HPE Recovery Manager Central

オールフラッシュのスピードで統合型のデータ保護サービスとコピーデータ管理サービスを提供。

データ保護の課題を解決

アプリケーション管理型のストレージ統合データ保護ソリューションでバックアップとスナップショット両方のメリットを得ることができます。ストレージスナップショットベースのバックアップソリューションが、コストのかからない、迅速かつシンプルなエンドツーエンドのデータ保護を実現します。

クラウド向けのフラッシュ統合データ保護

HPE Recovery Manager Central (RMC) は、HPE 3PARおよびHPE NimbleのオールフラッシュアレイHPE StoreOnceシステムを統合し、バックアップの保護でスナップショットのパフォーマンスを活用することにより、これまでより少ないコストで簡単に、フラッシュのスピードでクラウド向けのアプリケーション保護サービスとコピーデータ管理サービスを提供します。 

データ保護とコピーデータ管理のイノベーション

クラウド向けのフラッシュ統合データ保護の最新の開発の詳細をご覧ください。

フラッシュのスピードでNimbleを保護

迅速、効率的、シンプル、かつ確実なHPE Nimble Storageの保護でSLAに対応できます。

データ保護に必要な時間を短縮してストレスを解消

わずか数回のクリックでバックアップ、レプリケーション、およびアーカイブに関するSLAポリシーを作成し、それらを自動的に適用できます。

バックアップを有効活用

バックアップをリアクティブな保険のようなものから付加価値あるプロアクティブなサービスに変えることができます。 

フラッシュスピードでワークロードを保護

低レイテンシとセキュリティを理由にオンプレミスのフラッシュストレージを使用するのか、ユビキタス性と低コストを理由にクラウドを使用するのか、または最適な組み合わせのストレージを実現するためにそれらのハイブリッドを使用するのかどうかにかかわらず、HPE RMCは、データセンターからクラウドに至るまでのアプリケーションに求められるエンドツーエンドのデータ保護と迅速なリカバリを実現します。

保護を強化してオールフラッシュのニーズに対応

23倍

バックアップを高速化2

15倍

リストアを高速化2

20分の1

クラウドストレージのコストを低減1

迅速、効率的、シンプル、確実。

エンタープライズアプリケーションや仮想化環境のエンドツーエンドのデータ保護とコピーデータ管理により、要求の厳しいフラッシュ対応アプリケーションと厳格なRTO/RPOのSLAに対応できるよう設計されたHPE RMCの仕組みをご覧ください。

ビデオを再生

中断のない高速のバックアップとオンラインリカバリ

HPE RMCは、中断なく短時間で作成できる数百個のアプリケーション整合スナップショットにより、バックアップウィンドウを最小限に抑え、迅速なオンラインリカバリを実現します。これにより、アプリケーションに対するバックアップの影響が軽減され、HPE 3PARとHPE Nimbleのフラッシュ環境のパフォーマンスに対応できます。

ビデオを再生

フラッシュのスピードでワークロードを保護

HPE RMC Express Protectを使用すれば、フラッシュアプリケーションのSLAで求められるパフォーマンスを実現できます。バックアップサーバーソフトウェアを使用することなく、HPE 3PARとHPE NimbleからHPE StoreOnceアプライアンス (物理または仮想) にスナップショットデータをバックアップできるようになることで、従来の方法と比較して、バックアップが23倍、リストアが15倍高速化されます3。 

ビデオを再生

シンプルかつ効率的なデータ保護

HPE RMCは、アプリケーションの保護に必要なバックアップアーキテクチャーを簡素化します。HPE StoreOnceの連携重複排除テクノロジーにより、すべてのバックアップで重複排除が行われるため、必要なバックアップストレージが最大で20分の1に削減されます4

ビデオを再生

バックアップデータの有効活用

HPE 3PARとNimble Storageの統合コピーデータ管理によってコピーデータの増大と手動によるデータプロビジョニングの課題が解決され、環境に影響を与えることなく、リカバリ、分析、およびアプリケーション開発用のデータに迅速かつ自動的にアクセスできるようになります。

ビデオを再生

アプリケーション管理型のデータ保護

アプリケーション統合型の保護機能により、任意のネイティブインターフェイスから直接、アプリケーション整合スナップショット、バックアップ、およびリカバリを管理できます。またHPE RMCを使用すれば、HPE 3PARとHPE Nimbleで動作する任意のアプリケーションでクラッシュ整合バックアップおよびスナップショットを作成することが可能です。

ビデオを再生

自己完結型の完全に独立したバックアップ

HPE StoreOnceに保存されるバックアップは、自己完結型の完全に独立したボリュームとなっていますが、HPE RMCを使用すれば、災害が起きたり、本番のストレージ環境で物理的な問題が発生したりした場合に、それらを元の、または別のHPE 3PARアレイやHPE Nimbleアレイにリストアすることが可能です。スナップショットだけでは、このレベルのデータ保護を実現することはできません。

HPE Recovery Manager Centralソフトウェア

SAP HANA、Oracle、VMware、Microsoft Exchange、およびSQLと統合されるRMCソフトウェアの技術詳細をダウンロードしてご覧ください。

注目のケーススタディ

フラッシュへの対応に向けたデータ保護の変革

バックアップストレージアーキテクチャーを進化させ、データセンターを変革する方法について、HPEまでお問い合わせください。

関連情報

パンフレット : クラウド対応のオールフラッシュストレージのためのデータ保護戦略

パンフレット | PDF | 1.30MB

オールフラッシュデータセンターへの移行にあたり、エンドツーエンドのフラッシュストレージ戦略と統合されたデータ保護/保持ソリューションがきわめて重要となる理由をご確認ください。

:

パンフレット | application/pdf | 4045 KB

このパンフレットでは、Oracle、SAP HANA、およびSQL Server向けのHPE RMCとHPE StoreOnce Catalystプラグインによって提供される、データ保護ソリューションとコピーデータ管理ソリューションを考察します。

:

アナリストレポート | application/pdf | 549 KB

このレポートでは、標準的なCDMの枠を超えて異機種アレイ間のサポートを実現するとともに、オンプレミスのセカンダリストレージとクラウド階層を最大限に活用して、より包括的かつコスト効率の高いコピーデータ管理ソリューションを提供する、HPE RMC 6.0の仕組みを見ていきます。

:

パンフレット | application/pdf | 1739 KB

HPE Recovery Manager Central (RMC) for HPE 3PAR StoreServでスナップショットとレプリケーションのパフォーマンスにバックアップの保護とデータ保護を組み合わせる方法をご覧ください。

:

ソリューション概要 | application/pdf | 275 KB

HPE Recovery Manager Central for Microsoft Exchangeがスナップショットの管理にどのように役立つのか、またどのようにして個々のメールボックスやメールボックスフォルダーのリカバリを可能にするのかをご覧ください。

ソリューション概要 : 保存場所を問わずデータを保護

ソリューション概要

「ハイブリッドIT向けに最適化されたデータ保護」ソリューションの概要では、HPEのハイブリッドITデータ保護ソリューションにより、ビジネスクリティカルなアプリケーションおよびデータに対するリスクを低減し、耐障害性を確保する方法について説明します。

:

ソリューション概要 | application/pdf | 265 KB

このソリューション概要では、仮想マシン (VM) の管理者がVMware vCenter内から直接シームレスにスナップショット、バックアップ、およびリカバリを管理できるようにする、StoreOnce Recovery Manager Centralソフトウェアの仕組みについて説明します。

:

| 138 KB

このソリューション概要では、Oracle環境のデータ保護の課題について説明するとともに、アプリケーション管理型のストレージ統合データ保護ソリューションでバックアップとスナップショットを組み合わせることでどのようなメリットが得られるのかを紹介します。

:

成功事例 | application/pdf | 1404 KB

大規模なSAP HANA環境を展開している組織は、急激に増加して変化し続けるミッションクリティカルなデータの保護に頭を悩ませています。HPEが、SAP HANA環境向けのエンドツーエンドのデータ保護ソリューションを提供します。

:

ビジネスレポート | application/pdf | 489 KB

この分析レポートでは、包括的なデータ保護戦略の5つのビルディングブロックと3PAR StoreServ、StoreOnce、およびRecovery Manager Centralを含むHPEストレージの製品ポートフォリオでこれらのコンポーネントを実装する方法について説明します。

:

ビジネスレポート | application/pdf | 925 KB

このビジネスホワイトペーパーでは、HPEが提供するSAP HANA環境向けの包括的なデータ保護ソリューションの概要、およびそのソリューションとEMC、Pure、NetAppなどの競合製品との違いについて説明します。

1 すべてを使用可能なバックアップデータと比較して重複排除率を20:1と想定。

2 従来型のバックアップ環境との比較。

3 HPE Recovery Manager Centralと従来型の他社製バックアップソフトウェアのバックアップパフォーマンスを比較した、2016年5月のHPEの社内テストの結果に基づく。

4 すべてを使用可能なバックアップデータと比較した場合。