画像をタップして拡大する

2020年4月17日

生命科学の分野に革命を起こしたヒトゲノムの解明は、人類の未来をも左右するかもしれません。

遺伝子研究は活況を呈しています。飛躍的な進歩が急速なペースで起こっており、それらすべてを把握するのは困難です。世界中で何百万人分ものゲノムシーケンスが進行中で、研究者は膨大なデータベースを活用して、遺伝子と病気のつながりを探っています。

増加する飢餓人口に食糧を供給するために、農作物や動物の遺伝子を解明しようとしている農業研究者や、人々に固有の遺伝子構造に合わせてパーソナライズされた薬を製造している製薬会社など、多くの機関で研究が進められています。

この革命を推し進めるのは、従来の研究用ツールではありません。代わりに、高性能コンピューター、クラウド、ビッグデータ、AI、機械学習、その他関連するテクノロジーがこれを主導しています。本書では、進化する遺伝子研究の道のりを5つの章に分けて見ていきます。

まず、ヒトゲノムのシーケンスが完了した2003年には想像もできなかった、これらの強力なテクノロジーの概要を説明します。ヒトの遺伝子地図を作製するために、15年と約30億ドルが費やされました。現在では、高性能コンピューターによる次世代シーケンス技術によって、ヒトゲノムのシーケンスは数時間以内に約1000ドルで可能になりました。研究者は現在、医療と医薬品における飛躍的進歩のために、大量のデータを収集・解析しています。

本書ではまた、コンピューターの進歩がどのように創薬プロセスを迅速化させ、それによって単一医薬品あたり最高110億ドルとなるコストを削減できるかも調べています。さらに、さまざまな病気や症状を治療するために、個人のゲノムを標的としたテクノロジーの概要について解説します。

 

1章 黄金時代を導く

2章 AI、HPC、ビッグデータによる創薬の迅速化

3章 密医療が医療の仕組みを変える

4章 世界的な食糧不足を解決

5章 遺伝子研究の飛躍的進化を促す新しいソフトウェア

この記事/コンテンツは、記載されている特定の著者によって書かれたものであり、必ずしもヒューレット・パッカード エンタープライズの見解を反映しているわけではありません。

enterprise.nxt

ITプロフェッショナルの皆様へ価値あるインサイトをご提供する Enterprise.nxt へようこそ。

ハイブリッド IT、エッジコンピューティング、データセンター変革、新しいコンピューティングパラダイムに関する分析、リサーチ、実践的アドバイスを業界の第一人者からご提供します。

enterprise.nxt
ニュースレターのご登録

enterprise.nxtから最新のニュースをメールで配信します。