循環型経済がもたらすグローバルな機会

今日では数十億ものデバイスがオンラインで稼働しており、増え続けるデバイスが、企業が成長を目指すにあたりリソースの制約に直面する原因となっています。今こそIT製品のライフサイクル全体にわたって、リソースの非効率性を排除する好機です。HPEはお客様が持続可能なITプラクティスを導入し、予算を最大限に活用するためのサポートを提供しています。

+ もっと見る
  • 80%

    製品が環境に及ぼす影響のうち設計段階で決まる割合%20%3Ca%20href%3D%22https%3A%2F%2Fec.europa.eu%2Fjrc%2Fen%2Fresearch-topic%2Fsustainable-product-policy%23%3A%7E%3Atext%3DIt%2520is%2520estimated%2520that%2520over%2Cthroughout%2520their%2520entire%2520life%2520cycle%22%20target%3D%22_blank%22%20data-analytics-region-id%3D%22footnote_tip%7Clink_click%22%3Ehttps%3A%2F%2Fec.europa.eu%2Fjrc%2Fen%2Fresearch-topic%2Fsustainable-product-policy%23%3A%7E%3Atext%3DIt%2520is%2520estimated%2520that%2520over%2Cthroughout%2520their%2520entire%2520life%2520cycle%3C%2Fa%3E%20%20

     

  • 30%

    大規模データセンターのサーバーのうち使用されていない割合。年間300億ドルの無駄が発生%20%3Ca%20href%3D%22https%3A%2F%2Fwww.anthesisgroup.com%2Freport-zombie-and-comatose-servers-redux-jon-taylor-and-jonathan-koomey%2F%22%20target%3D%22_blank%22%20data-analytics-region-id%3D%22footnote_tip%7Clink_click%22%3Ehttps%3A%2F%2Fwww.anthesisgroup.com%2Freport-zombie-and-comatose-servers-redux-jon-taylor-and-jonathan-koomey%2F%3C%2Fa%3E%26nbsp%3B%20

  • 145M

    2018年以降にHPEのTRCで処理されたIT機器の重量 (ポンド)

画像をタップして拡大する

効率的な製品設計を活用

HPEは製品設計に包括的なアプローチを取り入れて、使用する原材料を減らし、製品の消費電力を低減し、廃棄物を最小限に抑制することで、お客様のTCOを削減し、循環型経済の推進に貢献しています。

効率的なITでビジネス目標を達成(英語)
画像をタップして拡大する

新しいビジネスモデルを導入

ITaaSは、最先端のテクノロジーや資産ライフサイクル管理サービスの利用を可能にします。HPE GreenLakeを利用すれば、使用した分の料金しか発生せず、余分な資産に投資することなく必要なときに必要な容量を確保できます。

HPE GreenLakeの詳細を見る
持続可能なITの詳細を見る
画像をタップして拡大する

資産の寿命を向上

循環型経済における重要な原則の1つとして、資産をより長期間使用することで、新たな原材料の消費を減らし、電子廃棄物の発生を最小限に抑えることが挙げられます。HPE資産リサイクルサービスは、使用済み資産から最大限の価値を引き出し、他のイノベーションプロジェクトに振り向ける資金をお客様に提供します。

成功事例
Accenture社のロゴ

循環経済を活用するAccenture社

Accenture社は、目標達成に向けてIT資産廃棄 (ITAD) プロセスを改善し、サプライチェーンの透明性と効率を向上させる必要があり、循環経済がその解決策になると考えました。

課題

Accenture社は、保管トラッキングチェーン、安全な資産廃棄、再生/リサイクル済み資産に関するレポートを充実したいと考えていました。

解決方法

Accenture社は循環経済の取り組みを加速させ、収益および再販の機会を最適化するのに役立つ新たな廃棄管理計画を実行しました。

「資産アップサイクルサービスにより、資産の耐用年数を延ばすことができます。これはサステナビリティの目標を達成するうえで、非常に重要となります。」

Accenture社、戦略的イニシアチブリーダー、CIOプラットフォーム管理担当、Renee Cordova Lottes氏

結果

同社は、CO2の排出量を197トン削減し、817MWh分のエネルギーを節約するとともに、5.5トンの埋め立てごみを再生させるなどの廃棄物削減を実現しました。