5Gエコノミーにはアジリティと柔軟性が必要

新たなデジタルエクスペリエンスに伴うデータの爆発的増加は、通信事業者にとってチャンスであると同時に課題でもあります。ネットワークトラフィックの急増にもかかわらず、業界売上は横ばいで推移しています。通信事業者は、5GとWi-Fi 6における進化、エッジへの移行、およびクラウドエクスペリエンス/運用モデルのメリットを活用し、エンドツーエンドの接続性を強みとして、新たな収益源を創出する必要があります。

as a serviceの形で提供されるセキュアかつスケーラブルな通信事業者向けソリューション

従来のアプライアンスベースのアプローチでは、通信事業者が新たなデジタルエコノミーを勝ち抜くために必要な、可用性、セキュリティ、および拡張性を提供できません。HPEは独自の強みとして、エンタープライズ向けと通信事業者向けの広範なソリューションを提供しており、エンタープライズエッジから通信事業者ネットワーク、さらにはマルチクラウド環境までサポート可能です。通信事業者が変革を実現して、5G、エッジ、およびクラウドの可能性を引き出せるよう、HPEが (パートナーのエコシステムを含む) エッジからクラウドまでのオープンなソリューションを統合し、HPE GreenLake Edge-to-Cloudプラットフォームを通じて自動化されたas a serviceのデリバリの形で提供します。

5Gを介して広範なサービスを提供

クラウドの経済性はビジネスの将来性を高めます。通信事業者は特定ベンダーに縛られることなく、また多額の先行投資を行うことなく、コアからエッジ、さらにはクラウドに至るまで、可用性、安全性、および拡張性に優れたシステムを構築できます。また事前統合されたスタックとブループリントにより、リスクが軽減され、迅速な価値実現が可能になります。

HPE GreenLakeプラットフォームサービスを活用

HPE GreenLakeプラットフォームは、通信事業者を介して提供し、エンタープライズ市場とコンシューマー市場の両方に対応できる、自動化されたエッジクラウドソリューションをサポートします。通信事業者は、5Gスライシングなどのネットワーク機能を活用してさまざまなセキュアエッジクラウドのあらゆるエンタープライズワークロードを統合できます。

ゲーミングやリモートビデオ機能を実現

新しい5Gサービスを (加入者の増加に対応するための設備投資やコストを必要とすることなく) 迅速に市場投入するとともに、現行の3G/4Gや拡大が予想される新しいWi-Fi 6 RAN環境と共存させることができます。真にクラウドネイティブな設計により、サービス、機能、およびネットワークレベルで制約のない拡張性が提供されます。

ソリューション

急速に進化する顧客ニーズに対応するためには、大規模環境での実績があるオープンかつクラウドネイティブなテクノロジーが欠かせません。HPE GreenLakeが提供するフレキシブルでセキュアなソリューションは、通信事業者が5Gサービスをより迅速に展開することを可能にし、既存のネットワークインフラストラクチャとの統合も容易です。

HPEカスタマーソリューションスタック

HPEが提供するエッジ向けプラットフォームを活用することで、通信事業者は包括的なカスタマーソリューションスタックをエッジに構築し、さまざまなワークロードを通じて革新的なサービス機会を追求できます。HPE Edge Orchestratorによりアプリストアを介したワンクリック展開も可能になります。

HPE 5G Core Stack

HPE GreenLakeプラットフォームは5Gネットワークをサポートし、通信事業者向けクラウドにアジャイルなクラウドサービスを提供することが可能です。クラウドネイティブ、オープン、かつセキュアであることを重視してゼロから設計されたHPE 5G Core Stackを活用することで、Webスケールのスピード、柔軟性、および耐障害性を実現できます。

HPE GreenLakeを導入した通信業界のお客様事例

お客様がどのようにHPE GreenLakeプラットフォームを活用してビジネス成果を向上させているのかについて、以下のお客様事例で詳細をご確認ください。

「HPE GreenLakeを利用することで、当社はパブリッククラウドの数分の一のコストで、オンプレミスハードウェアの柔軟性を実現できました」
Jarkko Kytömäki氏
Nokia Software社、vLabインフラストラクチャ担当マネージャー

Nokia Software社が従量制のIT環境によって実現したクラウドのアジリティとコスト効率 - お客様事例

Nokia Software社は、HPE GreenLakeクラウドサービスにオールフラッシュのHPE 3PARストレージとHPEブレードをベースとするPrivate Cloud as a serviceを組み合わせて5Gソフトウェアの開発を加速させ、パフォーマンスを最大限まで高めるとともにCAPEXを削減することに成功しました。

  • 課題: 急増するソフトウェア開発/テスト需要に対応するために、アジリティと効率性を向上。
  • ソリューション: HPE GreenLakeを導入し、高密度の効率的なHPE 3PARオールフラッシュストレージでPrivate Cloud as a serviceを構築。
  • 成果: Nokia Software社の取り組みは、パフォーマンスの大幅な向上と設備投資の抑制に加えて、環境負荷の軽減にも役立っています。
「HPE GreenLakeを通じて提供されるHPE Apollo 4000システムとScality RINGの組み合わせにより、サービスとしてのバックアップの弾力性と安全性が向上しました」
Viktor Safronov氏
Lake社、最高執行責任者、Daniele Palazzo氏

LAKE Solutions社、データストレージの活用によりアジャイルなバックアップをサービスとして提供

LAKE社は、クラウドのアジリティと優れた経済性で予測不可能な顧客の需要に対応する、HPE GreenLakeプラットフォームをベースとする信頼性、安全性、および拡張性に優れたバックアップソリューションの提供をHPEとパートナー企業のScalityに依頼しました。

  • 課題: サービスとして提供しているバックアップの柔軟性と経済性を改善し、予測不可能な顧客ニーズに対応。
  • ソリューション: HPE GreenLakeを通じて従量制のas a serviceモデルで提供されるHPE Apollo 4000システム上にScality RINGクラウドを展開。
  • 成果: 顧客データを法規制に従って安全に保管するとともに、フレキシブルなプラットフォームにより、使用量に見合ったコストで新規サービスを提供できるようになりました。

注目のリソース