ネットワーク管理

ネットワーク管理とは

ネットワーク管理とは、アプリケーション、デバイス、システムを通じた管理および監視によって、コンピューターネットワークリソースを保護する仕組みです。

ネットワーク管理者はネットワークの健全性をどのように判断するのか

ユーザーへのサービスが不安定で、リソースを利用できないとすれば、それはネットワーク運用に効率性やセキュリティが欠けていることを意味します。ネットワーク管理には、リソースがどのように消費されているか追跡し、ネットワークの健全性を確認することが含まれます。エラーや問題を事前に見つけたり、ネットワークトラフィック全体を監視したりするなど、ネットワーク機能の維持が、運用では重視されます。ハードウェアやソフトウェアなど、ネットワークリソースにアップグレードが必要な場合には保守が必要です。

関連するHPEのソリューション、製品、サービス

ネットワーク管理が重要である理由

ネットワークの健全性と最適な機能性を維持するには、包括的な監視と保守が不可欠です。ネットワークへの攻撃が止まず、感染したデータフローによるリスクが増える中、ネットワーク管理の必要性が急速に高まっています。

ネットワーク管理が脅威に対する事前保護策として必要なだけでなく、Intelligent Management Centerには、任意のデータを実用的なデータに変換し、ネットワークとビジネスを発展させる機能もあります。このプロセスは、分析および自動化の機能を備えたネットワーク管理ソリューションによって可能になります。

ネットワークパフォーマンスについて言えば、社内業務の流れを阻害し、ユーザーエクスペリエンスに影響するようなネットワーク問題やボトルネックを、ネットワーク管理で特定し、削減します。

さらに、会社のインフラストラクチャ内のネットワーク管理ソフトウェアおよびハードウェアの助けを借りれば、問題に迅速に対処し、セキュリティ脅威やワークフローの混乱を解決できるようになります。

ネットワーク管理の仕組み

コンピューターネットワークのセキュアで信頼性の高い機能を維持するために、ネットワーク管理ではさまざまなツール、テクノロジー、プロセスが使用されます。その仕組みを紹介します。

 

  • ネットワーク監視: ネットワーク管理は通常、ネットワークインフラストラクチャを常に監視することから始まります。そのため、ネットワークデバイス、トラフィックパターン、パフォーマンス指標、セキュリティインシデントに関する情報が収集されます。
  • データ収集: ルーター、スイッチ、サーバー、ファイアウォールなどのネットワークデバイスからデータを収集するために、ネットワーク管理のさまざまなツールやエージェントが使用されます。このデータにはデバイスステータス、帯域幅の消費状況、エラー率などが含まれます。
  • パフォーマンス分析: ネットワークマネージャーは取得されたデータを利用して、ネットワークのパフォーマンスを評価します。ネットワークマネージャーはレイテンシ、スループット、パケット損失などの測定値を調べて、ボトルネックやパフォーマンスに関する懸念を見つけます。
  • 構成管理: ネットワーク構成はネットワークの安定性とセキュリティにとって極めて重要です。ネットワーク管理システムはデバイスの設定を監視して、ベストプラクティスおよびセキュリティ規制に確実に準拠するようにします。
  • 障害検出と解決: ネットワーク管理システムは、デバイスの障害、接続の問題、奇妙なトラフィックパターンなど、ネットワークの障害や異常を特定し、マネージャーに警告します。これにより、管理者はそれらの問題を解消するために即座に対処できます。
  • セキュリティ管理: ネットワークセキュリティはネットワーク管理の不可欠な構成要素です。これは、ファイアウォール、侵入検知システム、アクセス制御リストなどのセキュリティ手法で構成され、不正アクセスやサイバー脅威からネットワークを保護します。
  • QoS (サービス品質) とトラフィック分析: ネットワーク管理システムには多くの場合、ネットワークトラフィックを監視および優先順位付けするトラフィック分析機能が含まれています。重要なアプリケーションが適切な帯域幅とネットワークリソースを利用できることを保証するために、QoS (サービス品質) 手法を使用できます。
  • リソース割り当てとロードバランシング: ネットワーク管理テクノロジーにより、ネットワークリソースが効果的に分配されます。この分配には、多数のサーバー間でトラフィックを分配することや、利用可能な帯域幅をより適切に活用することなどがあります。
  • キャパシティプランニング: ネットワーク管理者は過去のデータや動向を分析することで、将来のネットワークキャパシティのニーズに備えます。これにより、ネットワークがユーザーやアプリケーションのニーズの増大に対応できることが保証されます。
  • セキュリティイベント監視: ネットワーク管理ソリューションではセキュリティイベントも監視され、ログの調査、異常の検出、アラームの生成によって、セキュリティ上の問題を検出してそれに対応できます。
  • リモート管理: ネットワークはますます分散化され、リモートワークの普及が拡大していることを受けて、ネットワーク管理システムにリモート管理機能が含まれることが多くなっています。管理者は、インターネット接続経由でどこからでもネットワークを制御および監視できます。
  • レポート作成とドキュメント化: ネットワーク管理システムにより、ネットワークのパフォーマンス、コンプライアンス、セキュリティに関する有益な情報を提供するレポートとドキュメントが作成されます。これらのレポートは、管理者が情報に基づく意思決定を行い、ネットワークアクティビティを追跡するのに役立ちます。
  • 自動化: ネットワーク管理では、自動化がますます重要になりつつあります。自動化用のツールやスクリプトによって、繰り返しの多いプロセスを自動化し、ネットワーク規制を適用し、イベントにリアルタイムで対応することができます。

 

ネットワーク管理は、コンピューターネットワークのパフォーマンスとセキュリティを確保するための継続的な監視、分析、構成管理、セキュリティ対策を伴う多面的なプロセスです。組織の進化し続けるニーズに適応し、管理者が問題にプロアクティブに対処してネットワーク運用を最適化できるようにします。

ネットワーク管理システムの構成要素

ネットワーク障害管理

ネットワーク障害管理は障害 (一般的にエラーと呼ばれる) を検出する管理レイヤーです。障害管理の主な目的には、問題の検出、分離、解決だけでなく、解決プロセスを記録することがあります。これにより、同じソースで今後発生する障害から保護できるようになります。

構成管理

ネットワーク構成管理の役割は、ネットワークとすべての対応デバイスおよび連携デバイスを、一定の働きをするように構成することです。この管理には、システムやコンピューターに、どのように振る舞い何をするのかを指示することが含まれます。ネットワーク管理者は、IPアドレスとサーバーの監視を通じて構成内容およびホスト構成を維持、構成、更新し、認証情報を安全に保存するとともに、必要に応じて更新します。

アカウント管理

ネットワークアカウント管理は、運営やアカウントサービスの維持につきものです。ユーザーがログイン情報、パスワード、特定の許可を持っているかを確認したり、リソース使用量に基づき請求内容を更新したりするような、管理業務が責任範囲に含まれます。

パフォーマンス管理

ネットワーク効率を維持するには、ネットワークパフォーマンス管理が欠かせません。この管理は、データの収集と分析および動作限界値の設定を通じて行います。データからパフォーマンス不足を判断し、ネットワークの中でアップグレードが必要な部分を見つけます。

セキュリティ管理

ネットワークセキュリティ管理はネットワーク構造の保護を促進します。これはファイアウォール、プロキシ、ウイルス対策ソフトウェア、侵入検出システムの実装を通じて行われます。こうしたセキュリティ対策では、ネットワーク内のすべてのトラフィックを監視し、物理的な監視セキュリティシステムを実装すれば保護の範囲を広げることができます。

ネットワーク管理の課題とメリット

ネットワーク管理の課題 ネットワーク管理のメリット
1. 複雑さ: 多様なデバイス、プロトコル、テクノロジーに起因して、最新のネットワーク管理は複雑になっています。1. 信頼性の向上: 効果的なネットワーク管理により、ダウンタイムが短縮され、ネットワークの信頼性が確保され、ユーザーや組織にメリットがもたらされます。
2. セキュリティの脅威: サイバー攻撃やデータ侵害などのネットワークセキュリティの課題には、継続的な警戒と軽減の取り組みが必要です。2. セキュリティの強化: ネットワーク管理による脅威の監視や保護対策の実装によって、セキュリティが強化されます。
3. 拡張性: ネットワークが増大するにつれて、リソースのスケーリングやパフォーマンスの保証が課題になってきます。3. スケーラブルなインフラストラクチャ: 拡張性を見据えたネットワーク管理計画により、ネットワークが成長にシームレスに対応できるようになります。
4. テクノロジーの急速な変化: 新しいテクノロジーや標準に対応しようとすると、要求が厳しくリソースを大量消費するようになりがちです。4. 適応性: ネットワーク管理は、ネットワークが新しいテクノロジーや標準に適応し、最新の状態を維持することに役立ちます。
5. 監視とトラブルシューティング: 継続的な監視と迅速な問題解決には多大な労力を要します。5. 効率的な問題解決: ネットワーク管理ツールは、問題の迅速な特定と解決を支援し、中断を最小限に抑えることができます。
6. コスト: 堅牢なネットワーク管理ソリューションの実装には初期支出を伴うことがあります。6. コスト節減: 効果的なネットワーク管理により、長期的に見ると運用費用が軽減され、予期しない支出が最小限に抑えられます。
7. 人的ミス: 構成やトラブルシューティングでの人的ミスがネットワークの問題につながることがあります。7. 人的ミスの低減: ネットワーク管理の自動化および標準化されたプロセスにより、人的ミスを減らすことができます。

 

ネットワーク管理には課題が伴いますが、信頼性の向上、セキュリティの強化、拡張性、適応性、効率的な問題解決、コスト削減、人的ミスの減少といった多大なメリットがもたらされます。それらのメリットによって、今日のデジタル環境ではネットワーク管理が組織の不可欠なプラクティスになっています。

ネットワーク管理の重要性

ネットワーク管理は、現代のコンピューターネットワークのスムーズで効果的な運用にとって極めて重要で、ネットワークのリソースとサービスの監視、構成、セキュリティ保護、最適化を目的とするさまざまなアクションや手順が含まれています。ネットワーク管理の重要性は、いくつかの本質的なテーマに集約されます。

ネットワーク管理によって、ネットワークの信頼性と可用性が向上します。管理者は、ネットワークのパフォーマンスを追跡することで問題をプロアクティブに特定し、解決できます。その結果、ダウンタイムが削減され、ユーザーは主要なサービスを常時利用できます。

また、リソースの使用状況や効率も向上します。ネットワーク管理ソリューションにより、管理者はリソースを適切に分配し、帯域幅の使用量を最小限に抑え、無駄をなくすことができるようになります。これは、リソース割り当てが全体的なパフォーマンスに大きく影響を及ぼす大規模なネットワークにおいて特に重要です。

デジタル環境ではセキュリティのリスクと弱点が無数にあるため、ネットワーク管理で疑わしいアクティビティを監視し、望ましくないアクセスやデータ侵害から防御するためのセキュリティ対策を導入することによって、セキュリティが向上します。これらはすべて効果的なネットワーク管理の一環です。

さらに、ネットワーク管理によって拡張性と拡大も促進されます。企業が成長するにつれて、ネットワーク要件も増大します。ネットワーク管理ツールは、成長に対応するための改善を計画および実装し、高まる需要に持ちこたえられるネットワークを実現します。

多くの業種で、コンプライアンスと規制の要件が重要視されています。企業はこれに対する責務を果たそうとしていますが、そのために企業は、適用される標準や法令への準拠を示すために必要とされる監視や文書化を行っています。ネットワーク管理は、そのような企業に役立ちます。

ネットワーク管理は、信頼性に優れた効率的かつセキュアなネットワークインフラストラクチャを維持するために不可欠です。組織のネットワークの全体的なパフォーマンス、成長、コンプライアンスに寄与し、最新のIT運用の極めて重要な構成要素になっています。

ネットワーク管理サービスに関するベストプラクティス

効果的なネットワーク管理は、コンピューターネットワークの信頼性、パフォーマンス、セキュリティを確保するうえで極めて重要です。そのような目標を達成するには、ベストプラクティスに従うことが不可欠です。ネットワーク管理サービスに関するベストプラクティスを以下に示します。

 

  • ドキュメント: ネットワーク図、デバイスの設定、IPアドレス、資産インベントリといったネットワークアーキテクチャーの詳細な記録を保持します。これらの資料は、効率的なネットワーク管理の診断、プランニング、維持に不可欠です。
  • ネットワークの定期的な監査と評価: ネットワークの監査と評価を定期的に実施し、弱点やパフォーマンスの落とし穴、機能強化の余地がある箇所を見つけます。
  • ネットワークセグメンテーション: セキュリティを強化しアクセスを制限できるように、ネットワークを複数のVLAN (仮想ローカルエリアネットワーク) ゾーンに分離します。そのような分離により、攻撃者のラテラルムーブメントが阻止され、セキュリティ侵害の影響が軽減されます。
  • アクセス制御と認証: 堅牢なアクセス制御と認証手順を実装して、許可されているユーザーとデバイスだけがネットワークリソースにアクセスできるようにします。その例としては、ロールベースのアクセス管理 (RBAC)、2要素認証 (2FA) などがあります。
  • パッチ管理: すべてのネットワークデバイスとソフトウェアを最新のセキュリティパッチとアップデートが適用された状態を保持します。ハッカーは、ネットワーク機器の脆弱性を悪用する可能性があるため、パッチをタイムリーに適用することが不可欠です。
  • ネットワーク監視: ネットワークのパフォーマンスとセキュリティを継続的に監視します。ネットワーク監視テクノロジーを利用して、デバイスの健全性、トラフィックの動向、セキュリティインシデントを追跡します。異常なアクティビティやパフォーマンス基準に対するアラートを設定します。
  • インシデント対応計画: セキュリティ上の問題やネットワーク障害への対処方法を説明したインシデント対応計画を作成して維持します。
  • バックアップ/リカバリ: ネットワーク障害、データ破壊、サイバー攻撃が発生した場合にデータの可用性を維持するために、頻繁なバックアップとディザスタリカバリ方法を実装します。それらのバックアップを定期的にテストして、バックアップを適切にリストアできるようにしておきます。
  • 冗長性とロードバランシング: ロードバランシング手法を使用して、ネットワークトラフィックを多数のサーバーや経路に均一に分散させ、過負荷や障害が発生する可能性を下げます。ダウンタイムを短縮するために、重要度の高いネットワークコンポーネントには冗長構成を実装します。
  • テスト用と開発用のネットワークセグメンテーション: テスト用と開発用が隔離されたネットワーク環境をセットアップして、実験的な構成やアプリケーションが本番環境ネットワークに干渉しないようにします。
  • 定期的な教育とトレーニング: 最新のツールやテクノロジーおよびセキュリティに関するベストプラクティスについて、ネットワーク管理者とスタッフを教育します。新たな危険を常に意識しておくには、サイバーセキュリティのトレーニングが不可欠です。
  • コンプライアンスと法令: ネットワーク管理方法が業界の法令とコンプライアンスの要件に確実に沿うようにします。
  • 拡張性のプランニング: ネットワークの運用をプランニングする際に将来の拡大と拡張性を念頭に置いておきます。これにより、大きな中断を招くことなく、増大するトラフィック、デバイス、サービスにネットワークが対処できます。
  • ベンダーのサポートとメンテナンス: ネットワーク機器のサプライヤーとのサポート契約を保持して、必要になったときにアップデート、パッチ、技術支援を利用できるようにしておきます。
  • 変更管理: 体系化された変更管理手順を実装します。この手順において、ネットワークの変更はドキュメント化され承認されることが必要とされます。これにより、意図的ではない設定ミスが回避され、潜在的な影響を完全に理解したうえで変更が行われるようになります。

 

上記のネットワーク管理サービスに関するベストプラクティスに従うことで、リスクと中断を回避しながらビジネス目標を支援する、安定かつセキュアでパフォーマンスに優れたネットワークインフラストラクチャを維持することができます。

ネットワーク管理の目的

ネットワーク管理は、コンピューターネットワークが安全で確実に運用されるようにすることを目標としています。そのためには、ネットワークリソースを制限、監視、最適化して、ユーザー、アプリケーション、組織の要求に応えるためのアクション、手順、テクノロジーが必要とされます。ネットワーク管理の主な目的を以下に示します。

  • ネットワークのパフォーマンスの最適化: ネットワーク管理は、ネットワークが効率的に稼働できるようにすることで、ネットワークのパフォーマンスを最大化することを目標としています。
  • ネットワークの信頼性を確保: ネットワーク管理の主な目標の一つは、ネットワークサービスの信頼性を維持することです。そのためには、問題によって中断が引き起こされる前にその問題を特定および対処できるようにプロアクティブに監視することで、ダウンタイムを最小限に抑えてネットワークの稼働時間を最大化します。
  • ネットワークセキュリティの強化とトラブルシューティング: ネットワーク管理では、データの保護と、サイバー攻撃を防止するためのセキュリティ対策の実装が行われます。それと同時に、迅速なトラブルシューティングと問題解決を可能にして、ネットワークをセキュアに保ちながらネットワークがスムーズに運用されるようにします。
  • リモート管理と拡張性: ネットワーク管理ツールは、リモートでの監視を容易にします。このことは、リモートワークが増大している状況では極めて重要です。また、ネットワークの拡張性の計画を策定して、パフォーマンスやセキュリティを犠牲にすることなく、トラフィック、デバイス、サービスに対する需要の増大に対応できるようにします。
  • リソース割り当て: ネットワーク管理により、帯域幅、サーバーの能力、ストレージなどのネットワークリソースが効果的に割り当てられます。これにより、クリティカルアプリケーションに必要なリソースが与えられ、リソースの浪費や過剰使用がなくなります。
  • コスト管理: ネットワーク管理は、リソースの使用状況を最適化し、不必要な支出を最小限に抑え、エネルギー消費量を削減することで、コスト管理を支援します。また、組織に対して、ネットワークインフラストラクチャへの投資による価値を確実にもたらします。
  • ドキュメントとレポート作成: ネットワーク管理には、ネットワーク構成、パフォーマンスデータ、セキュリティインシデントのドキュメントが含まれています。ネットワークの健全性およびコンプライアンスに関するレポートにより、意思決定者が情報に基づき選択できるようになります。

ネットワーク管理とネットワーク自動化の比較

側面 ネットワーク管理 ネットワーク自動化
1. 定義 ネットワークのリソースとサービスを監視、構成、セキュリティ確保、最適化するには、人による監視および制御を伴います。ソフトウェアとスクリプトを利用することで、ネットワーク関連のタスクや変更を自動的に行えるようになります。
2. 人への依存 ネットワーク管理では、人間の管理者に依存してネットワークデータに基づく意思決定やアクションを実行しています。ネットワーク自動化では、ルーチンタスク、変更の実施、ネットワークイベントへの対応を手動による入力なしでスクリプト処理することで、人の介在が最小限に抑えられています。
3. リアルタイムでの適応 通常、ネットワーク管理での意思決定およびアクションはリアルタイムでの監視や分析に基づいていますが、人の介在が必要になる場合もあります。ネットワーク自動化により、イベントに即座に対応でき、事前定義済みのアクションを遅延なく実施します。このことは、急速に変化する環境では有利です。
4. 複雑さへの対処 人の専門知識が意思決定に不可欠であるような、複雑なネットワークを管理することに適しています。特に、特有の状況や予期しない状況では有利です。反復的なタスクや定型的構成に最適であり、大規模で動的なネットワークでの管理が簡素化されます。
5. 効率 ネットワーク管理ではネットワークの安定性とセキュリティが確保されますが、人が介在するため応答時間が長くなる場合があります。ネットワーク自動化では効率化が高くなる傾向にあり、応答時間が短縮され、ルーチンタスクでの人的ミスのリスクが最小限に抑えられています。

 

ネットワーク管理は、意思決定を人間の管理者に頼っていて、複雑な状況に適しています。一方、ネットワーク自動化は効率に重点が置かれていて、人の介在を最小限にして反復的なタスクを処理できます。ネットワーク環境の具体的なニーズや複雑さに応じて、どちらの方針にも最新のネットワーク運用における役割があります。

ネットワーク管理タスクの例

ネットワーク管理タスクの基本的な例を以下に示します。

  • ネットワークのパフォーマンス監視: ネットワークのパフォーマンスをリアルタイムで追跡し、ボトルネックを見つけ出し、起こり得る問題を特定します。これには、帯域幅の使用状況、レイテンシ、パケット損失、サービスの健全性の追跡などがあります。
  • 構成管理: 組織のニーズに合わせてルーター、スイッチ、ファイアウォールなどを構成します。ネットワークの規制、アクセス制限、サービス品質の特性の実装はすべて構成管理に含まれます。
  • セキュリティ管理: サイバー攻撃、不正アクセス、データ侵害からネットワークを保護します。ファイアウォールや侵入検知システムの設定、セキュリティルールへの準拠の維持などのタスクがあります。
  • 障害検出とトラブルシューティング: ネットワーク障害やパフォーマンス低下などの問題の発生源の特定、およびそれらの問題を迅速に解決するための修復手順の実施が行われます。
  • キャパシティプランニングと拡張性: ネットワークのキャパシティと拡張性の要件を評価して、将来に向けた計画を策定します。ネットワーク管理者は、ネットワークの拡張を計画し、パフォーマンスを低下させることなくより多くのユーザー、デバイス、サービスをサポートできるようにしておく必要があります。

 

これにより、安定していて効率的でセキュアなネットワークインフラストラクチャが確保されます。

ネットワーク管理のフレームワークとモデル

A. Simple Network Management Protocol (SNMP):

1. SNMPのアーキテクチャーと構成要素:

SNMPは、ネットワークの管理と監視に使用されるプロトコルです。そのアーキテクチャーには次の3つの主な構成要素があります。

- 管理対象デバイス: SNMPエージェントがインストールされているルーター、スイッチ、サーバーなどのネットワークデバイスです。これらのSNMPエージェントは、それぞれのデバイスのステータスやパフォーマンスに関する情報を収集して格納します。

- SNMPマネージャー (つまりNMS): SNMPマネージャーは管理対象デバイスを監視および管理し、SNMPリクエストを送信して情報を取得します。また、構成変更やアラートを管理対象デバイスに送信することもできます。

- SNMPプロトコル: SNMPでは、マネージャーおよび管理対象デバイスが情報をやり取りできるようにする通信プロトコルが定義されています。SNMPでは、マネージャーがGet/Setリクエストを使用してデータを要求し、デバイスが情報を返すかアクションを行うという、単純なリクエスト/レスポンスモデルが使用されています。

 

2. SNMP Management Information Base (MIB):

SNMP Management Information Base (MIB) は、管理対象デバイスに関する情報を格納するデータベースです。MIBでは階層構造が使用されてツリーのように整理されており、各ブランチにはデバイスまたはネットワークの特定の側面に関する情報が入っています。MIBオブジェクトは、各オブジェクトを一意に表す数値であるオブジェクト識別子 (OID) で識別されます。OIDを使用して、管理対象デバイスからの特定の情報が照会および取得されます。

 

3. SNMPバージョンおよびセキュリティに関する留意事項:

- SNMPはバージョンを更新しながら進化しており、最もセキュアで広く使われているバージョンはSNMPv3です。

- SNMPv1とSNMPv2cには、脆弱な認証メカニズムなどのセキュリティ脆弱性があります。SNMPv3では、認証や暗号化などの堅牢なセキュリティ機能が導入されました。

- SNMPでのセキュリティに関する留意事項として、強力な認証 (HMAC-MD5またはHMAC-SHAによる認証を使用するSNMPv3など) の実装、暗号化 (DESやAESなど) の使用、SNMPエージェントへのアクセスを制限するためのアクセス制御リストの設定などがあります。

B. ネットワーク管理システム (NMS):

1. NMSの機能と能力:

NMSは、ネットワークデバイスとネットワークサービスの一元管理および監視を提供するソフトウェアプラットフォームであり、以下のような機能があります。

- デバイスの検出とインベントリ

- ネットワークのパフォーマンスと健全性のリアルタイム監視

- 構成管理と変更追跡

- 障害検出とアラート機能

- レポート作成と分析

- セキュリティ管理

- 他のネットワークコンポーネントやツールとの統合

 

2. 上位のNMSツールとソフトウェア

人気のあるNMSツールを以下に示します。

- HPE Intelligent Management Center (IMC)

- SolarWinds Network Performance Monitor

- PRTG Network Monitor

- Nagios

- Cisco Prime Infrastructure

- Zabbix

- どのNMSツールを選択するかは、具体的なニーズおよびネットワークの規模に応じて異なります。

 

3. 他のネットワークコンポーネントとNMSの統合:

NMSは、次のようなさまざまなネットワークコンポーネントと統合できます。

- 管理対象デバイス上のSNMPエージェント

- ネットワークトラフィックを解析するためのフローコレクター

- ログデータを収集するためのSyslogサーバー

- デバイスの構成を追跡するための構成管理データベース (CMDB)

- インシデント管理用のチケット処理システム

- 統合することによって、NMSの能力が強化され、ネットワーク運用の包括的な視点が提供されます。 

 

C. ITインフラストラクチャライブラリ (ITIL) とネットワーク管理:

1. ITILフレームワークの概要:

ITILは、ITサービスをビジネスニーズと合わせることに重点を置いた、ITサービス管理 (ITSM) の一連のプラクティスであり、ITサービスを効果的に提供およびサポートするためのフレームワークを提供します。

 

2. ネットワーク管理に応用されているITILプロセス:

以下のITILプロセスがネットワーク管理に応用されています。

- インシデント管理: ネットワークのインシデントおよび障害を処理および解決します。

- 問題管理: 繰り返し発生するネットワークの問題を特定および対処します。

- 変更管理: ネットワークの変更を管理して、中断を最小限に抑えます。

- サービスレベル管理: ネットワークサービスが同意されたサービスレベルに適合するようにします。

- キャパシティ管理: 将来の需要に合うようにネットワークキャパシティをプランニングします。

- 構成管理: ネットワーク構成の正確な記録を維持します。

- 可用性管理: ネットワークの可用性がビジネスニーズに適合するようにします。

 

3. ネットワーク管理に向けたITILベースのベストプラクティス:

ネットワーク管理向けのITILベースのベストプラクティスを以下に示します。

- ネットワークサービスとそれに関連付けられているサービスレベルを定義するサービスカタログを作成します。

- ネットワークの問題を迅速に解決できるように、インシデントと問題の管理手順を策定します。

- ネットワークの変更を評価および承認するための変更管理プロセスを実装します。

- キャパシティプランニングを使用して、ネットワークの成長を予測し、パフォーマンスに関する問題を回避します。

- 構成管理を確立して、ネットワークに関する正確なドキュメントを維持します。

ネットワーク管理に関するベストプラクティス

A. プロアクティブなネットワーク管理戦略の導入:

問題によってネットワーク運用が中断される前にその問題を防ぐには、プロアクティブなネットワーク管理が不可欠です。主なベストプラクティスを以下に示します。

  • 継続的な監視: ネットワークのパフォーマンスと健全性を定期的に監視して、重大な問題になる前にその問題を特定します。これにより、ネットワークの安定性を維持するための先制的なアクションが可能になります。
  • 予測分析: 履歴データと分析を使用して、潜在的なネットワークの問題を予測します。そのような問題に前もって対処しておくことで、ダウンタイムやサービスの中断を防ぐことができます。

B. 包括的なネットワーク管理計画の実装:

効果的なネットワーク管理計画により、ネットワーク運用を組織の目標や業界のベストプラクティスに確実に合わせることができます。重要なベストプラクティスを以下に示します。

  • 明確な目標の定義: ネットワーク管理の明確な目標と目的を設定します。組織のニーズに合わせるために、監視、セキュリティ確保、最適化する必要があるものを把握します。
  • ドキュメント: ネットワーク構成、ポリシー、手順の詳細なドキュメントを維持します。このドキュメントは、トラブルシューティングや将来のプランニングの際の貴重な参考資料になります。
  • 定期的な更新とレビュー: ネットワーク管理計画を継続的にレビューして、変化するテクノロジーや組織の要件に適応させます。ネットワーク管理計画がビジネス目標と合うようにしておきます。

C. ネットワーク管理における拡張性と柔軟性の確保:

ネットワークには、変化し続けるビジネスニーズとテクノロジーの進歩への適応が求められます。そのため、以下のような拡張性と柔軟性が不可欠です。

  • スケーラブルなアーキテクチャー: 成長に対応できるように、ネットワーク管理インフラストラクチャを設計します。パフォーマンスが大幅に低下することなく、追加のデバイス、サービス、トラフィックを処理できるようにしておきます。
  • ツールとプロセスの柔軟性: さまざまなネットワーク環境に適応でき、さまざまなデバイスやベンダーと統合できるネットワーク管理ツールとプラクティスを選択します。そのような柔軟性によって、進化するネットワークのニーズに対応することができます。
  • 自動化: 可能な限り自動化を実装して、ネットワーク管理タスクを合理化します。自動化は、大規模なネットワークや増大するネットワークでの人間の管理者への負担を軽減できるため、拡張性の効率的な管理に役立ちます。

 

以下のネットワーク管理に関するベストプラクティスを採用することで、組織は問題にプロアクティブに対処し、ネットワークの信頼性とセキュリティを維持し、ネットワーク運用が制約を受けないようにしておくことができます。

ネットワーク管理における今後の動向

ネットワーク管理における今後の動向を以下に示します。

A. ソフトウェア デファインド ネットワーク (SDN) とネットワーク仮想化:

  • SDNの拡大: ソフトウェア デファインド ネットワーク (SDN) の導入は今後も継続し、利用しやすさと柔軟性のある管理を目指した、ネットワーク制御とデータの分離が推し進められます。
  • ネットワーク仮想化の普及: VLANやVPNのようなネットワーク仮想化テクノロジーがますます一般的になり、ネットワークのプロビジョニングが簡素化され、セキュリティが強化されます。
  • マルチクラウド接続: 複数のクラウドプロバイダーやオンプレミスインフラストラクチャにわたるシームレスな接続や管理には、SDNやネットワーク仮想化が不可欠になります。

B. ネットワーク管理における人工知能 (AI) と機械学習 (ML):

  • 予測分析: AIと機械学習によって、ネットワークの問題が予測され、プロアクティブな問題解決やリソースの最適化が強化されます。
  • 異常検知: AI主導のシステムによって、セキュリティ脅威や異常なネットワークパターンに対する検出および対処が自動的に行われるようになります。
  • 自動修復: AI搭載のシステムによって、一般的なネットワークの問題が自律的に解決され、手動による介在が減ります。
  • 動的最適化: AIアルゴリズムによって、変化するトラフィックパターンやアプリケーションのニーズに合わせてネットワーク構成がリアルタイムで適応されます。

 

C. インテントベースのネットワーク (IBN) と自律ネットワーク管理:

  • IBNの導入: インテントベースのネットワーク (IBN) によってネットワーク管理がビジネス目標に合わせられるため、ネットワーク管理が簡素化されます。
  • 自己修復ネットワーク: 自律システムによって、ネットワークの問題が自己診断および自己修復されるため、ダウンタイムが短縮されます。
  • 高度な自動化: ワークロード、セキュリティ脅威、トラフィックの変動に合わせてネットワークが自動的に調整されます。
  • エッジコンピューティングとスライシング: ネットワークスライシングによって、5Gおよびエッジコンピューティングの状況で自律管理が可能になり、アプリケーションごとにパフォーマンスがカスタマイズされます。
  • ゼロタッチプロビジョニング: ゼロタッチプロビジョニングがますます一般的になり、ネットワークデバイスの構成と展開が合理化されます。

HPEのネットワーク管理

HPEは、データネットワーク内のヘルスの向上に貢献し促進できる様々な管理ソリューションを提供しています。HPE Intelligent Management Center (IMC) OrchestratorおよびAnalyzerは、自動化と分析を通じて、ネットワーク管理と運用監視のプロセスを簡素化します。これは、トラフィックが急増すれば急いでネットワーク環境を拡張する必要がある場合に役立ちます。

HPE Aruba Edge Services Platform (ESP) は、すべての無線、有線、WANインフラストラクチャを管理するクラウドネイティブソリューションです。リモート、データセンター、キャンパス間など、あらゆる場所にまたがり実行できます。内蔵AIの上でAruba Centralが実行され、詳細な分析とインテリジェントなインサイトおよびアラートを提供します。Aruba ESPでエッジデータを変換するプログラムを改善すれば、ビジネス成果を向上し、運用を効率化できます。

コンテキストを可視化しIT運用を簡素化した統合インフラストラクチャを実現することで、HPEのEdge-to-CloudセキュリティはITチームの負担を取り除きます。また、認証、許可、継続的パフォーマンス監視、組み込みの脅威管理も企業インフラストラクチャに統合します。