ネットワークセキュリティ

ネットワークセキュリティとは

ネットワークセキュリティは、侵入検知、予防的リソース、管理テクノロジーによる管理を通じて、コンピューターネットワーク、またはネットワークにアクセス可能な資産を保護する手法です。ネットワークセキュリティは、権限を持たない関係者によるネットワークへのアクセスを制限または防止します。

企業がネットワークセキュリティを必要とする理由

企業は、最も重要な資産であるデータを保護するためにネットワークセキュリティを求めています。効果的なネットワークセキュリティを実装していない企業は、攻撃やハッカーにさらされるリスクが増大します。ネットワークセキュリティは、データ環境における脆弱性を回避し、すべての環境で企業のデータアーキテクチャーのセキュリティを保持します。

関連するHPEのソリューション、製品、サービス

ネットワークセキュリティの仕組み

ネットワークセキュリティは、ネットワーク内に保護用のソフトウェアとハードウェアを実装することで実現されます。こうしたシステムが、有害な侵入者がネットワークにアクセスするのを防ぎ、さらに攻撃の成功を阻止します。ネットワークセキュリティツールには、ネットワークファブリックと、ひたすらインフラストラクチャを破壊して運用を遅延させ、リソースを悪用し、機密データを危険にさらそうとしている侵入者との間の動的レイヤーとして機能する、さまざまなシステムとポリシーが含まれています。 

ネットワークセキュリティのメリット

既存のデータアーキテクチャーにネットワークセキュリティを統合することの主なメリットは、サイバー攻撃の阻止にあります。ネットワークセキュリティが不足している企業は、サイバー攻撃者から狙われやすくなります。ネットワークセキュリティのその他の重要なメリットは次のとおりです。

リスクの軽減

リスクの軽減は、ネットワークセキュリティがもたらす最大のメリットの1つです。セキュリティソフトウェアによって潜在的または活動中の脅威を検知して対応できるため、企業は攻撃者を認識しながらプロアクティブかつ積極的に対応できます。今日のデジタル時代では、データに機密性があり、すべてがネットワークで利用できるため、企業はこれまで以上に攻撃と障害のリスクにさらされています。組織が効率的なネットワークセキュリティプロセスによってリスクを効果的に軽減できれば、常に攻撃や妨害におびえることなく、運用を継続できます。

独自データの保護

独自データの保護も、ネットワークセキュリティのもう1つの重要なメリットです。デジタル時代のデータには機密性が求められるため、企業のデータ環境内で徹底したセキュリティ対策が必要となります。ネットワークセキュリティがなければ、すべてのユーザーの情報が攻撃、配布、悪用のリスクにさらされることになり、さまざまな法的問題が発生する可能性があります。企業は顧客と信頼関係を築く必要があり、ネットワークセキュリティの強化によって信頼を高めるケースが少なくありません。

ネットワークリソースへのアクセスの保護

ネットワークリソースへのアクセスを保護することは、ネットワークセキュリティの重要な機能の1つです。効果的な内部ネットワークセキュリティを備えた企業は、オンサイトかリモートかを問わず、ユーザーに安全で効果的なアクセスを提供することで、未来のデジタル環境に対応できます。こうしたシステムが実装されていない場合、ネットワークへのセキュアな仮想アクセスが困難になり、従業員間のコラボレーションが大きく制限されることになります。

ネットワークセキュリティの課題

ネットワークセキュリティにはすばらしいメリットがある一方で、誤用や誤った管理により、生産性と可視性が低下する場合があります。ネットワークセキュリティには次のような課題があります。

特権アクセスの悪用

特権アクセスの悪用はネットワークセキュリティの主な課題の1つです。健康危機によって従業員のニーズが変化するなか、多くの従業員が自宅や海外で勤務しています。企業は、プライベートネットワークにサインインする際の第2/第3の認証要素がないことで、不正アクセスの影響を受けやすくなっており、多要素認証によってこの問題に対処する必要があります。それには緊密に監視されたシステムが不可欠となりますが、多くの企業は、継続的に監視しながら悪用に対して異なるアラートを発するための人材が不足しています。 

ネットワークデータ共有の複雑さ

ネットワークセキュリティのもう1つの課題が、ネットワークデータ共有の複雑さです。データアーキテクチャーはそれぞれ異なるため、企業は自社のネットワークセキュリティフレームワークにおける大きな障害に直面することになります。保護されているネットワーク内でデータの共有と配布をシームレスに行うことが目標ですが、機能性やフォーマットの問題が、データ損失、プラットフォーム内の統合不足、異なるデータプラットフォームおよび構造での適切な運用方法に関する管理スタッフの知識不足につながることも少なくありません。

適切な可視性に関する問題

適切な可視性に関する問題は、ネットワークセキュリティ固有のアーキテクチャーにおける主要な課題となっています。さまざまなデバイスが絶えず追加または削除されるなか、アクセスを管理する業務は、プライベートネットワーク内のトラフィックを管理しているスタッフにとって大きな負担となっています。ITスタッフには、ネットワークセキュリティを効果的に維持管理するための人材が不足していることが少なくありません。スタッフや専門知識が不足していると、可視性がさらに制限される可能性があります。

HPEとネットワークセキュリティ

HPEとRheinmetall社のOEMパートナーシップは、リアルタイムのサイバー攻撃回避によってネットワークセキュリティに変革をもたらしています。HPE OEMプログラムで、Rheinmetall Security Applianceと組み合わせて利用でき、最も気付かれにくいサイバー攻撃でも、HPE ProLiant DL360 Gen10サーバーとAruba ClearPassの機密情報にはアクセスできません。

大量の一時コンテナが組織のデータ環境にあふれるなか、多くの企業では、コンテナ環境によってネットワークの可視性とセキュリティが制限されています。コンテナが動的かつスケーラブルであるため、こうしたデータ環境から可視性と制御性の問題が発生することも少なくありません。HPE とArubaは、分析主導の包括的な攻撃検知および対応をベースとするフレームワークを構築して脅威を軽減します。また、企業がモバイル、クラウド、IoTにおけるリスクを軽減できるようサポートすることで、エンタープライズネットワークセキュリティの最新化を推進しています。 

HPE Pensando SmartNICでは、組織がハードウェアベースのネットワークおよびセキュリティ強化を実現できます。ハードウェアのテレメトリ、ファイアウォール、暗号化、マイクロセグメンテーションの統合により、GUIやAPIによるデータ暗号化が簡素化されます。