HPE Digital Identity: 相互接続環境をサポート

デジタルアイデンティティ管理機能を収益化して、新たなビジネスモデルを創出します。アイデンティティ認証のあらゆるユースケースに対応できるセキュアで柔軟な機能を含む、新しい魅力ある一貫したカスタマー・エクスペリエンスを構築します。

+ もっと見る
ビデオ: eSIMのビジネス機会: デバイスのアクティブ化操作を簡素化(英語)
eSIMを最大限に活用

eSIMはサブスクリプションを簡素化し、組織がユーザーに必要なタイミングと場所で必要なコネクティビティを提供できるようにするものです。HPE CMS Digital Identityプラットフォームは、組織にとって使いやすいソリューションを提供し、通信事業者に対するブランドロイヤルティを高めます。

デジタルアイデンティティの同期と収益化

コンシューマーが利用するコネクテッドデバイスが増える中、セキュアなデジタルアイデンティティはビジネス機会であるだけでなく、必須条件になりつつあります。デバイス、サービス、接続方法を問わず、サブスクライバーのデジタルアイデンティティをシームレスに管理する必要があります。HPE Digital Identityなら、そうしたニーズに対応できます。

デジタルアイデンティティを利用したデジタルペルソナの構築

サービスプロバイダーはさまざまな手法を使ってユーザーを認証し、サービス利用資格を与えています。クラウドベースのサービス、5GやIoTの影響により、アイデンティティ管理ソリューションの範囲やアーキテクチャーを再設計するニーズが増大しています。

デジタルエコシステムソリューション

オープン標準、仮想化、および自動化を活用して、新たなビデオサービスの市場投入までの時間を短縮します。NFVインフラストラクチャからサービスの創出と運用に至るまで、デジタルサービスプロバイダーとなるための全過程を通じてHPEがサポートします。

+ もっと見る
HPE Media Workflow Master 3

デジタルTV業界では、ITベースの運用とインターネットベースのビジネスへの移行、クラウドサービス機能の導入など、大規模な変革が進められています。HPE Media Workflow Master 3は、複雑なメディア関連のワークフローを実行している企業が、デジタル制作における課題に迅速に対応できるようサポートします。

HPE Telecom Application Server

最新のプラットフォームを活用して、無限のイノベーションを実現します。オープン設計、キャリアグレードのアーキテクチャー、仮想化による拡張性、柔軟な価格設定により、サービスプロバイダーとそのパートナーは、現在および将来に向けて差別化された幅広いアプリケーションポートフォリオを提供できます。