HPE サーバーおよびストレージ製品用 SAS SSD不具合のお知らせ

2020年4月3日

お客様各位

HPEサーバーおよびストレージに搭載する特定のSSDドライブのファームウェア不具合が起因で、起動後40,000時間の稼働 (およそ4年206日16時間)経過すると故障状態となることが報告されております。
本現象はファームウェアの不具合が原因で発生することが判明しており、最新バージョンのファームウェアを適用することで不具合を修正することができます。
※この問題は障害の状態は似ていますが、2019年11月に発生した稼働時間32,768時間で発生するSSD障害とは別のものです。

本不具合に関するサポート情報詳細に関して、下記のCustomer Bulletinでご確認いただけます。

HPE SAS SSD(日本語版)

2015年11月1日付でHewlett-Packard CompanyをHewlett Packard Enterprise Company とHP Inc.に分社する以前に販売された製品については、現在のモデルと異なる、古い製品名およびモデル番号である場合があります。