは二度と再現できない

実用までに法規制対応を含め大量なデータの蓄積が必要

多ければ多いほど良い。予防治療には複数世代のDNAデータが理想。$100シーケンサーの時代に

従来の安定したシステム運用に加えて、俊敏にITリソースの提供・拡張が必要な時代

これからの企業ITは、モバイルやクラウド、ビッグデータといった新しいテクノロジーを活用したアプリケーションに対し、必要なITリソースをオンデマンドで即時に用意できる俊敏性が必要です。アイデアエコノミーと呼ばれる、優れたアイデアをITにより即座にサービス化し、新たなビジネスとして市場に投入することが企業競争力アップにつながるからです。
アイデアエコノミーの実施も重要ですが、既存の業務アプリケーションを安定的に運用する従来の役割も変わらずに求められ、多くの企業のIT部門はその両立に苦慮しているのではないでしょうか。
俊敏性と安定性――この2つの異なる要求に応えることができるのが、世界初のコンポーザブル・インフラストラクチャ製品「HPE Synergy」です。

HPE Synergyにより強化されたITのアジリティとパフォーマンスのビジネス価値を数値化

IDCの調査によると、インタビューを受けたHPE Synergyをご利用のお客様は、IT組織においてより効率的でアジャイルなITインフラストラクチャを確立できています。このインフラストラクチャは、タイムリーで高性能なアプリケーション機能を備え、お客様組織のビジネスニーズを満たしています。

35%

運用コストの削減

284%

5年間のROI

22%

ITインフラストラクチャのコストを削減

お客様導入事例

HPEのコンポーザブルエコシステムパートナー

製品紹介

HPE Synergy 480 Gen11コンピュートモジュール

HPE Synergy 480 Gen11コンピュートモジュールは、第4世代インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーを最大2ソケットをハーフハイト フォームファクターのサーバーに搭載し、卓越したパフォーマンス、効率性、柔軟性で要求の高いワークロードを迅速に処理できます。

HPE Synergy コンポーザー2

コンピュート、ストレージ、およびファブリックリソースを構築、再構築して、あらゆるワークロードに対応できる、ネイティブのインフラストラクチャ管理機能を備えています。

HPE Synergy インフラストラクチャ

すべてのリソースを即座に利用してあらゆるアプリケーションを実行できるよう、コンピュート、ストレージ、およびファブリックを組み合わせた単一のインテリジェント物理インフラストラクチャ。

HPE Synergy ストレージ

(ファイル、ブロック、およびオブジェクトストレージをサポートするSDS、DAS、SANオプションで) これまでにないレベルのシンプルさ、密度、柔軟性を実現できる高密度の統合ストレージです。

HPE Synergy ファブリック

スタンドアロンのトップオブラック (ToR) スイッチを排除した、ラックスケールのマルチファブリック接続ソリューションです。

HPE Synergyの導入をご検討ください

HPEへのお問い合わせ

ビジネスニーズに最適なソリューションを見つけるお手伝いをします。

プランニングおよびワークロード最適化ツール

HPE Power Advisor

現在のIT機器と導入予定のIT機器の消費電力を正確に見積もって、現在だけでなく将来の電力のニーズにも対応する、強力なTCOプランニングツールです。オンラインでもダウンロードでもご利用になれます。

HPE Synergy 製品カタログ

HPE Synergy

VMwareの価値を引き出す究極のプラットフォーム

HPE Synergy 12ヶ月 おためしパック with HPE GreenLake

HPE Synergyの実機検証をHPE GreenLakeでサービス提供

HPE SOLUTIONS for Red Hat OpenShift

Red Hat OpenShift 環境にHPEが選ばれる理由

HPE サーバー製品カタログ

ハイパーコンバージド関連のカタログ紹介

注目のリソース