運用サポートシステムに関するGartnerマジッククアドラント

  • アナリストレポート (英語版のみ)

概要

Gartner社は、2018年2月のレポートでHPEを運用サポートシステムに関するマジッククアドラントのリーダーに位置付けました。

HPEが運用サポートシステムのリーダーに位置付けられた理由をご確認ください。

これについて、Gartner社は次のように述べています。「この市場のリーダーは市場で強力な存在感を示すとともに、その大部分が全世界でかなりの市場シェアを有しています。このマジッククアドラントに登場する主要ベンダーはいずれも、包括的なOSSソリューションを有しており、以下のようなパートナーが必要だったとしてもリーダーであり続けると思われます。

  • 包括的な事前統合型のモジュール化されたOSSスイートを提供している。
  • BSS、サービスデリバリプラットフォーム (SDP)、CRM、分析といった周辺市場に進出している。
  • ...

Gartner社は、2018年2月のレポートでHPEを運用サポートシステムに関するマジッククアドラントのリーダーに位置付けました。

HPEが運用サポートシステムのリーダーに位置付けられた理由をご確認ください。

これについて、Gartner社は次のように述べています。「この市場のリーダーは市場で強力な存在感を示すとともに、その大部分が全世界でかなりの市場シェアを有しています。このマジッククアドラントに登場する主要ベンダーはいずれも、包括的なOSSソリューションを有しており、以下のようなパートナーが必要だったとしてもリーダーであり続けると思われます。

  • 包括的な事前統合型のモジュール化されたOSSスイートを提供している。
  • BSS、サービスデリバリプラットフォーム (SDP)、CRM、分析といった周辺市場に進出している。
  • 既存のレガシーOSSのモダナイゼーションイニシアチブのサポートだけでなく、CSPがハイブリッドの物理および仮想ネットワークテクノロジーに対応した新しいOSSオーケストレーションソリューションへと移行できるようにするためのサポートの両方を提供している。こうしたサポートは、従来のCSPからデジタルサービスプロバイダーへと広がりつつあるトランスフォーメーションイニシアチブを推進できるようにするうえできわめて重要です。」

リーダーは、現在の製品とサービスのポートフォリオ、および自社の戦略に関して高い評価を受けており、現在と将来の要件を見込んだ明快なビジョンを掲げています。また、ビジネスモデルや成熟度によっては、あらゆるタイプのCSPに最適なソリューションを提供していない場合もありますが、確かな実行能力を有し、高品質でリスクの低い、最善の組み合わせの環境を構築してそれを維持することが可能です。

今すぐ登録フォームに必要事項をご記入のうえ、レポートをご覧ください。

Gartner社は、2018年2月のレポートでHPEを運用サポートシステムに関するマジッククアドラントのリーダーに位置付けました。HPEがリーダーに位置付けられた理由と業界がどのように進化しているのかをご確認ください。

『運用サポートシステムに関するGartnerマジッククアドラント』をダウンロード
 
  • 市場の定義/説明
  • 市場の進化
  • マジッククアドラント
  • 選定および除外基準
  • 評価基準
  • 背景
  • 市場の概要
  • 評価基準の定義
Loading information, please wait
運用サポートシステムに関するGartnerマジッククアドラント、Martina Kurth、Amresh Nandan著、2018年2月22日。Gartnerは、自社の調査発表の出版物に掲載された特定のベンダー、製品、またはサービスを推奨することはなく、最高の評価もしくはその他の指定を受けたベンダーのみを選択するようテクノロジーの利用者に勧めることもありません。Gartnerの調査出版物は、Gartnerの調査組織の見解を表したものであり、事実の記載と解釈されるべきものではありません。Gartnerは、明示的または暗示的を問わず、本調査の商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行いません。