HPEパートナー通信

提案力アップ応援企画
HPE DirectPlusを徹底解剖! 「5営業日納品編」

2019年に20周年を迎えたHPEの公式オンラインストア「HPE DirectPlus」。外資系企業としては日本初となるx86サーバーの国内生産開始などをはじめ、これまで力強く歩んできたHPEの主力サービスのひとつとなっている。そのサービスは、オンラインストアとしての販売のみに踏み留まらず、WEBのインターフェイスと国内工場の2つを軸に、様々な機能を備えている。サーバーのフルカスタマイズやスピード納品、キッティングサービス、オンライン見積など、販売パートナーの方々においては、これらの特長を有効活用することでエンドユーザーへの提案力を向上させることが可能だ。今号では、短納期サービスである「5営業日納品」を取り上げ、解説していくのでぜひ参考にしていただきたい。

今回のテーマ
最短で5営業日納品を可能にする短納期サービス

HPE DirectPlusはCTOサーバーを受注してから、最短で5営業日の納品を可能にしている。競合他社では同様のサーバーを発注した際、最長2週間程度から6、7日を要するケースが多いことと比較すると、短納期という点で大きなアドバンテージがあるといえる。

日本の主要都市部が対象となる“最短5営業日納品”はHPE DirectPlusの大きなアドバンテージになっている
※対象地域があるので事前のチェックが必要

短納期が可能な理由

HPE DirectPlusが短納期を実現している理由は大きく2つ。ひとつは豊富なノウハウによって合理化された受注予測が可能となっており、工場側である程度余裕を持った準備ができるため、正式受注後に迅速な製造プロセスが実施できる点がある。
もうひとつは国内生産をいち早く手掛けてきた経緯から、「モノの流れ」と「情報の流れ」に無駄のない生産管理システムが構築されている。RFIDによるデータ化された資材管理、大きな液晶画面による「カンバン」方式による作業管理、さらには工場内の「ヒトの流れ」を合理化するロボットの導入など、徹底した品質管理のもと、効率化された生産工程によって製品がスピーディーに組み上げられる部分も大きい。

短納期のメリット

受注予測から始まる製造工程の徹底した合理化によって、短納期にありそうな品質の低下はまったく見られない。さらにいうと、初期不良率も低く抑えられており、日本国内生産という地理的優位性によって輸送時の距離によるリスクも大幅に低減されている。これらの特長は稼働中の故障発生率の低減にも役立つため、可用性が求められるエンドユーザーにも大きなメリットがあるといえる。

特に1~数台規模の小規模案件の場合、緊急時対応などを要求されているケースもあるため、エンドユーザーはなるべく短い期間での納品を希望している場合が多い。小回りを要求される小規模案件のときほど心強いサービスとなるだろう。

また、エンドユーザーのニーズや改善して欲しい部分などの意見が聞こえたら、すぐに製造拠点へフィードバックすることができるため、品質向上への取り組みが具体化しやすく、結果的に今後の製造プロセスやサービスの改善にも好影響を与えている。

無駄のない生産管理システムや徹底された検査体制などにより、高品質な製品を提供する

実際の納期を事前にチェック

具体的な納期はHPE DirectPlusで製品を選ぶ際に必ず利用するパーツ構成画面で確認することができる。例えば、目的のプロセッサーを選んだときに通常表示であれば、在庫があるので最短納期が期待できる。グレーで表示されている場合は欠品などの理由により、パーツの入荷待ちになっているということが分かる。

こうした表記ルールが分かるようになると、どの構成であれば短納期が可能で、どのパーツを選ぶと納期に時間が必要か簡単に理解できる。HPE DirectPlusの短納期の利点を有効活用するテクニックになると思うので覚えていただきたい。

グレーでフォーカスされたパーツを選ぶ際には短納期サービスが受けられない可能性が高いので納期指定があるケースでは注意が必要

ショッピングカートにて発注したものが最短5営業日納品かどうかわかる。また、見積保存をしておけば、保存した後日でも、「最短5営業日での納品が可能か」を確認することが可能(会員登録済みの方のみ)

「最短5営業日納品」を体験したユーザーの声多数!

サーバー導入における短納期の実現はプロジェクト全体の成功のカギとなる。HPE DirectPlusを利用することでスムーズなサーバー調達を実現した各社の声もぜひ参考にしていただきたい。
 
「チームは全員が忙しいので、要件仕様のサーバーを手間なく調達し、短期間で導入できることが特に重要です。私たちが『HPE ProLiantサーバー』と『HPE DirectPlus 』を使い続けている理由はまさにここにあります」-株式会社GABA
 
「HPE DirectPlusならではの最短5営業日納品でサーバーが調達できたため、ゆとりをもってデモ環境の準備ができました」-ゴトリラボス日本オフィス

 
他にも事例は多数あり!

HPE DirectPlus はこちら