DevOps

DevOpsとは

DevOpsは、プロジェクトやチームマネジメントにおいて特定の哲学的観念を達成するためにITで使用され、開発チームと部門または組織の運用チーム間のコミュニケーションの効率性を向上します。コミュニケーションの効率性を高めることで、個人、ツール、業務プラクティスの連携を取ることができます。

DevOpsを導入する理由

従業員、プロセス、組織文化の進化を組み合わせることで、ビジネストランスフォーメーションと企業レベルのインサイトが促進されます。ゼロからインサイトを積み上げることで、ビジネスを全体的に改善することができます。

最初のささやかマインドセットの変化が、組織の変革につながる大きな動きの土台となります。このイニシアチブは製品、エンジニアリング、セキュリティ、IT、運用などを組み合わせるものであり、モダナイズされてオートメーションが導入されると、組織の最適化を実現できます。

関連するHPEのソリューション、製品、サービス

開発および運用にとってのDevOpsの意味

DevOpsは開発 (ソフトウェアクリエイターおよび開発者)と運用 (ソフトウェアの展開を担当) という、従来はサイロ化されていた2つの部門および役割を1つにします。突き詰めれば、DevOpsはコミュニケーションの問題を解決します。

DevOpsは、2つのビジネス部門のコミュニケーションおよびコラボレーションを支援して促進することで、開発部門と運用部門の関係を良い方向へと変化させます。

DevOpsのコンポーネント

DevOpsのコンポーネントは、2つのカテゴリに分類することができます。クリティカルコンポーネント (広範囲) とキーコンポーネント (技術的) です。 

クリティカルコンポーネント

·セキュリティ: セキュリティの侵害は、発生した脅威が無視されるか、単に気づかれなかった結果である可能性があります。

·プロセス: セキュアなDevOpsシステムでは、自動化された製品ジャーニーによってコミュニケーションを標準化し、顧客の手に届く前に厳格な製品テストを実現し、製品の品質を向上することができます。

·オートメーション: テストやコード開発のあらゆる面に人間の介入が必須なわけではありません。そこで、オートメーションによって開発プロセスを円滑化できます。

·監視: さらなる品質管理の手段として、セキュリティチームは完成およびデリバリ後も継続的に製品を監視する必要があります。

キーコンポーネント

·自動化されたデリバリパイプライン: 新しいコードの公開から始まり、コードの開発工程の終了まで続く体系的かつ詳細なリスト。オートメーションの実現にはパイプラインの完成が必要です。

·バリューストリーム管理 (VSM): ソフトウェア製品開発において顧客にとっての価値を最も重視します。

·構成管理: アプリケーションがソースコードから構成ファイルまで、実行環境に固有のリソースのみに関連付けられていることを立証することで、展開時または実行時にリソースを特定します。

·定期的な統合: アプリケーションを他のアプリケーションや、エコシステムのコンポーネントまたは原則と連携するように展開することは、一種の統合です。

·自動化された監視とヘルスチェック: 「重要なコンポーネント」で言及した自動化された監視とヘルスチェックをさらに洗練させることで、予防措置の役割を果たし、エンドユーザーが直面したり気づいたりする前に問題に対応してソリューションを見つけることができます。

·消防士の役割: 自動化された監視とヘルスチェックが予防的または先回り的な役割を果たすとすれば、消防士の役割はより受動的であり、不適切な実装が原因の中断、混乱、遅延を最小化します。

·コードとしてのインフラストラクチャ: おそらく、DevOpsにおいて最も重要なコンポーネントです。以前のソフトウェア開発ツールは組織的な問題を解決するために開発されたため、多くのテクニックはビジネスインフラストラクチャに組み込まれていません。「コードとしてのインフラストラクチャ」(IaC) という用語は、機能のコード記述に由来する最適な手法を示唆しています。

DevOpsにおけるCI/CDとは

CI/CD (継続的インテグレーションと継続的デリバリ) が重要なのは、それによって開発を加速し、結果的に実装を早めることができるためです。このプラクティスでは、ソフトウェア開発のライフサイクルが自動化されます。

CI/CDの実際の価値は明確です。キーコンポーネントとクリティカルコンポーネントの両方で言及したとおり、オートメーションは複数の理由から価値の高いツールです。

継続的インテグレーション (CI) は、ソフトウェアリリースプロセスの間のビルド/統合の段階に言及しています。ここで、開発者は常に変更を制御システムバージョンのメインレポジトリにマージします。マージの後、ビルドとテストは自動的に実行されます。テストが実行されると、CIによって新しいコードの変更がメインレポジトリにビルドされます。

その後の自動化されたテストおよび統合や、UIテスト、統合テスト、ロードテストは継続的デリバリ (CD) によって実行されます。継続的展開 (自動的に実施) の代わりに、運用チームが展開をトリガーします。

以下の点で、CI/CDはDevOpsの利点となります。

· コード変更の管理が容易になる

· 迅速に障害を隔離できる

· 解決にかかる平均時間 (MTTR) を向上できる

· 継続的なテスト

· リアルタイムのフィードバック

· 本番環境におけるコードの欠陥の可能性を削減できる

HPEとDevOps

コストのかかるエラーの軽減や生産時間の削減のために欠かせないプロセスであるDevOpsによって、企業レベルで効率性を向上できます。HPE Ezmeral Runtime Enterpriseは、ビジネスがコンテナの効率性、スピード、アジリティを大規模な企業レベルで利用することを可能にします。

HPE ML Opsは、本番環境の機械学習モデルの設計、構築、展開、メンテナンスを促進する一連のベストプラクティスとツールを標準化します。HPE ML Opsは最先端のDevOpsツールであり、企業環境における「サイロ化」を防ぎます。それにより、形式、セキュリティ要件、プライバシーの問題、リソース不足などによる拮抗を最小限にします。

HPE DataOpsはDevOpsのアプローチを使用することで、データを管理し、企業データから深いインサイトを取得します。DevOpsをもう1歩先に進めることで、データサイエンティストはDevOpsと連携して、優れたデータ管理や分析開発によって迅速なイノベーションを達成できます。

HPE EzmeralおよびHPE GreenLakeソフトウェアスイートは、モデルを構築、トレーニング、展開してワークロードの実行を加速し、DevOpsのスピードで機械学習ライフサイクルを実行することで、シンプルでスケーラブルな企業レベルのソリューションを提供します。