ネットワーク管理

ネットワーク管理とは

ネットワーク管理とは、アプリケーション、デバイス、システムを通じた管理および監視によって、コンピューターネットワークリソースを保護する仕組みです。

ネットワーク管理の仕組み

ネットワーク管理はデータ管理プロセスに不可欠なもので、障害管理、構成管理、アカウント管理、パフォーマンス管理、セキュリティ管理 (FCAPS) の5つの分野で定義されます。

この5つの構成要素が連携し、アクセスポイントからデータセンターまで、すべてのリソースのネットワークセキュリティを監視および維持します。ネットワーク管理の主な役割は、リソースを、ユーザーがいつでもアクセスでき消費できる状態にすることです。すべてのホストデバイスとユーザーデバイスがネットワーク上のリソースに接続し利用できれば、ネットワークは全体的に健全です。

関連するHPEのソリューション、製品、サービス

ネットワーク管理者はネットワークの健全性をどのように判断するのか

ユーザーへのサービスが不安定で、リソースを利用できないとすれば、それはネットワーク運用に効率性やセキュリティが欠けていることを意味します。ネットワーク管理には、リソースがどのように消費されているか追跡し、ネットワークの健全性を確認することが含まれます。エラーや問題を事前に見つけたり、ネットワークトラフィック全体を監視したりするなど、ネットワーク機能の維持が、運用では重視されます。ハードウェアやソフトウェアなど、ネットワークリソースにアップグレードが必要な場合には保守が必要です。

ネットワーク管理の重要性

ネットワークの健全性と最適な機能性を維持するには、包括的な監視と保守が不可欠です。ネットワークへの攻撃が止まず、感染したデータフローによるリスクが増える中、ネットワーク管理の必要性が急速に高まっています。

ネットワーク管理が脅威に対する事前保護策として必要なだけでなく、Intelligent Management Centerには、任意のデータを実用的なデータに変換し、ネットワークとビジネスを発展させる機能もあります。このプロセスは、分析および自動化の機能を備えたネットワーク管理ソリューションによって可能になります。

ネットワークパフォーマンスについて言えば、社内業務の流れを阻害し、ユーザーエクスペリエンスに影響するようなネットワーク問題やボトルネックを、ネットワーク管理で特定し、削減します。

さらに、会社のインフラストラクチャ内のネットワーク管理ソフトウェアおよびハードウェアの助けを借りれば、問題に迅速に対処し、セキュリティ脅威やワークフローの混乱を解決できるようになります。

ネットワーク管理システムの構成要素

ネットワーク障害管理

ネットワーク障害管理は障害 (一般的にエラーと呼ばれる) を検出する管理レイヤーです。障害管理の主な目的には、問題の検出、分離、解決だけでなく、解決プロセスを記録することがあります。これにより、同じソースで今後発生する障害から保護できるようになります。

 

構成管理

ネットワーク構成管理の役割は、ネットワークとすべての対応デバイスおよび連携デバイスを、一定の働きをするように構成することです。この管理には、システムやコンピューターに、どのように振る舞い何をするのかを指示することが含まれます。ネットワーク管理者は、IPアドレスとサーバーの監視を通じて構成内容およびホスト構成を維持、構成、更新し、認証情報を安全に保存するとともに、必要に応じて更新します。

 

アカウント管理

ネットワークアカウント管理は、運営やアカウントサービスの維持につきものです。ユーザーがログイン情報、パスワード、特定の許可を持っているかを確認したり、リソース使用量に基づき請求内容を更新したりするような、管理業務が責任範囲に含まれます。

 

パフォーマンス管理

ネットワーク効率を維持するには、ネットワークパフォーマンス管理が欠かせません。この管理は、データの収集と分析および動作限界値の設定を通じて行います。データからパフォーマンス不足を判断し、ネットワークの中でアップグレードが必要な部分を見つけます。

 

セキュリティ管理

ネットワークセキュリティ管理はネットワーク構造の保護を促進します。これはファイアウォール、プロキシ、ウイルス対策ソフトウェア、侵入検出システムの実装を通じて行われます。こうしたセキュリティ対策では、ネットワーク内のすべてのトラフィックを監視し、物理的な監視セキュリティシステムを実装すれば保護の範囲を広げることができます。

 

ネットワーク管理の課題とメリット

課題

ネットワーク管理チームの最大の課題の1つに、ネットワークパフォーマンスの低さがあります。ネットワーク管理のもう1つの大きな懸念は、管理リソースの質です。2021年には、ランサムウェアを通じたサイバー脅威やサイバー攻撃の危険性が常に高い状態となり、効率的な運用にはネットワーク管理およびセキュリティソリューションが欠かせなくなっています。

プロアクティブな計画や割り当てリソースが、適切なレベルのネットワーク管理を行うのに十分でなければ、ITチームは不満を抱いたり、システムの運用ニーズと業務を管理するためのサポートをさらに求めたりするでしょう。

ITシステムは一般的に運用ニーズに適切に対応できていないため、急速な成長もネットワーク管理にとっては課題となります。

メリット

ネットワーク管理リソースの構造にAIを導入すれば、問題解決に費やす時間を最大90%削減できます。このアーキテクチャーでは、すべてのネットワークドメインにまたがり構成、監視、操作、報告、トラブルシューティングができます。

ネットワーク管理にとってのメリットは明確でシンプルです。組織はネットワーク管理によって、セキュリティ、脅威管理、効率的に問題を解決する能力、運用の維持管理を最適化できます。ソフトウェアレイヤーでは脅威をさらに可視化し、すべてのユーザーに認証許可を受けるよう求め、不正アクセスを防止します。これによりネットワークの全体的ヘルスと運用品質が向上します。

HPEのネットワーク管理

HPEは、データネットワーク内のヘルスの向上に貢献し促進できる様々な管理ソリューションを提供しています。HPE Intelligent Management Center (IMC) OrchestratorおよびAnalyzerは、自動化と分析を通じて、ネットワーク管理と運用監視のプロセスを簡素化します。これは、トラフィックが急増すれば急いでネットワーク環境を拡張する必要がある場合に役立ちます。

HPE Aruba Edge Services Platform (ESP) は、すべての無線、有線、WANインフラストラクチャを管理するクラウドネイティブソリューションです。リモート、データセンター、キャンパス間など、あらゆる場所にまたがり実行できます。内蔵AIの上でAruba Centralが実行され、詳細な分析とインテリジェントなインサイトおよびアラートを提供します。Aruba ESPでエッジデータを変換するプログラムを改善すれば、ビジネス成果を向上し、運用を効率化できます。

コンテキストを可視化しIT運用を簡素化した統合インフラストラクチャを実現することで、HPEのEdge-to-CloudセキュリティはITチームの負担を取り除きます。また、認証、許可、継続的パフォーマンス監視、組み込みの脅威管理も企業インフラストラクチャに統合します。