オープンなクラウドネイティブソリューションでイノベーションを推進

少し前にオンプレミスからクラウドへと移行したワークロードを、近年は複数のクラウド、データセンター、エッジへと分散するようになってきています。ネットワークトラフィックが急増し、変化のスピードが日に日に増すなか、通信事業者には、データを効果的に活用してデジタルファーストの顧客に対応するための、エンドツーエンドの接続性の強化が求められています。

+ もっと見る

5Gエコノミーに変革をもたらすHPEのソリューション

HPEのオープンソリューションは、企業のエッジ環境、通信事業者のネットワーク、そして複数クラウドにまで及びます。HPEはパートナー企業のエコシステムと協業して、通信事業者が運用を自動化し、効率を上げ、ビジネスを変革するお手伝いをします。HPEは以下を支援します。

  • 5Gとエッジを活用して革新的なサービスを立ち上げ、新たな収益源を創出する
  • 拡張性のある最適化されたインフラストラクチャを基盤に、マルチベンダーのオープンソリューションを通してネットワークを細分化することで、企業のアジリティとイノベーションを促進する
  • 新規市場への参入リスクを軽減できる従量制モデルでコストに見合う利益を確保する
  • AI/MLに基づく自動化により、オペレーションの複雑さを排除する
  • セキュリティ、信頼性、プライバシーを強化し、顧客維持率を向上させる
  • ハイパースケーラーやアプリケーションベンダーと協業して、エッジから新しいワークロードを複数のクラウドに移行する
5Gの価値を最大限に引き出す

既存の3G、4G、そして今後導入される可能性のあるWi-Fi 6 RANと共存できる形で、新しい5Gサービスを導入できます。業界標準のインフラストラクチャやさまざまなクラウド上に展開した、クラウドネイティブかつオープンなモジュラーネットワークコアに移行することで、ベンダーロックインを回避します。

Open RANを活用する

オープンな分散型インフラストラクチャ管理、標準に準拠したインフラストラクチャ、事前検証済みの通信事業者向けに最適化された設計で、運用の複雑さを緩和して、利益を創出するまでの期間を縮めます。RANの仮想化によりアクセスネットワーク全体の効率を向上させ、ハードウェアとソフトウェアを分離して柔軟性を高めることでインフラストラクチャを簡素化します。

通信事業者のエッジで新たな収益を生み出す

ニーズに応える魅力的なサービスをWi-Fi 6、5G、既存ネットワークにシームレスに展開することにより、顧客を取り込むことができます。アプリケーションとコンテンツに対する予測不可能な需要に合わせて素早くスケーリングできるだけでなく、サービス品質のオーケストレーション、保証、最適化の自動化も実現します。

HPEの5G Core Stack as a serviceをHPE GreenLakeと組み合わせる

5Gサービスでコストに見合う利益が得られます。HPE GreenLakeが提供する最新のクラウドエクスペリエンスをご覧ください。

クラウドネイティブなオープンネットワークでイノベーションを推進

  • 120
    展開に要する時間を短縮

    オペレーション、ネットワーク、サービスを自動化します。1

  • 25
    TCOを短縮

    今後に備えるオープンRANでコストとリスクを削減します。2

  • 10
    より動的に

    サービス、機能、ネットワークレベルを制限なしに拡張できます。3

通信事業者向けソリューション

統合済みのオープンなマルチベンダー ソリューションで、アジャイルかつ競争力の高い、5G対応のデジタルサービスプロバイダーへと進化できます。

+ もっと見る

HPEの通信事業者向けコアソリューション

3G/4Gと比べてセキュリティが強化され、機能が進化を遂げた5Gは、新たなサービスの迅速な創出を可能にします。この5Gの価値を最大限に発揮させるオープンなネットワークコアソリューションが、HPEの通信事業者向けコアソリュ-ションです。HPEの5G Core Stackは、クラウドネイティブでオープン、さらにWebスケールのスピード、柔軟性、耐障害性を確保したサービスを目指して、基礎から設計されました。HPE GreenLakeとの協業でas a serviceとして提供するという独自の特徴を持っています。

  • マルチベンダーのNF、RedHat社の検証済みPaaS、キャリアグレードのインフラストラクチャをすべて事前統合することで、リスクと複雑さを低減
  • 5Gとそれよりも前の世代のネットワーク、さらには複数ベンダーのあらゆるネットワーク機能にまたがる共有データ環境を構築します
  • 拡張性のあるサブスクライバ―データ管理ポリシーと課金制御が特徴です
  • エンドツーエンドのインテントベースのオーケストレーションと自動化を軸に、AI/MLを通して運用コストを削減し、複雑さを緩和
  • ネットワークスライシングに必要な、複数の論理ネットワークを同一のインフラストラクチャ上でサポートする、真の5G SAコア
  • HPE GreenLakeと協業し、スタック全体に対するユーザー単位の従量課金制でサービスを提供
  • 通信事業者向けCore Blueprintは、5G Core向けに調整された安全なキャリアグレードのプラットフォームを提供します。高いスループット、高いコア密度、少ない遅延時間を実現します。
5Gソリューションの詳細はこちら

HPEカスタマーソリューションスタック

HPEが提供するエッジ向けプラットフォームを活用することで、通信事業者は包括的なカスタマーソリューションスタックをエッジに構築し、さまざまなワークロードを通じて革新的なサービス機会を追求できます。

HPEは基地局にもセントラルオフィスにも、顧客のオンプレミスでエッジ向けに最適化されたインフラストラクチャ上に、as a serviceの基本的かつ包括的なソリューションを展開します。

  • ワークロードのオーケストレーション: HPE Edge Orchestratorを使用すると、大企業の顧客もアプリストアからワンクリックで展開が可能です。
  • 企業の接続性: Aruba社のEdgeConnect SD-WANエッジプラットフォーム (Silver Peak) は、物理および仮想アプライアンス、SD-Branch、管理されたWi-Fi、サービスとしてのネットワーク (NaaS) を提供します。
  • ID管理: HPE Digital IdentityおよびAruba Air Pass Cellular Wi-Fiローミングサービスで、顧客、従業員、そしてSIMベースのデバイスとWi-Fiベースのデバイスの権限とエンタイトルメントを管理します。
  • 配信ビデオ管理: 収益化と資産管理を支援します。
  • ビジュアルリモートガイダンス: エンジニアを導くARソリューションです。
  • メディアサービス: 拡張性のあるオンデマンドビデオ、音声、付加価値の高いサービスを実現します。
  • AI/MLとコンテナの管理: HPE ML OpsとHPE Ezmeral Container Platformで管理します。
ソリューションの詳細はこちら