HPE Nimble Storage

問題の86%を解決できる高度な予測分析フラッシュストレージです1

デモを申し込む

予測分析のメリット

アプリケーションの速度が低下すると、アプリケーションとデータの間にギャップが生じます。HPE Nimble Storageは、フラッシュストレージと予測分析を活用して99.9999%を超える可用性を実現しますが2、問題の54%はストレージに直接起因するものではないため、ストレージを高速化するだけでは十分ではありません1。 

自律型ストレージの実現

HPE InfoSightは、ストレージの管理とサポートの方法を変革することで問題を解消し、時間の無駄をなくします。1秒ごとに数百万台ものセンサーを分析し、問題を未然に防ぎます。HPE InfoSightが24時間365日インフラストラクチャを監視するため、スタッフによる監視が不要になります。

ビデオを再生

99.9999%

Nimbleのインストールベース全体で99.9999%の可用性を保証1

86%

問題の86%を自動的に予測して解決2

54%

解決される問題の54%はストレージ以外で発生2

ニーズに応じてクラウドを活用

ハイブリッドITにはさまざまなメリットがあります。HPE Cloud Volumesを活用すれば、パブリッククラウドとデータセンター間でデータを簡単に移行できます。

※HPE Cloud Volumesは、現在米国のみでの提供です。

場所を問わずあらゆるワークロードを処理可能

本番環境、セカンダリ、またはワークロードをシームレスにデータセンター内やクラウドに移行します。

パブリッククラウド向けに構築

AWS、AzureおよびクラウドネイティブAPIとのネイティブクラウド統合。効率性、安全性、エンタープライズグレード。

グローバルな可視性と自動化

データセンター向けのAIでクラウド全体を可視化して管理できます。マルチクラウド管理、オーケストレーション、自動化を簡素化します。

ストレージを超える価値

他のオールフラッシュアレイよりも多くのフラッシュストレージのテラバイトあたりのデータ有効容量を目指します。NVMeおよびストレージクラスメモリ (SCM) に対応するように設計されたHPE Nimble Storageでは、 業界をリードする有効容量に加え、将来を見据えたアーキテクチャーを提供します。

フラッシュを あらゆる場所に装備

マルチクラウド フラッシュファブリックが、マルチクラウド環境全体で簡単に利用できる単一のフラッシュアーキテクチャーを構築します。これにより、プライマリストレージ、セカンダリストレージ、パブリッククラウドでワークロードを柔軟に展開できるだけでなく、オンプレミスとオフプレミスの拠点間のデータの移行および管理が簡単に行えるようになります。

ストレージの最大容量と最高速度を確保することが可能になります

包括的なNimbleサポートサービスを活用すれば、ビジネスニーズに合わせてストレージをカスタマイズし、貴重なITリソースを解放し、運用に影響を及ぼす前に問題を解決できます。

技術概要

オールフラッシュアレイ

  • 6TB~1,106TBのraw容量
  • 3TB~815TBの使用可能容量
  • 14TB~4,075TBの有効容量 (重複排除と圧縮による5:1のデータ削減を想定)

ハイブリッドフラッシュアレイ

  • 11TB~1,260TBのraw容量
  • 7TB~1,016TBの使用可能容量
  • 34TB~5,080TBの有効容量 (圧縮による5:1のデータ削減を想定)
  • 126TB~18,288TBの有効容量 (バックアップおよびDRワークロードのために重複排除と圧縮による18:1のデータ削減を想定)

オールフラッシュアレイ: パフォーマンスが10倍に向上

オールフラッシュアレイの進化に伴って、今後12か月でパフォーマンスが10倍、密度とコスト効果が2倍になると見込まれています。こうした動向がお客様のビジネスにどのような影響を与えるのかをご確認ください。

HPE Nimble Storageの成功事例

ビデオを再生

イノベーションの足かせにならないインフラストラクチャ

HPE Nimble Storageを導入したことにより、インフラストラクチャのワークロードではなく、新たな設計や概念の実現に注力できるようになったSiemens社のエンジニアの事例をご覧ください。

SAP ERP基幹業務システムを含む全社仮想化基盤のI/O性能を10倍に向上 容量増加への迅速な対応も実現

基幹業務システムや各種業務システムを収容する全社仮想化基盤用ストレージをHPE Nimble Storageで刷新

詳細はこちら

パナソニック インフォメーションシステムズが、予測分析プラットフォームを活用し 仮想デスクトップのサービス品質を向上

HPE Nimble StorageとHPE InfoSightが99.999928%の可用性と高度な予防保守を実現

詳細はこちら

HPE Nimble Storageの担当者にお問い合わせください

予測分析フラッシュストレージがIT戦略やIT運用にもたらすメリットについて、HPE Nimble Storageのエキスパートがご説明いたします。

関連情報

ビデオ : 次世代のStoreOnce

ビデオ | 1:40

次世代のStoreOnce - ab7084a9-eefd-4a7f-b720-da65b1e2f284

:

パンフレット | application/pdf | 1739 KB

HPE Recovery Manager Central (RMC) for HPE 3PAR StoreServでスナップショットとレプリケーションのパフォーマンスにバックアップの保護とデータ保護を組み合わせる方法をご覧ください。

:

テクニカルホワイトペーパー | application/pdf | 1154 KB

常にレイテンシの低いハイパフォーマンスなストレージを実現するために、Nimble Storageオールフラッシュアレイで画期的なイノベーションがどのように活用されているのかをご覧ください。

:

ビジネスホワイトペーパー | application/pdf | 902 KB

Nimble Storageが、予測分析およびデータサイエンスをすべてのシステムのコアアーキテクチャとして使用して、99.9999%測定の可用性をどのようにた実現したかを理解します。

:

テクニカルホワイトペーパー | application/pdf | 1315 KB

HPE StoreOnce、Nimble Storage、Veeamを統合し、スナップショットとレプリケーションをシステムバックアップに利用するディザスタリカバリおよびアーカイブソリューションにより、データを保護できます。

ブログ記事 : Around the Storage Block: HPE Nimble Storageのブログ

ブログ記事

HPEコミュニティのAround the Storage Blockで、データストレージに関するあらゆる情報を入手できます。

Analyst White Paper : HPE InfoSight予測分析の経済効果の評価

Analyst White Paper | PDF | 585KB

HPE InfoSight予測分析プラットフォームにより、HPE Nimble Storageがどのように従来のアプローチから脱却してストレージの管理およびサポート方法を変革したのかをご覧ください。

:

成功事例 | application/pdf | 634 KB

Alberta-Pacific Forest Industries社は、Nimble Storageオールフラッシュクラウドプラットフォームを活用して卓越したIT環境を構築しました

:

成功事例 | application/pdf | 599 KB

SANベースのデータへのリアルタイムアクセスにより、道路や滑走路の建設工事で最大効率を維持

ビデオ : HPE Nimble Storageの概要

ビデオ | 5:58

Nimble Storageにはどのような特徴があるでしょうか。このチョークトークでは、HPEのストレージ担当者が、Nimble Storage、フラッシュアレイのポートフォリオ、InfoSight予測分析、およびセカンダリフラッシュアレイの概要を説明します。Nimble Storageはヒューレット・パッカード エンタープライズの子会社です。

HPE Nimble Storageの略歴

2008年に設立されたNimble Storageは、2017年にHPEが買収するまで、多くの革新的な予測分析フラッシュストレージテクノロジーを市場に投入してきました。当初完全所有子会社だったNimble Storageは現在、HPE Nimble StorageというブランドでHPEに完全に統合されています。