HPE StoreEasyストレージ

ファイルおよびアプリケーションのストレージを簡素化。

ファイルストレージではなく、ビジネスに集中

1万5,000米ドル未満の価格帯でNo.1の販売数を誇るNAS製品ファミリ1であるHPE StoreEasyストレージは、中堅・中小企業や分散型組織の従業員とチームが連携してファイルを保存/共有できる安全なスペースを提供します。

ProLiantのDNAを持ち、Windows Storage Server 2016または2012 R2を搭載するHPE StoreEasyのツールと機能を活用すれば、容量を最大限に活用してストレージの管理に必要な時間を削減するとともに、成長に合わせて低コストで密に容量を拡張し、Microsoft Azureへのデータのバックアップをシームレスに行うことが可能です。

HPE StoreEasyネットワーク接続ストレージソリューション

進化した第5世代のHPE StoreEasyのメリット

211%

容量が増加2

21%

GB単価が低下2

最大25倍

RAID再構築が高速化3

データの管理、レプリケーション、およびアーカイブを簡素化

HPE Storage Optimizerでファイルスプロールをクリーンアップ

構造化されていないデータをインテリジェントに管理し、クラウドを含めた複数のストレージレポジトリにわたって情報を分散できます。

Vision Solutions社のDouble-Take Availability

Double-Take Availabilityが、リアルタイムなバイトレベルのレプリケーションとディザスタ保護を実現します。第5世代HPE StoreEasyには試用版ソフトウェアが付属します。

アプリケーションに関するさまざまな課題を解決

企業ファイルの同期と共有

HPE StoreEasyにはMicrosoft®ワークフォルダーが組み込まれているため、ユーザーはオンプレミスに保存されたデータに安全にアクセスできます。

ユーザーファイルの共有

HPE StoreEasyは、シンプルながら精巧なSMBおよびNFS経由のマルチプロトコルファイルアクセスを提供するため、ユーザーは任意のオペレーティングシステム上でファイルを共有できます。

ホームディレクトリの統合

HPE StoreEasyを使用すると、ユーザーデータをユーザーが制御するデバイス上に保管する代わりに、安全かつシンプルな方法で集中保管できるようになります。

Microsoft SQL Server

StoreEasy上のSMB 3.0ファイル共有にSQL Serverデータベースを保存すると、すべてのネットワークアダプターを集約したスループットを利用できます。

包括的なストレージ管理のためのサービス

ストレージテクノロジーサービス

HPEのエキスパートが、お客様が必要なときに適切なレベルのサポートを提供します。

配備/統合

HPEのサービススペシャリストが、HPEのベストプラクティスに従って、HPE StoreEasyストレージソリューションのプランニング、設計、および展開をサポートします。

運用およびサポート

HPEプロアクティブケアサービスは包括的なハードウェア/ソフトウェアサービスを提供し、ITインフラストラクチャの可用性を向上させます。

  • フォームファクター

    • HPE StoreEasy 1000: 1Uラックマウント型、2Uラックマウント型、4.5Uタワー型
    • HPE StoreEasy 3000: 2Uラックマウント型 (シャーシあたり1~2個のノード) またはハーフハイトブレード

  • スケーラビリティ

    • HPE StoreEasy 1000: 最大7,900の同時ユーザーと接続デバイス
    • HPE StoreEasy 3000: 最大30,000の同時ユーザーと接続デバイス (ブレード)、または最大60,000の同時ユーザーと接続デバイス (2ノード構成のラックマウント型)

  • 容量

    • HPE StoreEasy 1000: 最大280TBの内蔵容量 (モデルにより異なる)、HPE D3000/D6000ディスクエンクロージャーにより拡張可能 (オプションのアドオンSmartアレイコントローラーを使用)
    • HPE StoreEasy 3000: 0TBの内蔵容量、接続されているSANアレイに依存
  • プロトコル

    • HPE StoreEasy 1000: SMB (CIFS)、NFS、HTTP/S、FTP/S、およびiSCSI Block over Ethernet
    • HPE StoreEasy 3000: SMB (CIFS)、NFS、iSCSI
  • コアデータサービス

    • 重複排除、スナップショット、レプリケーション、ファイルの分類、ファイルスクリーニング、クォータ
  • 高度なデータ管理

    レポート、HPE StoreEasyダッシュボード、iLO Advancedライセンス、デスクトップおよびモバイルデバイス用のファイル同期と共有

関連情報

ポートフォリオ : HPE Storage各種製品ラインアップの検索と関連情報の閲覧

get6nine_thumb
ポートフォリオ

HPE Storage各種製品ラインアップの検索と関連情報の閲覧

ビデオを再生
PUB-Ready_Pub_8187_StorageNetwork_Resource_3
ドキュメント - 2:17

このツールを使用すれば、さまざまなオプションを比較し、ビジネスに合ったストレージ製品を選択できます。

お客様事例 : ストレージのお客様導入事例を掲載しています。製品や業種から絞り込み検索が可能です。

HPE-Campus-and-Branch-RMIT-2x-md
お客様事例

ストレージのお客様導入事例を掲載しています。製品や業種から絞り込み検索が可能です。

ブログの投稿 : HPEのインフラストラクチャ担当エグゼクティブとDiscoverブロガーとの質疑応答

storeeasy_resource_5_blog_infraexecqanda_2x-md
ブログの投稿

HPEのインフラストラクチャ担当エグゼクティブとDiscoverブロガーとの質疑応答

ツール : ソリューション概要: HPE 3PAR File Personaソフトウェアによってホームディレクトリを統合し、従業員の生産性を向上

storeeasy_resource_7_tool-2x-md
ツール

ソリューション概要: HPE 3PAR File Personaソフトウェアによってホームディレクトリを統合し、従業員の生産性を向上

ポートフォリオ : HPEストレージ製品のポートフォリオ

storeeasy_resource_8_productportfolio_2x-md
ポートフォリオ

HPEストレージ製品のポートフォリオ

  • 1

    『IDCワールドワイド四半期ディスクストレージトラッカー2016年Q1』、1~3の価格帯を合算した、2015年の製品ブランド別出荷台数

  • 2

    HPE社内での分析 - 旧世代の1640と1650の内部容量の比較

  • 3

    HPE社内でのテストの結果に基づく (書き込み操作については25倍、読み取り操作については9倍RAIDの再構築を高速化可能)。詳細については、『HPE ProLiantサーバーGen9用のHPE Smartストレージ (テクニカルホワイトペーパー)』をご覧ください。