おすすめ
クラウド対応のオールフラッシュストレージのためのデータ保護戦略
クラウド対応のオールフラッシュストレージのためのデータ保護戦略
クラウドとオンプレミスITを組み合わせることにより、ミッションクリティカルなアプリケーションを保護する際の柔軟性と拡張性が飛躍的に向上します。フラッシュストレージ統合およびクラウド対応のデータ保護に関する5つの主な留意事項について説明します。
パンフレットを見る
おすすめ
クラウド対応のオールフラッシュストレージのためのデータ保護戦略
クラウド対応のオールフラッシュストレージのためのデータ保護戦略
クラウドとオンプレミスITを組み合わせることにより、ミッションクリティカルなアプリケーションを保護する際の柔軟性と拡張性が飛躍的に向上します。フラッシュストレージ統合およびクラウド対応のデータ保護に関する5つの主な留意事項について説明します。
パンフレットを見る
おすすめ
クラウド対応のオールフラッシュストレージのためのデータ保護戦略
クラウド対応のオールフラッシュストレージのためのデータ保護戦略
クラウドとオンプレミスITを組み合わせることにより、ミッションクリティカルなアプリケーションを保護する際の柔軟性と拡張性が飛躍的に向上します。フラッシュストレージ統合およびクラウド対応のデータ保護に関する5つの主な留意事項について説明します。
パンフレットを見る
おすすめ
クラウド対応のオールフラッシュストレージのためのデータ保護戦略
クラウド対応のオールフラッシュストレージのためのデータ保護戦略
クラウドとオンプレミスITを組み合わせることにより、ミッションクリティカルなアプリケーションを保護する際の柔軟性と拡張性が飛躍的に向上します。フラッシュストレージ統合およびクラウド対応のデータ保護に関する5つの主な留意事項について説明します。
パンフレットを見る

RMCでデータ保護の課題を解決

アプリケーション管理型のストレージ統合データ保護ソリューションでバックアップとスナップショット両方のメリットを得ることができます。スナップショットベースのバックアップソリューションが、コストのかからない、迅速かつシンプルなエンドツーエンドのデータ保護を実現します。

+ もっと見る

イノベーション
クラウド向けのフラッシュ統合データ保護

HPE Recovery Manager Central (RMC) は、HPE 3PARHPE Primera、およびHPE NimbleのオールフラッシュアレイとHPE StoreOnceシステムを統合し、バックアップの保護でスナップショットのパフォーマンスを活用することにより、これまでより少ないコストで簡単に、フラッシュのスピードでクラウドのアプリケーション保護、コピーデータ管理、データ移動を行えるようにします。 

クラウド向けのフラッシュ統合データ保護

HPE Recovery Manager Central (RMC) は、HPE 3PARHPE Primera、およびHPE NimbleのオールフラッシュアレイとHPE StoreOnceシステムを統合し、バックアップの保護でスナップショットのパフォーマンスを活用することにより、これまでより少ないコストで簡単に、フラッシュのスピードでクラウドのアプリケーション保護、コピーデータ管理、データ移動を行えるようにします。 

フラッシュのスピードでHPE Nimbleを保護
データ保護に必要な時間を短縮してストレスを解消
バックアップを有効活用
オールフラッシュデータセンターでリスクを軽減
保護を強化
データの移動を簡素化
フラッシュのスピードでHPE Nimbleを保護
フラッシュのスピードでHPE Nimbleを保護

迅速、効率的、シンプル、かつ確実なHPE Nimble Storageの保護でSLAに対応できます。

パンフレットを読む (英語)
データ保護に必要な時間を短縮してストレスを解消
データ保護に必要な時間を短縮してストレスを解消

わずか数回のクリックでバックアップ、レプリケーション、およびアーカイブに関するSLAポリシーを作成し、それらを自動的に適用できます。

アナリストの解説を読む(英語)
バックアップを有効活用
バックアップを有効活用

バックアップをリアクティブな保険のようなものから付加価値あるプロアクティブなサービスに変えることができます。

ソリューション概要を読む(英語)
オールフラッシュデータセンターでリスクを軽減
オールフラッシュデータセンターでリスクを軽減

スナップショットが中断を伴わない迅速なオンライン復旧を可能にします。

動画を見る(英語)
保護を強化
保護を強化

オールフラッシュストレージソリューションによってバックアップが23倍1、リストアが15倍1高速化され、クラウドのコストが20分の12にまで削減されます。

データの移動を簡素化
データの移動を簡素化

RMCの新しいPeer Copy機能を使用すれば、HPE Nimble、HPE Primera、およびHPE 3PARアレイ間でのデータボリュームの双方向の複製が可能になり、ホストやハイパーバイザーに固有のツール、または高額なネットワークベースのアプライアンスを使用する必要がなくなります。

データ保護、コピーデータ管理、データ移動

クラウド向けに開発されたフラッシュ統合型のデータ保護および管理機能。

迅速、効率的、シンプル、確実。

中断のない高速のバックアップとオンラインリカバリ

  • HPE RMCは、中断なく短時間で作成できる数百個のアプリケーション整合スナップショットにより、バックアップウィンドウを最小限に抑え、迅速なオンラインリカバリを実現します。
  • これにより、アプリケーションに対するバックアップの影響が軽減され、HPE 3PARとHPE Nimbleのフラッシュ環境のパフォーマンスに対応できます。

フラッシュのスピードでワークロードを保護

  • HPE RMC Express Protectを使用すれば、フラッシュアプリケーションのSLAで求められるパフォーマンスを実現できます。 
  • バックアップサーバーソフトウェアを使用することなく、HPE 3PARとHPE NimbleからHPE StoreOnceアプライアンス (物理または仮想) にスナップショットデータをバックアップできるようになり、従来の方法と比較して、バックアップが23倍、リストアが15倍高速化されます3

シンプルかつ効率的なデータ保護

  • HPE RMCは、アプリケーションの保護に必要なバックアップアーキテクチャーを簡素化します。 
  • HPE StoreOnceの重複排除テクノロジーにより、すべてのバックアップで重複排除が行われるため、必要なバックアップストレージが最大で20分の1に削減されます4

バックアップデータの有効活用

  • HPE 3PARとHPE Nimble Storageの統合コピーデータ管理によってコピーデータの増大と手動によるデータプロビジョニングの課題が解決され、環境に影響を与えることなく、リカバリ、分析、およびアプリケーション開発用のデータに迅速かつ自動的にアクセスできるようになります。
  • RMCに搭載されているHPE Peer Copyを使用すれば、HPE 3PAR、HPE Primera、およびHPE Nimble間でのデータの移動が容易になります。 

 

アプリケーション管理型のデータ保護

  • アプリケーション統合型の保護機能により、任意のネイティブインターフェイスから直接、アプリケーション整合スナップショット、バックアップ、およびリカバリを管理できます。 
  • またHPE RMCを使用すれば、HPE 3PARとHPE Nimbleで動作する任意のアプリケーションでクラッシュ整合バックアップおよびスナップショットを作成することが可能です。

自己完結型の完全に独立したバックアップ

  • HPE StoreOnceに保存されるバックアップは、自己完結型の完全に独立したボリュームとなっています。 
  • HPE RMCを使用すれば、災害が起きたり、本番環境のストレージで物理的な問題が発生した場合に、それらのバックアップを元の、または別のHPE 3PARアレイやHPE Nimbleアレイにリストアすることが可能です。 
  • スナップショットだけでは、このレベルのデータ保護を実現することはできません。
成功事例
99X Technology社

99X Technology社がフラッシュの時代を先取りしたデータ保護を実現

ノルウェーに拠点を置く大手クラウドサービスプロバイダーの99X Technology社は、統合型のデータ保護ソリューションを実装し、1台のVMのバックアップ時間を20分の1に短縮することに成功しました。

課題

従来のストレージとバックアップシステムでは、求めていたスピード、柔軟性、および効率を得ることができなかった99X Technology社は、TCOを低減するとともに、管理を簡素化してアプリケーションのパフォーマンスを向上させ、データ保護を強化する必要がありました。

解決方法

99X Technology社は、それまで使用していたシステムをHPE 3PAR StoreServ 20850ストレージのエンタープライズオールフラッシュアレイ、HPE StoreOnce 6500 System、およびHPE Recovery Manager Centralに置き換えました。 

「現在では、非常に重要なデータの保護に注力し、さらに低価格で高品質のサービスを市場に投入できるようになりました」

99X Technology社COO、Njal Wogn-Henriksen氏

結果

99X Technology社は、1台のvSphere仮想マシン (VM) のバックアップ時間を20分の1に短縮することに成功しました。そして現在では、40~50のバックアップを同時に実行し、平均25~30分で完了させています。 

1 従来型のバックアップ環境との比較。

2 すべてを使用可能なバックアップデータと比較して重複排除率を20:1と想定。

3 HPE Recovery Manager Centralと従来型の他社製バックアップソフトウェアのバックアップパフォーマンスを比較した、2016年5月のHPEの社内テストの結果に基づく。

4 すべてを使用可能なバックアップデータと比較した場合。