マルウェア

マルウェアとは

マルウェアとは目立たないように隠されたソフトウェアで、意図的に開発され、戦略的にコンピューターシステムに埋め込まれます。マルウェアはシステムを破壊、妨害、侵害し、機密データに不正にアクセスすることのみを目的に開発されます。

マルウェアの機能

マルウェアには、コンピューターシステムの破壊、ワークフローや運用管理の妨害、機密情報や極秘情報の侵害といったさまざまな機能があります。マルウェアには複数の形式があり、正当なソフトウェアに見えれば見えるほど、不正行為が発生していることをセキュリティマネージャーが検知することが難しくなります。

関連するHPEのソリューション、製品、サービス

マルウェア攻撃の被害

マルウェア攻撃を受けると、組織のプライバシーが侵害されます。攻撃に成功すると、マルウェアは検出されないまま、コンピューターシステムの通常の機能に故意に干渉します。その結果、データの漏洩やセキュリティの侵害の恐れがあるだけでなく、しばしば権限を持ったユーザーがシステムにアクセスできなくなり、攻撃から復旧することがますます難しくなります。

マルウェアの感染を防ぐにはどうすればよいか?

コンピューターシステム全体にかけて継続的にパッチを適用してアップデートするソフトウェアを開発し、展開することで、組織はマルウェアの感染を阻止できる確率を高めることができます。信頼できるソフトウェアプログラムは組織にとって最も広範囲に及ぶ保護となるため、適切なアンチウイルスおよびアンチマルウェアソフトウェアを導入することは、そのような攻撃に対する最高の防衛線の1つとなります。

オペレーティングシステムの不審なアクティビティや危険信号を定期的にスキャンすることで、システムを最新の状態に保ち、データアーキテクチャーを健全に制御することができます。これにより、シンプルで戦略的なルーティンチェックによって組織全体のセキュリティを効果的に強化できます。システム、ファイアウォール、エンドポイントを効果的に検証することで、攻撃を早期に検知して、被害が広がることを防ぐことができます。

従業員に対してセキュリティのベストプラクティスのトレーニングを行うことも、マルウェアの感染を阻止するために有効です。この方法は旧式に思えるかもしれませんが、組織内の危機意識とアウェアネスを高めることができるため、攻撃に対する最も効果的な戦略の1つに間違いありません。このことを従業員の文化の最優先にすることで、組織は企業インフラストラクチャ全体で、コンピューターシステムの健全性を保つことがより容易になるはずです。

攻撃を受けた場合、マルウェアを除去するにはどうすればよいか?

コンピューターシステムからマルウェアを除去することは組織の機密データを保護するために非常に重要であるだけでなく、データアーキテクチャーの正常な機能を取り戻すためにも不可欠です。コンピューターシステムがマルウェア攻撃によって侵害された場合、いくつかのステップに従うことでマルウェアを除去することができます。

1. システムでマルウェアが検出された場合、アンチウイルスまたはアンチマルウェアソフトウェアによって感染したファイルを完全に削除するか、一種の「デジタル検疫」状態にすることで、攻撃の被害が広がることを防ぐことができます。

2. 企業アーキテクチャーのシステム復旧の次のステップは、バックアップ、リストア、再起動のプロセスに従うことです。これは、健全なオペレーティングシステムを再構築するために不可欠です。通常、マルウェアはOSの奥深くに根を張り、組織のシステムと構造に計り知れないほどの被害を与える新しいツールをインストールします。

3. インシデントへの迅速な対応によって被害の拡大を防ぐことができますが、ITチームは時間をかけてシステムが再構築され復旧したことを検証し、マルウェアがもうコンピューターインフラストラクチャに埋め込まれていないことを確信する必要があります。システムをロックダウンしてパッチを適用し、コンポーネントを再構成することが不可欠です。

4. 感染および削除されたシステムを再構築するために、ITチームはマルウェアを完全に除去する必要があります。これがすぐに実行できない場合、少なくともシステムを「無効化」できるアンチウイルスソフトウェアによって、一時的にデータ環境を保護しながらさらなる調査やクリーンアップを行う必要があります。

HPEとマルウェアセキュリティ

HPE GreenLakeでデータを保護し、ゼロトラストフレームワークを導入できます。それによりギャップを埋めてデータアーキテクチャーの複雑性を軽減できるだけでなく、インフラストラクチャのあらゆる部分にセキュリティ要素を組み込むことができます。HPE GreenLakeを利用することで、保護する必要がある場所を確実に保護することができます。

シリコンからクラウドまでを網羅するHPEのアプローチは、クラウドからデータセンター、エッジまでのデータインフラストラクチャを保護する唯一の方法です。HPE Edge-to-Cloud導入フレームワークによって、企業はあらゆる点でクラウド運用モデルを進化させることができます。また、HPEは豊富なデータモダナイゼーションの経験を活かし、データのトランスフォーメーションと保護に関する実証済みのフレームワークを組織に提供します。

マルウェアやランサムウェアなどの攻撃からすみやかに復旧するためには、継続的データ保護 (CDP) が必須です。継続的なバックアップによって、コンピューターシステム全体の完全なリストアを実現し、一定の期間に発生した悪意ある変更をすべて取り消すことができます。HPE GreenLake for Securityは従量課金モデルでご利用いただけます。