AI主導。クラウド対応。AS A SERVICEのエクスペリエンス。

ハイブリッドクラウド環境に向けて構築されたインテリジェント ストレージでデータを最大限に活用します。エッジ、クラウド、オンプレミスを問わず、必要な場所にデータを移行できます。AIにより、自立型ITとインテリジェントなデータ管理を実現します。ビジネス方針に即し、柔軟で優れた経済性を提供します。

+ もっと見る

ビジネスに影響が生じる前に問題を解決

AIと予測分析を利用して、時間や場所を問わずにデータを利用できるようにします。クラウドに対応したインテリジェントストレージでは、各環境で正常とされる状態を学習し、問題を検知して解決することで、継続的なデータの提供を可能にします。 

問題を予測して回避

HPE InfoSightがインフラストラクチャを監視し、ビジネスに影響が生じる前に問題を予測して回避します。

予測不可能な需要急増への対応

従量制で利用するオンプレミスの容量をアクティブに管理することで、季節によって急増するニーズや、ハードウェアおよびソフトウェアの変更に対応できます。

データのリカバリ

ソース側の重複排除によってバックアップの容量とコストを20分の1に削減するとともに、パフォーマンスに影響を与えることなく迅速かつ自動的にデータにアクセスできるようにします。

クラウド間のデータ移動

運用データストアからデータを抽出し、そのデータをオンプレミスのデータセンターとクラウドの間で移動させることができます。

パフォーマンス管理

機械学習により、スタック内のあらゆる場所にあるパフォーマンスのボトルネックを特定します。

クラウド間のデータ移動

運用データストアからデータを抽出し、そのデータをオンプレミスのデータセンターとクラウドの間で移動させることができます。

パフォーマンス管理

機械学習により、スタック内のあらゆる場所にあるパフォーマンスのボトルネックを特定します。

イノベーション
HPEオールフラッシュストレージで次のステージへ
HPEオールフラッシュストレージで次のステージへ
AI主導
クラウド対応
as a Serviceのエクスペリエンス
容易な移行
妥協のないストレージ
AI主導
AI主導

インフラストラクチャ管理の負荷を軽減し、ライフサイクルを通じてデータのコンテキストを把握できるようにします。

HPE InfoSightの詳細を見る
クラウド対応
クラウド対応

シームレスなデータモビリティとパブリッククラウドへのネイティブ統合により、場所を問わずにあらゆるワークロードを実行できます。

クラウドストレージの詳細を見る
as a Serviceのエクスペリエンス
as a Serviceのエクスペリエンス

オンプレミスのサービスとして提供される従量制課金の柔軟な容量を使用して、ビジネスニーズの変化に対応できます。

従量制のIT環境の詳細を見る
容易な移行
容易な移行

EMC/IBMのストレージから3PARへの移行がコスト効率よく簡単に行えます。ソフトウェアは無償で使用できます。

動画を見る(英語)
妥協のないストレージ
妥協のないストレージ

低価格であっても、拡張性、耐障害性、保護を犠牲にすることはありません。フラッシュベースのストレージ環境におけるディザスタリカバリとデータ保護の詳細をご覧ください。

データ保護戦略を入手する

オールフラッシュ/ハイブリッドストレージソリューション

HPEのサービスとテクノロジーを併せて利用すれば、オールフラッシュ/ハイブリッドストレージアレイを最大限に活用できます。HPEバイヤーズガイドで、各種フラッシュアレイテクノロジーの違いと、フラッシュについての理解を深める際にポイントとなる主要機能の一覧をご確認ください。

お客様事例

インフラストラクチャがSiemens社のイノベーションを後押し

HPE Nimble Storageを導入したことにより、Siemens社のエンジニアはインフラストラクチャのワークロードではなく、新たな設計や概念の実現に注力できるようになりました。

課題

既存のアーキテクチャーでは、同社のデジタルファクトリ部門におけるワークロードのニーズに対応できませんでした。

解決方法

HPE Nimble StorageとHPE InfoSightにより、Siemens社がサーバーを中心にエコシステムを管理できるようにします。

1:53

「以前のアーキテクチャーでは、パフォーマンスの問題が発生すると、真っ先にバックエンドストレージに駆け付けていましたが、Nimbleを導入した今では、行く必要がほとんどありません」

Siemens社、テクニカルインフラストラクチャ主席エンジニア、Michael Landeck氏

結果

Siemens社のソフトウェアチームでは、これまで不可能だった統合の強化、テストの迅速な反復、ソフトウェア自動化環境のサポートが可能になっています。またサポートでは、初回連絡時に問題を解決しています。

動画を見る
関連するお客様事例

1HPEストレージの実証データ

2 主要なエンタープライズストレージシステムとHPE Primeraを比較したHPE社内のテスト結果に基づく

3 HPEが100%の可用性を保証

4 2019年4月時点でHPE 3PAR 8450と比較したHPE社内のテスト結果に基づく

5 従来型のバックアップ環境との比較

6 HPE XP7 100% Data Availability Guaranteeプログラム

7 HPE XP7 Compression Guaranteeプログラム

8  HPE Get 6-Nines Guarantee、HPE Nimble Storage、2017年9月

9 HPEビジネスホワイトペーパー"「システム可用性の基準を再定義」"、2017年8月

10 HPE Nimble Storageオールフラッシュアレイ向けHPE Store More Guarantee - ソリューション概要

11 IDC WW Disk Storage Systems Tracker CQ4 2016、2017年3月

12 HPE 3PAR StoreServ―顧客事例集

*最大