2019年10月25日

アジリティバブル

クラウドプログラムの実施にはかなりの財務負担を伴うという、厳しい現実があります。迅速なクラウド導入のために、コストの問題を克服する方法をご紹介します。

メインストリームITでは、運用コストを低減し、アジリティを向上させるという大きな負担を抱えています。この相反かつ競合する目的が、今日最も信頼のある機関の舞台裏で起こっているリーダーシップの混乱の根本原因となっています。実際、CXOたちは迷走しています。技術的負債の重みと、瞬く間に変化する競合のトレンドに対して、クラシックなMBAスタイルのソリューションが役立つ余地はほとんどありません。リーダーはこの問題をまったく異なる視点で見る必要があります。目の前にあるパラドックスは、文字どおり企業の存続にかかわる課題だからです。アジリティは必須です。リーダーは古いものを解体して新しいものを再構築しなければならず、それには投資が必要です。つまり資金を使うことが必要になります。しかもわずかな額ではありません。

 

アジリティバブルとは何か

アジリティバブルは、特にクラウドベースの技術を活用して、アジャイル製品開発とリリースサイクルを確立し、維持するために必要な資金です。リーダーはビジネスニーズに応える必要があります。それを適切に行うには、今日の技術を自在に活用するのに必要なプロセスと人材に投資します。

これは何も目新しいものではありません。インターネット、クライアントサーバー技術、それ以前に発生した職場へのPC導入などにより、私たちは、これまでも、アジリティバブルに直面してきました。こうしたアジリティバブルには企業の変革が必要とされ、どの企業もそれを避けては通れませんでした。このアジリティバブルが独特である理由は、極端に安価で先進的な技術と、巨額の投資資本を利用できることが原動力なっている点にあります。これらの2つが揃うと、どの市場でも安心できません。

 

時間のコスト

アジリティバブルは、費用と時間の2つの側面から測定されます。直接費用は調整と管理を行えますが、資金投資全体はアプリケーションの複雑さに大きく左右され、変動します。特に、アプリケーションが旧式化し、他のアプリケーションやデータベースとの相互依存性が高いほど、クラウド導入のコストを正当化しにくくなります。ただし、時間的な問題がよりクリティカルで大きければ、定額法によるTCO、ROIの計算は二の次になります。

速度は組織の新しい通貨です。レガシーのインフラストラクチャ、システム、およびプロセスの重荷から解放され、アジャイルな新しい競合者が、カンザスの農場にいるプレーリードッグのように出現します。競合者は、すばやく動き、技術などを利用できます。競合者には、グローバルITを滞らせる非効率なプロセスもありません。技術への投資が対抗手段にならないのはこのためです。これを解決するには、徹底的な文化的改革によって、現状を刷新し、マーケット状況に迅速に対応できるように、人材とプロセスを再開発します。

 

デジタルトランスフォーメーションはアジリティプログラムではない

デジタルトランスフォーメーションはアジリティにはつながりません。ここを混同しないことが大切です。その有形の成果物については、さまざまな定義があり、意見が一致していません。これに対してアジリティとは、組織の製品開発チームのすべてが課題と機会に対応できる能力のことを指します。つまり、アジリティバブルは、デジタルトランスフォーメーション戦略における、人材の問題であり、それを解決しなければ、デジタルトランスフォーメーションは達成できません。人員は、新しいツールと技術の活用方法を学ぶ必要があり、それを行うには、組織文化の変革に目を向ける必要があります。

アジリティバブルを短縮するには、次のステップを考慮します。

  • ドメインリーダーの交替: テクノロジーサイロを制御する管理上の永久凍土層を破壊します。それに相当するのは、運用、アーキテクチャー、顧客サービス、ストレージ、およびネットワーキングのリーダーです。配置転換を実行し、他のチームの運用をリーダーに体験させます。そうした運用を新鮮な目で見ることで、他のチームに対する共感と観点が得られます。

  • シェルパの手を借りる: アジリティのトレンドをナビゲートできるコンサルタントの雇用を強くお勧めします。これが、通常の組織替えではないことを忘れないようにしましょう。まったく新しい課題が生じます。チームが自律、自己形成、および自己定義した構造に移行していくからです。そのため、スキルと計画に応じたコンサルタントを選別するようにします。

  • 職務明細を気にしない: これに気を取られていると、人事部が、DevOpsエンジニア、クラウド設計者、クラウドセキュリティ設計者に加え、あなたにとって必要かどうかも分からない多くの役割について、職務明細書を求めてきます。問題は、これらの役割が3か月ごとに変わる点にあります。直前の四半期で必要だったスキルが、次の四半期でまた変わります。

  • 志望者の選出と支援: 最大の資産となるのはチームの先駆者とイノベーターです。クラウドチームを立ち上げ、リードし、会合に出席し、認められることを希望する人員をサポートします。そうしたメンバーを集めて非公式チームを作り、そのチームが、高速化の技術とトレンドを推進できるようにします。それが変革につながります。チームの後ろ盾になってください。


アジリティバブルは、当初の予測よりも長く継続します。他人は、あなたが思うようにはすぐには変わりません。人は、従来のやり慣れた方法に戻ってしまうものです。新しいものを学ぶよりも同じことを繰り返す方が簡単だからです。忘れないでください。アジリティバブルは人材の問題であり、技術の問題ではありません。チームをトレーニングするために必要な時間と労力をかけましょう。自らの行動とリーダーシップによって取り組みへの熱意を示してください。

この記事は、Cloud Technology Partnersチームが発行するThe Dopplerに掲載されていたものであり、許可を得てこのページに再掲載しています。
クラウドに関するその他のアドバイスとベストプラクティスについては『クラウドのメリット: ハイブリッドクラウドを最大限に活用するには』をご覧ください。

この記事/コンテンツは、記載されている個人の著者が執筆したものであり、必ずしもヒューレット・パッカード エンタープライズの見解を反映しているわけではありません。

enterprise.nxt

ITプロフェッショナルの皆様へ価値あるインサイトをご提供する Enterprise.nxt へようこそ。

ハイブリッド IT、エッジコンピューティング、データセンター変革、新しいコンピューティングパラダイムに関する分析、リサーチ、実践的アドバイスを業界の第一人者からご提供します。