おすすめ
HPE Primera がハイエンドストレ ー ジの概念を一新
HPE Primera がハイエンドストレ ー ジの概念を一新
IDC社が「HPEは業界初のエンタープライズストレージベンダーとして関連テクノロジーを最大限に活用しており、ハイエンドストレージにおけるカスタマー・エクスペリエンスの新基準を打ち立てていく」と評価している理由をご確認ください。
IDCホワイトペーパーを読む
おすすめ
HPE Primera がハイエンドストレ ー ジの概念を一新
HPE Primera がハイエンドストレ ー ジの概念を一新
IDC社が「HPEは業界初のエンタープライズストレージベンダーとして関連テクノロジーを最大限に活用しており、ハイエンドストレージにおけるカスタマー・エクスペリエンスの新基準を打ち立てていく」と評価している理由をご確認ください。
IDCホワイトペーパーを読む
おすすめ
HPE Primera がハイエンドストレ ー ジの概念を一新
HPE Primera がハイエンドストレ ー ジの概念を一新
IDC社が「HPEは業界初のエンタープライズストレージベンダーとして関連テクノロジーを最大限に活用しており、ハイエンドストレージにおけるカスタマー・エクスペリエンスの新基準を打ち立てていく」と評価している理由をご確認ください。
IDCホワイトペーパーを読む
おすすめ
HPE Primera がハイエンドストレ ー ジの概念を一新
HPE Primera がハイエンドストレ ー ジの概念を一新
IDC社が「HPEは業界初のエンタープライズストレージベンダーとして関連テクノロジーを最大限に活用しており、ハイエンドストレージにおけるカスタマー・エクスペリエンスの新基準を打ち立てていく」と評価している理由をご確認ください。
IDCホワイトペーパーを読む

ミッションクリティカルを再定義

企業にはあらゆる処理の高速化が求められていますが、従来型のハイエンドストレージではこうしたニーズに対応できません。このため、現在だけでなく将来のあらゆるミッションクリティカルアプリケーションにも対応できる、自己管理型のインテリジェントストレージの導入が急務となっています。世界をリードするミッションクリティカルアプリケーション向けインテリジェントストレージのHPE Primeraなら、クラウドのアジリティを活用することで、妥協のないイノベーションを実現できます。実績のある耐障害性を基盤とし、HPE InfoSightのインテリジェンスを活用するHPE Primeraのストレージは、数分でセットアップが完了し、透過的にアップグレード可能で、as a Serviceとしても提供されるため、データに素早くアクセスできます。また、100%の可用性 2が保証されています。

+ もっと見る
HPE Primeraが選ばれるトップ10の理由
  • 100
    percent
    可用性を保証

    ミッションクリティカルなアプリケーションを強化

  • 93
    percent
    時間を短縮

    自律運用のオンデマンドITを実現

  • 20
    minutes
    ラックマウントから使用開始まで

    数秒でプロビジョニング

     

妥協のないイノベーション

従来のようにアジリティを犠牲にして耐障害性を得るのではなく、その両方を実現できるようになります。グローバルインテリジェンス、シンプルさ、卓越した耐障害性とパフォーマンスを備えたHPE Primeraにより、ハイエンドストレージの概念が変わります。

イノベーション
HPE Primeraがミッションクリティカルストレージのレベルを向上

HPE Primeraは、インテリジェンス、ハードウェア、ソフトウェアに関する一連の独自のイノベーションにより、業界をリードする卓越したストレージエクスペリエンスを提供します。これらのテクノロジーにより、HPE Primeraのデータへの即時アクセス、100%のデータ可用性の保証 6および常時高速かつ超低レイテンシでの運用が実現します。7

HPE Primeraがミッションクリティカルストレージのレベルを向上

HPE Primeraは、インテリジェンス、ハードウェア、ソフトウェアに関する一連の独自のイノベーションにより、業界をリードする卓越したストレージエクスペリエンスを提供します。これらのテクノロジーにより、HPE Primeraのデータへの即時アクセス、100%のデータ可用性の保証 6および常時高速かつ超低レイテンシでの運用が実現します。7

グローバルインテリジェンス
オールアクティブアーキテクチャー
サービス中心のOS
100%の可用性を保証(100% Availability Guarantee)
クラウドサービスとして利用する
グローバルインテリジェンス
グローバルインテリジェンス

HPEは、業界最先端のインフラストラクチャ向けAIであるHPE InfoSightをHPE Primeraに組み込むことにより、パフォーマンスとワークロードの配置をリアルタイムで最適化することができます。実際に、インストールベース全体のクラウドベースの機械学習をユーザーのアレイで利用できるようにすることで、リアルタイムの最適化を可能にしています。

HPE InfoSightの詳細はこちら
オールアクティブアーキテクチャー
オールアクティブアーキテクチャー

独自の大規模並列型、オールアクティブのアーキテクチャーを特長とするHPE Primeraは、オールNVMe向けに最適化されており、従来型および次世代のミッションクリティカルなアプリケーションの集約に最適です。すべてのボリュームは、すべてのコントローラー、ホストポート、メディアで常にアクティブでありチューニングは不要です。

ホワイトペーパーを読む
サービス中心のOS
サービス中心のOS

クラス独自のOSであるHPE Primera OSにより、ワンクリックでのセルフインストールとセルフアップグレードが数分で完了し、耐障害性が向上し、新たなイノベーションに迅速にアクセスできます。

ソリューション概要を読む
100%の可用性を保証(100% Availability Guarantee)
100%の可用性を保証(100% Availability Guarantee)

グローバルインテリジェンスとオールアクティブアーキテクチャーを基盤とするHPE Primeraでは、ミッションクリティカルな信頼性の基準が引き上げられ、特別な契約や有償規定なしに、100%のデータ可用性 8が標準で保証されます。

パンフレットを読む
クラウドサービスとして利用する
クラウドサービスとして利用する

HPE GreenLakeは、(SAP HANA、Oracle、SQL Serverといった) 大規模データベース、エンタープライズリソースプランニング (ERP)、トランザクション処理などのパフォーマンスの高いワークロードをサポートすると同時に、エッジからクラウドまでのデータの価値を解き放つ、Tier-0のミッションクリティカルストレージソリューションを提供します。拡張性が高く、非常にレイテンシの影響を受けやすいワークロードにも適したこのストレージは、オンプレミスまたはコロケーションデータセンターでサービスとして提供されます。

ミッションクリティカルストレージ向けHPE GreenLakeの詳細はこちら
自律運用に向けたインテリジェンスの活用

HPE Primeraの最新リリースはITにとって大きな飛躍となります。最新リリースでは、自律運用、オールNVMe、ビジネス継続性の強化、Kubernetes向けCSIドライバーおよびVMware vVolsのサポートにより、これまでにないITのアジリティの向上とアプリケーションの高速化を実現しています。

HPE Primeraソリューション

グローバルインテリジェンスを活用するハイブリッド設計のデータプラットフォームを導入すれば、データを常時稼働、常時高速、自動化、およびオンデマンドの状態に維持することができます。あらゆる処理を高速化し、ハイブリッドクラウドを可能にします。AI as-a-Serviceで隠れた有益な情報を取得でき、イノベーションを推進します。

注目のお客様導入事例
株式会社ジュピターテレコム 様のロゴ

全社仮想化基盤をHPE Synergy+HPE Primeraで刷新、ビジネスの成長を加速する柔軟なインフラを実現

国内最大手のケーブルテレビ事業者として知られるジュピターテレコムでは、各種の社内業務システムを収容する全社仮想化基盤の再構築を実施し、インフラの性能・信頼性・拡張性をさらに向上させると同時に、業務ニーズや市場の変化にも柔軟に対応できる環境を実現。システムの中核にはHPEのコンポーザブル・インフラ製品「HPE Synergy」と、高性能プライマリストレージ「HPE Primera」を新たに採用。ハイブリッド・クラウドへの発展も見据えた先進的なインフラを実現。

課題

各種の業務システムを収容する全社内仮想化基盤を再構築し、より高い性能・信頼性・拡張性を備えた先進的なインフラ環境を確立すること。

解決方法

「HPE Synergy」+「HPE Primera」による新仮想化基盤を構築。「VMware NSX®」も新たに導入し、外部クラウドサービスとのシームレスな連携を可能にしました。

ユーザーが快適に業務を行える環境を提供することが、我々に課せられた最大のミッションです。HPE SynergyとHPE Primeraを新たに導入したことで、その取り組みにも大きな弾みを付けることができました。

株式会社ジュピターテレコム 情報システム本部 ケーブルTV事業システム部 部長 清水 浩一 氏

結果

  • バッチ処理時間を従来の約1/6に短縮するなど大幅な性能向上に成功
  • サーバーラックの占有スペースを2ラックから1ラックに削減
  • 新旧データセンターをまたいだ無停止での仮想マシン移行を実現
  • 既存システム群の集約によりインフラのさらなる最適化を推進