データサービスでクラウドの俊敏性を実現

クラウドデータサービスの革新的なスイートでデータ管理を最新化できます。クラウドの運用エクスペリエンスを実現するHPE GreenLake for Storageにより、エッジ、コア、クラウドにわたってアプリケーションとデータを簡単に強化できます。

画像をタップして拡大する
エッジからクラウドまでのデータ保護を最新化

エッジからクラウドまでのデータ保護を最新化

ハイブリッドクラウド全体でデータの常時稼働および常時保護を実現できます。Zerto (Hewlett Packard Enterpriseの子会社) による業界最高水準のランサムウェア対策とディザスタリカバリ、およびSaaSベースのバックアップとアーカイブが付属しているdata protection as a serviceを利用できます。

※ HPE Backup and Recovery Service:日本での提供開始に向けて準備中です。

HPE データマネジメントフォーラム 2022

【開催日時】2022年10月13日(木) 15:00~16:40

マーケットトレンドの最新事例、テクノロジー最前線の情報をグローバルの製品責任者の講演を通じてご紹介いたします。HPE製品の利用を通じて ITやデータ基盤が提供する価値とは何か、と言う観点から、弊社ユーザー様のご講演をいただきます。

プログラム
15:00~

開会のご挨拶

(日本ヒューレット・パッカード合同会社 執行役員 コアプラットフォーム事業統括 本田 昌和 )

15:05~

DX時代のデータマネージメントとは ~HPEが考えるこれからのストレージ基盤~

(Hewlett Packard Enterprise Vice President and General Manager HPE Storage Business Unit Sandeep Singh)★同時通訳セッション

15:30~

お客様事例 - 鉄道情報システム株式会社 様

(鉄道情報システム株式会社 中央システムセンター DC事業課 技師 加茂 宏一 様)

15:55~

休憩

16:05~

HPEが提供するSTaaSとクラウドマネージドストレージ解説

ストレージ導入はCAPEXからOPEXへ。クラウド管理とは?

(日本ヒューレット・パッカード合同会社 プリセールスエンジニアリング統括本部 ストレージ技術部 担当部長 江川 学)

16:35~

閉会のご挨拶

(日本ヒューレット・パッカード合同会社 コアプラットフォーム事業統括 ストレージ製品本部 本部長 尹 成大)

お客様導入事例
株式会社モンテール 様のロゴ

市場環境変化への即応に向けレガシーモダナイゼーションを断行

チルドスイーツの製造・販売を手掛けるモンテールが、HPE Alletraを新たに採用し、フルクラウド運用に対応した最先端基幹業務システムを実現。

課題

旧態化したレガシーシステムからの脱却

解決方法

新基幹業務システムにフルクラウド運用に対応した高性能ストレージを採用

”課題であったレガシーシステムからの脱却を実現できたことは、当社にとって非常に大きな成果です。今回導入した「HPE Alletra」と「Data Services Cloud Console」も、大量トランザクションの高速処理や運用効率化に貢献してくれています”

株式会社モンテール 総務部 情報システム課 マネージャー 大山 英治 氏

結果

  • 大量のトランザクションを短時間で処理できる高性能ストレージ基盤を実現
  • ストレージ/サーバー/仮想マシンを含めたフルクラウド運用を実現
  • 市場環境変化や新たなユーザーニーズにもスピーディな対応が可能に