オールフラッシュ/ハイブリッドストレージソリューション

ワークロードに最適化されたフラッシュおよびハイブリッドストレージインフラストラクチャにより、エッジからクラウドまでのデータを充実させることができます。

HPE Alletra Storage スーパーセール

HPEの旧モデル製品からの置き換えに、他社製品からの置き換えに、HPE Alletra 6000/5000を期間限定の特別価格でご提供します。ぜひご活用ください。

HPEまるごと情報局          

HPE製品やサービスの各種資料、便利なツールなどは、こちらでインデックス形式で探しやすく・わかりやすくまとめて掲載しております。ぜひご活用ください。

データ中心環境の課題に対応

クラウド運用のアジリティを活用して、エッジからクラウドまでのデータの可能性を最大限に引き出すことができます。as a serviceで利用できるクラウドネイティブなデータインフラストラクチャを使用すれば、すべてのアプリケーションの強化、データ管理の効率化、およびサイロと複雑さの解消を容易に実現できます。

AIを有効活用

当て推量を排除し、アプリケーションのパフォーマンスを向上させ、リソース稼働率を最適化し、脅威と脆弱性を検知し、エッジからクラウドまでデータが必要とされる場所でデータをモバイル対応にする、AI主導のインテリジェンスにより、パフォーマンスと自動化が向上します。

クラウドネイティブ運用への移行

サイロ化されたオンプレミスの管理ソフトウェアから解放します。その結果、データがどこにあってもクラウド運用のエクスペリエンスを活用できるため、SaaSベースのコントロールでデータとインフラストラクチャをクラウドからネイティブに管理し、自動化された適切な管理が容易になります。

あらゆる場所で、ITasSを消費

アジャイルなトランスフォーメーションを達成し、シームレスな自動化とクラウドのような消費を実現する、as a serviceのエクスペリエンスとともに、すべてのインフラストラクチャにわたって劇的なコスト節減を推進します。

お客様導入事例
滝川市様のロゴ

行政DXを牽引する、先進情報インフラを確立

北海道 滝川市が、統合システム仮想化基盤にHPE Alletraを採用、大幅な性能向上と運用効率化に成功。

課題

今後の行政DXを下支えする、先進的なインフラ環境の実現

解決方法

統合仮想化基盤のストレージとして「HPE Alletra」を採用

“統合仮想化基盤にHPE Alletraを導入したことで、SBCのレスポンス向上や運用管理の効率化など、数々のメリットを得ることができました。性能や容量にも余裕が生まれましたので、今後のDX推進を支えるインフラとして、積極的に活用していきたいと思います”

滝川市 総務部 総務課 デジタル推進室 室長 安田 健二 氏

結果

  • 3つに分かれていた仮想化基盤の集約・統合を実現
  • SBCのレスポンス向上と運用管理負荷軽減に成功
  • 圧縮・重複排除機能によりストレージ容量を260%削減