おすすめ
「誰でもわかる」HPE Synergy
「誰でもわかる」HPE Synergy
HPE Synergyは、世界初のコンポーザブル インフラストラクチャ プラットフォームであり、将来を見据えたデータセンターを構築するとともに、アプリケーションデリバリを加速させます。この「誰でもわかる」ガイドで詳細をご確認ください。
「誰でもわかる」ガイドをダウンロード

あらゆるワークロードを単一のインフラストラクチャで実行

効率向上と制御、およびITリソースの迅速な展開が、単一のインターフェイスによって行えます。強力なソフトウェア デファインド ソリューションであるHPE Synergyを活用すれば、物理/仮想コンピュート、ストレージ、およびファブリックリソースの可変的プールをあらゆるワークロードの構成に組み込むことができます。

+ もっと見る

イノベーション
簡素化、自動化、開発時間の短縮
簡素化、自動化、開発時間の短縮
あらゆるワークロードに1つのインフラストラクチャ
クラウド並みのスピードと規模で展開
日常的な運用を自動化
アプリケーションを迅速かつ効率的に開発
あらゆるワークロードに1つのインフラストラクチャ
あらゆるワークロードに1つのインフラストラクチャ

それぞれに非常に多様なインフラストラクチャ要件とサービスレベル目標がある、現在および次世代のアプリケーションをサポートする1つのインフラストラクチャを管理します。

Forrester Consulting社のアナリストレポートを読む
クラウド並みのスピードと規模で展開
クラウド並みのスピードと規模で展開

インフラストラクチャを正確かつ瞬時に構成できる単一のインターフェイスを通じて、アプリケーションとサービスのデリバリを迅速化できます。ソフトウェア デファインド インテリジェンスが中核に組み込まれ、HPE OneViewを搭載したHPE Synergyでは、わずか1行のコードを使用して、数分でサービスを立ち上げることが可能です。

「誰でもわかる」コンポーザブルインフラストラクチャをダウンロード
日常的な運用を自動化
日常的な運用を自動化

物理、仮想、およびコンテナー型ワークロードに対応する単一の ソフトウェア デファインド インフラストラクチャ を使用すれば、コンピュート、ストレージ、ファブリックの可変的リソースプールにより、コストのかかるサイロを解消し、リソースを解放し、IT運用を簡素化することが可能になります。

「誰でもわかる」 "コンポーザブル・インフラ" HPE Synergy 完全ガイドをダウンロード
アプリケーションを迅速かつ効率的に開発
4:48
アプリケーションを迅速かつ効率的に開発

開発者にとって使いやすいインフラストラクチャでビジネスを加速 統合APIと広範なパートナーエコシステムを通じて、インフラストラクチャの運用を自動化できます。

統合APIの動画を見る(英語)

テクニカルビデオ

HPE Synergy 製品ポートフォリオ

HPE Synergy 製品とソリューションのポートフォリオを確認し、アプリケーションデリバリをシンプルに効率的に加速する方法を確認してください。

HPE SynergyとCisco UCSの比較

HPE Synergyなら、反復的なタスクの時間と手間を省くことにより、データセンターのアジリティとITスタッフの効率を向上させます。

HPE Synergy

63 割合

サーバーの展開時間の短縮の割合

60 割合

ファームウェアとOSパッチのインストール時間の短縮の割合

63 割合

vSANの構成時間の短縮の割合

お客様事例
株式会社寺岡精工様のロゴ

全社情報基盤の最適化に向けた取り組みを全力で推進
HPE Synergy+VMware vSANを採用し、俊敏で柔軟なインフラを実現

IT投資対効果の最大化と運用管理の効率化にも大きく貢献

課題

全社情報基盤のクラウド化を推進すると同時に、社内に残す業務サーバー群についても一層の最適化を図り、インフラ環境全体のシンプル化・高効率化を追求。

解決方法

クラス最高水準の性能と拡張性を持つインテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーを搭載するHPE SynergyとVMware vSAN™を用いたオンプレミスの仮想化基盤を新たに構築。高い性能と信頼性・可用性を確保しつつ、運用管理工数の削減や省スペース/省電力化も促進しました。

"これからのオンプレミス環境には、クラウドと同等のスピード感が求められます。HPE Synergyによる新仮想化基盤を構築したことで、新たなチャレンジにもタイムリーに取り組めるようになりました。"

株式会社寺岡精工 ビジネスサービス部 インフォメーションサービス課
アーキテクト 夏堀 貴仁 氏

結果

  • クラウド/オンプレミスの最適活用でIT投資対効果の最大化を実現
  • 新たなビジネスニーズに対しても俊敏に対応することが可能に
  • システムの性能改善が図れたことによりユーザーの業務生産性も向上
  • インフラ環境の大幅な省スペース/省電力化を成し遂げることに成功
関連するお客様事例

ワークロード使用事例