お客様にお勧め
HPEとSAP HANAの相乗効果
HPEとSAP HANAの相乗効果
ESGが、データのライフサイクルを通じて簡素化、最適化、リスクの軽減を実現する、エンドツーエンドのSAP HANAデータプラットフォームを検証します。
アナリストレポートを読む
お客様にお勧め
HPEとSAP HANAの相乗効果
HPEとSAP HANAの相乗効果
ESGが、データのライフサイクルを通じて簡素化、最適化、リスクの軽減を実現する、エンドツーエンドのSAP HANAデータプラットフォームを検証します。
アナリストレポートを読む
お客様にお勧め
HPEとSAP HANAの相乗効果
HPEとSAP HANAの相乗効果
ESGが、データのライフサイクルを通じて簡素化、最適化、リスクの軽減を実現する、エンドツーエンドのSAP HANAデータプラットフォームを検証します。
アナリストレポートを読む
お客様にお勧め
HPEとSAP HANAの相乗効果
HPEとSAP HANAの相乗効果
ESGが、データのライフサイクルを通じて簡素化、最適化、リスクの軽減を実現する、エンドツーエンドのSAP HANAデータプラットフォームを検証します。
アナリストレポートを読む

SAP HANAで成功を実現するには適切なストレージの導入が重要

SAP HANAのニーズに対応するには、ストレージのパフォーマンス、可用性、および拡張性が優れていなければなりません。このような要件に適したオールフラッシュストレージなら、従来のメディアを大きく上回るパフォーマンス、効率、またはTCOを実現できます。投資を保護するため、ストレージはSAPとSAP HANAの両方で使用できるものを選択することをお勧めします。つまり、従来のSAP環境用のストレージについては、SAP HANAに移行できるものを選択することが重要です。

+ もっと見る

SAPとSAP HANAの分野で業界をリードするソリューションを選択することが重要

寄せ集めのソリューションや、信頼できないベンダーとの連携は避けなければなりません。HPEの SAPとSAP HANAの導入数は業界No.1を誇ります。また、HANAの認定を取得した業界トップレベルのオールフラッシュストレージプラットフォームを提供しています5。 

パフォーマンス

パフォーマンスに優れたSAP HANA向けオールフラッシュストレージなら、HANAのパフォーマンス目標を達成できます。

可用性

99.9999%を超える可用性を実現します。

効率性

3PARオールフラッシュは、SAP HANA向けの最も効率の高いオールフラッシュストレージです1

イノベーション
オールフラッシュアーキテクチャー

オールフラッシュはHANAに最適なストレージインフラストラクチャです。SAP HANAの書き込みを中心とする大規模なI/Oパターンで求められる高帯域幅と低レイテンシを実現するため、わずかなリソースでSAP HANAのパフォーマンスKPIを達成できます。

オールフラッシュアーキテクチャー

オールフラッシュはHANAに最適なストレージインフラストラクチャです。SAP HANAの書き込みを中心とする大規模なI/Oパターンで求められる高帯域幅と低レイテンシを実現するため、わずかなリソースでSAP HANAのパフォーマンスKPIを達成できます。

プライマリストレージ
データ保護
マルチテナンシー
プライマリストレージ
プライマリストレージ

オールフラッシュストレージは、SAP HANAのパフォーマンス、可用性、および拡張性に関するニーズを満たすのに適したテクノロジーです。回転ディスク (HDD) ベースのメディアでは、パフォーマンスや効率に対するニーズに対応できず、最終的にTCOが増加することになります。

データ保護
データ保護

データ保護ソリューションは、災害発生時の問題を軽減するのに役立ちます。従来のバックアップでは時間がかかりすぎてSAP HANAに対応できないため、こうしたソリューションは、スナップショットベースのバックアップテクノロジーを含むものであるべきです。HPEでは、業界をリードするスナップショットベースの統合データ保護ソリューションを用意しています。

マルチテナンシー
マルチテナンシー

オーフルラッシュを導入すれば、複数のQoSレベルに合わせて個別のストレージサイロを展開および維持する必要がなくなります。サービスを中断したり、事前に計画を立てたり、複数のサービスレベルをサポートするために個別のアレイを購入したりすることなく、QoSレベルを向上させることが可能です。

注目の製品

HANA認定を取得したHPEの世界トップレベルのストレージ製品からお選びいただけます。    

お客様事例

JK Tyre社、SAP HANAへの移行を迅速に展開

インドの大手タイヤメーカーのJK Tyre社は、老朽化したUNIX-OracleプラットフォームをHPE ConvergedSystem 900 for SAP HANAに置き換えることで、最大20倍の速度でレポートを作成し、サイクル時間を半分に削減しつつ、ドライブのバックアップ時間を6時間から即時にまで短縮できました。

課題

老朽化し、効率の悪くなったハードウェア環境を交換する必要がありました。

解決方法

Unix®を標準のx86サーバー、OracleデータベースをSAP HANAに移行しました。

「HPE ConvergedSystem 900 for SAP HANAは、パフォーマンスと信頼性の両面で最良のソリューションです」 

JK Tyre & Industries社、Sharad Agarwal氏

結果

レポート作成の速度が最大で10~20倍に向上し、サイクル時間が5分から2分に短縮されるなど、大幅な迅速化に成功しました。

1 HPEストレージの実証データ

2 主要なエンタープライズストレージシステムとHPE Primeraを比較したHPE社内のテスト結果に基づく

3 HPEが100%の可用性を保証(英語)

4 2019年4月時点でHPE 3PAR 8450と比較したHPE社内のテスト結果に基づく

5 SAP HANAに最適なオールフラッシュアレイ、2017年6月(英語)

8 HPE Get 6-Nines Guarantee、HPE Nimble Storage、2017年9月(英語)

9 HPEビジネスホワイトペーパー、『システムの可用性の基準を再定義』、2017年8月

10 HPE Nimble Storageオールフラッシュアレイ向けHPE Store More Guarantee - ソリューション概要(英語)

11 IDC WW Disk Storage Systems Tracker CQ4 2016、2017年3月

12 HPE 3PAR StoreServ - 顧客事例集(英語)

*最大