オールフラッシュとハイブリッドストレージ

HPEの予測分析オールフラッシュストレージは、お客様が気付く前に発生した問題を排除できる高度な機能を備えています。

HPEストレージの動画を見る(英語)

予測分析と クラウドに対応した 永続的なストレージ。

アプリケーションの速度が低下すると、アプリケーションとデータの間にギャップが生じます。HPEでは、問題を予測して回避し1、アプリケーションとデータ間のギャップを埋めることができる、業界唯一の高度なストレージを用意しています。クラウド対応のフラッシュストレージと予測分析機能により、オンプレミスとクラウド両方のデータに対する安定した高速アクセスが実現します。

予測

予測分析機能によってアプリケーションとデータ間のギャップを埋め、ビジネスに影響が及ぶ前に問題を予測して回避できます。

クラウド対応

オンプレミスとパブリッククラウド間の移行が容易な、将来を見据えたクラウド対応の環境を構築できます。

※HPE Cloud Volumesは、現在米国のみでの提供です。

永続的

資金を投入したストレージを短期間で老朽化させてはなりません。包括的なラインセンス、柔軟なコントローラーのアップグレード、99.9999%の可用性の保証、そしてさまざまな消費モデルにより、HPEストレージを永続的に使用できます。

HPE 3PAR StoreServストレージアレイ

オールフラッシュデータセンター向けに誕生

最大380万IOPSの超高速処理、およびフラッシュストレージの99.9999%の可用性と柔軟なQoSにより、ミッションクリティカルなサービスレベルを達成できます。 

HPE Nimble Storage

きわめてシンプルでクラウドに対応

フラッシュストレージと予測分析を活用して、安定した高速データアクセスを実現できます。HPE InfoSightの予測分析機能は、問題を予測して回避することで99.9999%の可用性の確実な実現をサポートし1、発生した問題の86%をお客様が気付く前に解決します2

HPE SimpliVity

非常にシンプルで スケーラブルな ハイパーコンバージドソリューション

ストレージサーバー、ハイパーバイザーおよびネットワークを1つのスケーラブルでコンパクトなデバイスに統合するパイパーコンバージェンス。HPE SimpliVityオールフラッシュソリューションの速度と効率性により、アプリケーションとデータのギャップを解消します。

フラッシュストレージ業界の調査

1,000人のストレージユーザーから得たインサイトと新事実が掲載された、フラッシュワークロードのパフォーマンスと導入に関する第三者 アナリストのレポートです。

HPEのサポートにより簡単に移行できます

簡単な方法によるHPEへの移行

データの移行には必要以上のコストがかかりがちです。HPEの3PARフェデレーションソフトウェアを使用すれば、EMC、IBMストレージから3PARストレージに高いコスト効率で簡単に移行できます。このソフトウェアは180日間無料でご使用いただけます。

フラッシュストレージの基礎知識

さまざまなフラッシュアレイテクノロジーの違いを知るとともに、フラッシュについての理解を深める際にポイントとなる主な機能のリストを入手できます。

妥協することなくフラッシュへと移行

低価格であっても、拡張性、耐障害性、保護を犠牲にすることはありません。フラッシュベースのストレージ環境におけるディザスタリカバリとデータ保護の詳細をご覧ください。

問題を予測して回避

HPE InfoSightは、ビジネスに影響が及ぶ前に問題を予測して回避することで、インフラストラクチャを監視します。

HPEフラッシュストレージで次へと進むお客様

ビデオを再生
1:55
HPEとLayerX Groupの3PAR All Flashに関するビデオ
LayerX Groupロゴ

HPE 3PAR StoreServ: オールフラッシュで 限界を突破。

LayerX Group、Nuance Communications、およびSOCANが、データストレージの性能を最大限に高めるためにHPE 3PAR All Flashを導入しました。

Sony社がフラッシュを使用して境界を突破

Sony Network Entertainment社では、PlayStation® 4が大きな成功を収め、規模が拡大していたことから、データストレージのスペースとパフォーマンスが不足し始めていました。それを解決したのが、HPE 3PAR StoreServです。

動画を見る(英語)

ウィスコンシン州が計画外のダウンタイムを排除

予測分析ストレージとアレイ間の複製は、ウィスコンシン州司法省における常時稼働のストレージの実現に貢献しています。

動画を見る(英語)

Riverside Healthcareが重要な医療画像へのアクセスを高速化

RiversideはX線写真アーカイブの応答性を改善し、コアアプリケーションの性能と可用性を高水準で安定化させることに成功しました。
お客様事例を読む(英語)

DreamWorks Animation社が創造性を開放

475TBものデータを使用する「カンフー・パンダ3」のような映画の制作ワークフローでは、ストレージがきわめて重要な役割を果たしています。DreamWorks社はHPE 3PAR All Flashストレージを使用して、制作中の映画データ資産への迅速なオンラインアクセスを実現しています。

お客様事例を読む(英語)
Asahi

アサヒグループの共通基盤にオールフラッシュストレージを採用、5年間のTCOを63%削減

HPE 3PAR StoreServオールフラッシュアレイを採用し 消費電力を1/36に削減、データセンターコストも半減

Daihatsu

ダイハツ工業がオールフラッシュストレージを採用し新たな成長戦略を加速

HPE 3PAR StoreServとHPE StoreOnceを結ぶフラットバックアップでデータ保護も強化

倉敷中央病院

倉敷中央病院が共同利用型画像サービス基盤を構築し地域医療機関の連携を推進

サービス基盤の中核にHPE 3PAR StoreServを採用し PACS画像データの統合管理と災害対策を実現

オールフラッシュストレージ導入の4つの効果

処理スピードが高速になるという効果に加えて、ソフトウェアライセンスコスト削減、ストレージ専有スペース削減、基幹システムのバッチ処理時間の短縮、TCOの改善、業績アップへの貢献など、4つの効果について事例を交えて紹介します。

オールフラッシュストレージ製品比較の要点

基幹系システムをオールフラッシュストレージで稼働させる企業が製品比較で重視するポイントについて事例をもとに解説します。IOPS性能や省電力性や省スペース性などのスペック以外に製品選定において重視すべき項目を紹介します。

ビッグデータ活用におけるストレージの要件とは

ビッグデータはすでに現実に。調査によると増え続けるデータ流通量は9.3倍と大幅に増加しています。ビッグデータ活用に適したストレージ製品の機能要件について解説します。

IoTを上手に実現するためのストレージ基盤構築

IoT導入は加速。2020年にIoTデバイス数は300億個を超えると予測されています。IoT活用において、データを「貯める領域」としての要件が重視されますが、将来は「使う領域」としての機能が重要になります。

ランサムウェア対策のための正しいバックアップ方法

ランサムウェアは、企業や公共団体をターゲットにしています。対策には定期的なデータバックアップが重要ですが、巧妙なランサムウェアには通用しないケースもあります。対策に効果的なバックアップ方法について解説します。

オールフラッシュ、ハイブリッドストレージの専門家によるサポート

HPEのエキスパートがお客様の疑問を解消し、ストレージインフラストラクチャの変革を開始するサポートをします。

関連情報

アナリストレポート : 汎用ディスクアレイに関するGartnerマジッククアドラント(英語)

汎用ディスクアレイに関するGartnerクアドラント
アナリストレポート

汎用ディスクアレイに関するGartnerマジッククアドラントを参照すれば、この市場でリーダーに位置付けられるHPEストレージアレイのポートフォリオの詳細を知ることができます。

Analyst White Paper : ソリッドステートアレイに関するGartnerマジッククアドラント(英語)

Gartner Magic Quadrant ソリッドステートアレイ
Analyst White Paper

ソリッドステートアレイ市場の現状、将来の展望、および各ベンダーの評価について考察し、HPEを市場のリーダーに選定した、2017年7月のGartner Magic Quadrantのレポートをご覧ください。

インフォグラフィック : HPEストレージに関する事実

HPEストレージに関する事実
インフォグラフィック

HPEストレージに関する事実

ホワイトペーパー : 99.9999%の可用性の基準を打ち立てたNimble Storage

Resources_8_Nimble-sets-six
ホワイトペーパー | PDF | 1.05MB

99.9999%の可用性の基準を打ち立てたNimble Storage

テクニカルホワイトペーパー : フラッシュを内蔵するHPE MSAストレージでデータベースのワークロードを高速化

フラッシュを内蔵するHPE MSAストレージでデータベースのワークロードを高速化
テクニカルホワイトペーパー

フラッシュを内蔵するHPE MSAストレージでデータベースのワークロードを高速化

FAQ : オールフラッシュデータセンターへの移行に向けた準備態勢は万全ですか。

Nimble Storage All Flash Array Readiness Quiz
FAQ | チェック

オールフラッシュデータセンターへの移行に向けた準備態勢は万全ですか。

ビデオ : HPE 3PAR Flash Now: オールフラッシュデータセンターへの移行を促進

ビデオを再生
HPE 3PAR Flash Now: オールフラッシュデータセンターへの移行を促進
ビデオ | 4:22

HPE 3PAR Flash Now: オールフラッシュデータセンターへの移行を促進

ブログ記事 : Around the Storage Block: データストレージのすべてを理解できるHPEのブログサイト

Around the Storage Block: データストレージのすべてを理解できるHPEのブログサイト
ブログ記事

Around the Storage Block: データストレージのすべてを理解できるHPEのブログサイト

ビデオ : HPE NinjaProtected + バックアップアセスメント

ビデオを再生
ビデオ | 5:10

HPE NinjaProtected + バックアップアセスメント

ブログ記事 : Nimble Storage社と共同開発したHPE CA700コンバージドアーキテクチャー

HPEコンバージドアーキテクチャーとNimble Storage (ブログ)
ブログ記事

Nimble Storage社と共同開発したHPE CA700コンバージドアーキテクチャー

インフォグラフィック : HPE InfoSightの詳細はこちら

機械学習に関するNimble StorageのLab調査報告書
インフォグラフィック

機械学習に基づく予測分析によるアプリケーションアップタイムの向上:

ビデオ : HPE StoreFabric SN3600B FCスイッチ

ビデオを再生
HPE StoreFabric SN3600B FCスイッチ
ビデオ | 2:16

HPE StoreFabric SN3600B FCスイッチ

インテル® Xeon® プロセッサー搭載

Intel Inside® 飛躍的な生産性を
Intel、インテル、Intel ロゴ、Xeon、Xeon Inside は、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation の商標です。