障がい者の雇用についてのポリシー

Our Values/Diversity/Affirmative actionという3つの考え方に基づき、次のような基本方針を持っています。『障がいをもつ社員の就業環境において、障がいによるハンディが見られ、健常者の就業環境と比べて相当大きな差がある場合は、その差を埋め、結果として機会を均等にし、就業環境を公正なものに近づける。』

障がいの有無や性別で、期待される成果が変わることはありません。社員全員に、良い成果、高い貢献を求めています。そのためには、まず本人の努力が不可欠であると考えています。一方で、仕事での貢献を妨げている要因が、自分の努力で埋め切れない障がいにあるのであれば、会社としてできる限りそれをサポートしようと考えます。

障がいを持つ人のニーズは、障がいの種類、リハビリの進み具合、職務内容、職場環境など個別の要素によって様々ですので、障がいを持つ社員本人の意見を元に、本人とマネージャとでサポート内容を決めていきます。これも『社員が主体的に動き、マネージャがそれをサポートする』という、日本ヒューレット・パッカードにおけるキャリア形成の基本方針の1つです。

 

+ show more

新卒採用情報 (障がい者正社員)

シードセンター採用情報(障がい者契約社員)

※SSC(シードサービスセンター)概要含むパソコン技術・ビジネススキル研修付き一般事務

インターナルサービスセンター採用情報(障がい者契約社員)

事務系・技術系のスキルを業務の現場に活かせる障がい者社内配属 実務経験者 随時募集

サポートと雇用状況