データを最大限に活用

複雑さが原因です

組織は変革を加速したいと考えていますが、データとインフラストラクチャの複雑さが組織の速度を低下させています。異なる種類のソフトウェアとハードウェア、手動プロセス、および組織のサイロは、断片的なアプローチと、断片化、運用の非効率性、およびビジネスリスクの流れをもたらし、これらはすべて、俊敏性と革新性を失うことになります。

複雑さを解消する時が来ました

Unified DataOpsのビジョンは、サイロと複雑さを排除してデータ駆動型変換を加速する新しいデータエクスペリエンスを導入します。データ中心の自動化、クラウドネイティブの運用、AI主導のインテリジェンスを組み合わせることで、Unified DataOpsは、データとインフラストラクチャの管理を根本的に合理化します。

新しいデータエクスペリエンス

データが存在する場所ならどこでも、一貫したクラウドエクスペリエンスを介して、アプリケーションをインフラストラクチャに、イノベーターをデータに、自動化をポリシーにシームレスに接続します。クラウドサービスとクラウドネイティブデータインフラストラクチャを緊密に統合することで、コア、クラウド、エッジ全体のデータ管理を統合および加速し、運用を劇的に簡素化し、デジタルトランスフォーメーションを加速します。

Unified DataOpsの全ビジョンはこちら

統合データ操作 - as a Service

今日の変革は、データの可能性、クラウドの俊敏性、AIの出現によって推進されています。Unified DataOpsはこれらの力を組み合わせて、データとインフラストラクチャのエクスペリエンスに革命をもたらします。独自のアーキテクチャで提供されるUnified DataOpsは、エッジからクラウドまでのデータとインフラストラクチャの管理を簡素化し、データの真の可能性を解き放つことを可能にします。

+ もっと見る

データ中心のアプローチを取る

データ中心のポリシーと自動化を利用して、データとインフラストラクチャをエッジからクラウドまでのワークフローの包括的なオーケストレーションを提供します。データへのアクセス、保護、および動員の方法と、データインフラストラクチャの展開、プロビジョニング、および最適化を簡単かつ効率的に管理します。

クラウドネイティブオペレーションを活用する

グローバルなSaaSベースの制御により、データが存在するすべての場所にクラウドの運用エクスペリエンスをもたらし、サイロ化されたオンプレミス管理ソフトウェアから解放されます。Unified DataOpsを使用すると、クラウドからネイティブにデータとインフラストラクチャを管理し、大規模な自動管理を楽しみながら、目に見えない形でクラウドサービスを統合できます。

AI主導のアドバンテージを得る

データとインフラストラクチャを24時間年中無休で監視するAI主導のインテリジェンスを活用することで、自動化をはるかに超えて、推測の排除、アプリのパフォーマンスの向上、リソース使用率の最適化、脅威と脆弱性の検出、必要な場所でのデータのモバイル化を実現します。

Unified DataOpsのメリットを得られるのは誰ですか?

データは組織内のすべての人に影響を与えます。Unified DataOpsの利点は同様にチーム全体に広がり、すべての人がデータ、敏捷性、革新性を解き放つことができます。 

+ もっと見る

ITプロフェッショナルはすべてを簡素化

消防活動をやめ、代わりに、運用の俊敏性、自動化、およびリソース効率の向上を活用することに重点を置きます。

データ管理者はどこでもデータを保護

運用の簡素化と、クラウド全体のアプリとデータの脅威や混乱からの前例のないデータ保護をお楽しみください。

データイノベーターは市場投入までの時間を短縮

開発者、アナリスト、データサイエンティスト向けの高速で安全なセルフサービスのデータアクセスにより、開発サイクルを加速します。

CIOはリスクと無駄を排除

データがどのように保存および利用されているかを無制限に可視化し、コンプライアンスとガバナンスのリスクを排除しながら価値を高めます。

次のステップに進む

HPEのインテリジェント データ プラットフォームが、データ駆動型の変革を加速するためのUnified DataOpsのビジョンをどのように実現するかをご覧ください。