分散型HCI (dHCI)

分散型HCIとは

dHCIは、「disaggregated hyperconverged infrastructure (分散型ハイパーコンバージド インフラストラクチャ)」の略であり、分散型アーキテクチャーのスケーラビリティと柔軟性をハイパーコンバージド インフラストラクチャ (HCI) のメリットと融合させるITインフラストラクチャソリューションです。従来のHCIでは、コンピューティング、ストレージ、ネットワーキングのリソースが単一のアプライアンスにプールされますが、分散型HCIでは、それらのリソースが個別にスケールできる複数のモジュールに分割されます。そうすることで、HCIのシンプルな管理と展開のメリットはそのままに、オーバープロビジョニングを回避し、インフラストラクチャを特定のワークロード用に最適化できるようになります。

HPEのdHCIソリューションでは、データセキュリティ、データモビリティ、データ最適化などの組み込みデータサービスが備わっているため、HPEの既存のインフラストラクチャ管理ツールとの相乗効果により、一元化されたユーザーエクスペリエンスが実現します。

dHCIの仕組み

分散型ハイパーコンバージド インフラストラクチャ (dHCI) では、分散型アーキテクチャーのスケーラビリティと柔軟性が、ハイパーコンバージド インフラストラクチャ (HCI) のシンプルさと利便性と組み合わされています。dHCIシステムに不可欠な構成要素とそれらがどのようにやり取りするかを以下に示しています。

コンピュートノード: アプリケーションや仮想マシンを実行するサーバーであり、従来のHCIシステムでのノードと類似しています。

ストレージノード: ストレージ容量をシステムに提供するノードであり、オールフラッシュノードまたはハイブリッドストレージのいずれかです。

ネットワーキング: ネットワークファブリックはコンピュートノードとストレージノードを接続し、それらのノード間の高速データ転送を提供します。

ソフトウェア: dHCIシステムのソフトウェアレイヤーは、インフラストラクチャを管理し、データ保護、データモビリティ、データ最適化、他のインフラストラクチャ管理ツールとの統合などのデータサービスを提供します。

dHCIシステムでのコンピュートリソースとストレージリソースは分散していて、それらのリソースは互いに物理的に異なるものです。アプリケーションはサーバーに接続されているかのように動作して、ストレージに直接アクセスできます。これは、ストレージがソフトウェアレイヤーによってコンピュートノードにローカルであるかのように公開されているためです。

dHCIのメリット

dHCI (分散型ハイパーコンバージド インフラストラクチャ) を使用すると、次のようないくつかの利点があります。

  • スケーラビリティ: この機能によって、コンピューティングリソースとストレージリソースを独立してスケールできるため、特定のワークロードに合わせてインフラストラクチャをカスタマイズでき、オーバープロビジョニングを回避できます。
  • 柔軟性: アプリケーションごとに最適なストレージを選択できるため、効率向上とコスト削減につながります。
  • シンプルさ: HCIの管理と展開のシンプルさはdHCIでも変わりません。ソフトウェアレイヤー はVM指向型の運用を提供して管理を簡素化し、 ストレージ リソースは コンピュート ノードに ローカルであるかのように見えるため、管理が容易です。そのため、従来のSAN/NASストレージと比べて、管理がよりシンプルになります。
  • 組み込みのデータサービス: dHCIには、データ保護、データ圧縮、データ重複排除などの データサービスが付属しているため、 追加のソフトウェアやハードウェアが不要です。
  • 統合: スムーズなユーザーエクスペリエンスを提供するために、dHCIでは 使い慣れたVMware vCetnerインターフェイスと統合されており、 さまざまなインフラストラクチャ管理ツールと組み合わせることができます。そうすることで、ITインフラストラクチャ全体の管理がさらに容易になり、現行の管理ツールを最大限に活用することに役立ちます。

総合的に見て、dHCIは、パフォーマンスを向上させ、支出を削減し、管理を合理化することを支援できる、拡張性と適応性に優れた管理が容易なインフラストラクチャソリューションです。

HCIとdHCIの違い

ハイパーコンバージド インフラストラクチャ (HCI) と分散型HCI (dHCI)) はどちらも、管理を簡素化し、コストを削減し、アジリティを向上させることを目指す、データセンターアーキテクチャーへのアプローチですが、この2つのアプローチにはいくつかの重要な違いがあります。

  • HCIではコンピュート、ストレージ、ネットワーキングのリソースが単一のアプライアンスまたはクラスターに統合され、通常、ストレージリソースとコンピュートリソースは同じ物理デバイス上に配置されています。一方、dHCIではコンピュート、ストレージ、ネットワーキングのリソースが複数の異なる分散した物理コンポーネントに分けられ、それらのコンポーネントは高速なネットワークファブリックで接続されています。dHCIの管理ソフトウェアは、物理的に分離されていても、各リソースを単一のシステムとして管理するように設計されています。
  • dHCIではコンピュートリソースとストレージリソースを独立してスケールできるため、多くの場合HCIよりも汎用性に優れています。つまり、企業は追加のHCI機器を設置する必要はなく、コンピュートリソースまたはストレージリソースを必要に応じて拡張するだけで済みます。
  • コンピュートリソースとストレージリソースの接続に高速なネットワークファブリックが使用されるため、多くの場合dHCIはHCIよりも高速です。そのため、より多くの帯域幅を利用でき、レイテンシが小さくなります。このことは、優れたパフォーマンスを必要とするアプリケーションにとって不可欠です。
  • コンピュートリソースとストレージリソースという異なるリソースを管理するにはスペシャリストの知識が必要であるため、管理の面でdHCIはHCIよりも不利になりかねませんが、それらのリソースを一元化されたシステムとして提示することによって、dHCIの管理ソフトウェアはこのプロセスを簡素化できるようにしています。
  • コンピュートリソースとストレージリソースを分離する必要がある場合、それらを接続する高速なネットワークファブリックも必要になるため、dHCIはHCIよりも高価になることがあります。ただし、dHCIの柔軟性とパフォーマンスという利点によって、価格上昇分を埋め合わせることができます。

ほとんどの場合、dHCIは、コンピュートリソースとストレージリソースを分離し、それらを高速なネットワークファブリックを介して接続することによって、新たな戦略に基づき利用されます。HCIとdHCIのどちらでも、管理の簡素化、コストの削減、アジリティの向上が見込まれます。

dHCIが適している企業

分散型ハイパーコンバージド インフラストラクチャ (dHCI) は、企業が分野や規模を問わずに利用できる、汎用性と拡張性に優れた管理しやすいインフラストラクチャソリューションです。特に、コンピュートリソースとストレージリソースを独立して増加させる機能を必要とする、ワークロードのニーズが変動する企業に適しています。

  • dHCIは、パフォーマンスや容量のニーズが異なる仮想化されたアプリケーションを収容できます。
  • ストレージリソースをコンピュートリソースと独立して拡張できるため、データベースにハイパフォーマンスストレージを使用できます。
  • dHCIは、レジリエンスとハイパフォーマンスを備えたストレージリソースとコンピュートリソースを必要とするデータベースなどのビジネスクリティカルなアプリケーションに利用でき、
  • クラウドネイティブアプリケーションをサポートする能力を備えています。
  • また、データレジリエンス、データ効率、データ保護の機能が組み込まれています。

結論として、ニーズが変動し、コンピュートリソースとストレージリソースを拡張する機能を必要とする企業はdHCIを検討すべきです。

dHCIを利用するタイミング

次の場合は、dHCI (分散型ハイパーコンバージド インフラストラクチャ) を利用することを検討すべきです。

  • ニーズが変動する混合ワークロードがある
  • レジリエンスとハイパフォーマンスを備えたストレージが必要である
  • インフラストラクチャ管理を簡素化する必要がある
  • データ保護やディザスタリカバリを改善する必要がある
  • 他のインフラストラクチャ管理ツールと統合する必要がある

dHCIではハイパフォーマンスストレージが提供され、コンピュートリソースとストレージリソースを個別に拡張できるため、ニーズが変動するワークロードがある場合はdHCIを利用することが完璧な答えです。dHCIでは、ハイパーコンバージド インフラストラクチャで提供されるシンプルさと管理の容易さが維持されるため、インフラストラクチャ管理を合理化したい場合はdHCIが最適な選択肢です。dHCIにはデータ保護機能とディザスタリカバリ機能が組み込まれているため、他のインフラストラクチャ管理ツールとシームレスに接続できるdHCIが最適な選択肢です。

dHCIの課題

dHCI (分散型ハイパーコンバージド インフラストラクチャ) にはいくつかの利点がありますが、次のような欠点もあります。

  • 分離されたコンピュートノードとストレージノードが必要であるため、全体的なハードウェアコストが従来のハイパーコンバージド インフラストラクチャよりも高価になることがあります。
  • dHCIのセットアップと管理は、従来のハイパーコンバージド インフラストラクチャよりも難しくなる可能性があります。システムを特定のワークロード用にカスタマイズするには、コンピューティングとストレージのアーキテクチャーについて十分に理解しておく必要があります。
  • 一部のワークロードでは、dHCIのパフォーマンスが専用ストレージシステムほど向上しない可能性があります。その原因として、コンピュートノードとストレージノードを接続するネットワークファブリックに制約があることが考えられます。
  • dHCIのスケーリングにはいくつかの制約がある場合があります。システムのスケーラビリティが制限されていることもあります。たとえば、ネットワークファブリックのリンクが高帯域幅と低レイテンシ用に構築されていない場合です。
  • dHCIは他のインフラストラクチャ管理システムと接続できることがありますが、統合してシームレスな運用を確実に行うには、追加の労力や専門知識が必要になることがあります。

HPEとdHCI

分散型ハイパーコンバージド インフラストラクチャ (dHCI) ソリューションは、さまざまな顧客ニーズに合わせてさまざまな形態でHPEから入手できます。HPEが提供するいくつかのdHCIソリューションのリストを以下に示します。

  • HPE Alletra dHCI: これはHPEの主力dHCIソリューションであり、HPE AlletraアレイをHPE ProLiantサーバーおよびHPEネットワーキングと融合させます。幅広いワークロードに対処できる、汎用性と拡張性に優れたハイパフォーマンスインフラストラクチャ。
  • HPE ProLiant DL Gen9/Gen10/Gen10+/Gen11モデルサーバー: これらのサーバーはVMwareハイパーバイザーなどのdHCIアプリケーション用に設計されており、最新のプロセッサーテクノロジーやメモリのような機能が含まれています。
  • HPE GreenLakeを通じて利用可能なHPE Alletra dHCI: この従量制の選択肢では、使用した分のインフラストラクチャに対して支払うことができます。このソリューションは、エッジまたはクラウドでオンサイトでセットアップでき、HPE Alletra dHCIとHPEの運用サービスが付属しています。