データ指向経営への移行

HPE Apollo 4000は、特にビッグデータ分析やソフトウェア デファインド ストレージなどのデータストレージ中心のワークロードをサポートできるように最適化された、専用設計のシステムです。Apollo 4000 Systemを活用すれば、データセンター運用の課題に対応すると同時に、急増するデータを安全に保存して効率的に分析し、ビジネス価値を実現することが可能です。

+ 表示件数を増やす

イノベーション
ハイパフォーマンスコンピューティングとビッグデータをサポートする密度最適化ソリューション

ビッグデータ分析、スケールアウト型のソフトウェア デファインド ストレージ、ハイパフォーマンスコンピューティング (HPC)、バックアップとアーカイブ、およびその他のデータストレージを多用するワークロードをサポートする効率的なラックスケールソリューションをご活用ください。

ハイパフォーマンスコンピューティングとビッグデータをサポートする密度最適化ソリューション

ビッグデータ分析、スケールアウト型のソフトウェア デファインド ストレージ、ハイパフォーマンスコンピューティング (HPC)、バックアップとアーカイブ、およびその他のデータストレージを多用するワークロードをサポートする効率的なラックスケールソリューションをご活用ください。

ビッグデータと分析
一般的なファイルおよびオブジェクトストレージ
ハイパフォーマンスコンピューティングおよびAIストレージ
ビッグデータと分析
ビッグデータと分析

さまざまなモジュール方式のHadoopリファレンスアーキテクチャーの中からニーズに最適なものを選択して運用を効率化したり、製品開発を促進したり、品質を向上させたり、ビッグデータのワークロードを安全に管理したりすることにより、ビジネスに有益な情報を短時間で取得して競争力を強化できます。

詳細はこちら
一般的なファイルおよびオブジェクトストレージ
一般的なファイルおよびオブジェクトストレージ

低価格のNASから耐久性に優れたペタバイト規模のストレージまで、さまざまなニーズに対応可能なApolloベースのファイル/オブジェクトストレージ ソリューションは、お客様の組織に価値をもたらし、非構造化データのストレージ要件への対処を容易にします。

詳細はこちら
ハイパフォーマンスコンピューティングおよびAIストレージ
ハイパフォーマンスコンピューティングおよびAIストレージ

HPEは、現在必須となっている高速同時データアクセスを実現するとともに、クラスターコンピューティングと分散並列コンピューティングをサポートすることでHPCを最大限に活用できるようにする、包括的な専用ストレージソリューション製品のポートフォリオを提供しています。

詳細はこちら

ソリューションポートフォリオ

データストレージ中心のワークロードをサポートする密度最適化プラットフォーム。

技術概要

フォームファクター

  • 2Uシャーシ (HPE Apollo 4200サーバー)
  • 4Uシャーシ (HPE Apollo 4510 System)

ストレージ

  • SAS、SATA、NVMe、およびSSDに対応
  • 2Uで最大28台のLFFドライブ、または54台のSFFドライブ (HPE Apollo 4200サーバー)
  • 4Uで最大60台のLFFドライブ (HPE Apollo 4510 System)

CPU

  • 最大2基のインテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサー

メモリ

  • 最大1,024GBのDDR4メモリ (DIMM 16個)
成功事例

競争力を維持するために変革を推進するTennessee Data Systems社

Tennessee Data Systems社は、資金やリフレッシュサイクルに頭を悩ませることなく、最適化されたペタバイト規模のソフトウェア デファインド ストレージを提供しています。

課題

ニーズに対応して市場シェアを拡大するために、拡張性が高く手頃な価格のオブジェクトストレージソリューションをプロビジョニングする。

解決方法

48か月間の単一のリース契約でプライベートブランドのNTT Infrastructure-as-a-Servicesを提供し、米国全体にストレージサービスを展開できるようにする。

「このソリューションにより、ペタバイト規模のストレージのコストを削減するのに必要な柔軟性、可用性、およびパフォーマンスを得ることができました」

Tennessee Data Systems社最高執行責任者、Fabrizio Bortolon氏

結果

ビジネスを成長させるための将来の投資に費やせるCAPEXを確保するとともに、アジリティと拡張性を向上させてより効果的かつ積極的に他社と競い合える体制を築き、局所的なTier 1データセンターから国内全体をカバーする完全にコンプライアンスに準拠したTier 3およびTier 4データセンターに移行することに成功しました。