データ管理

データ管理とは

データ管理とは、組織がデータライフサイクル全体、およびエッジクラウド、オンプレミスのデータインフラストラクチャ全体でデータを収集、保存、保護、移動、使用することを指します。データ管理の目的は、データへのセキュアかつ常時稼動、常時高速のアクセスを提供し、データの保護とクラウド全体にわたるデータ移動性を確保して、場所を問わずにデータの価値を引き出すことです。

データ管理が重要な理由

現在データの価値は、かつてないほど高まっています。データは企業の原動力となり、組織を変革させる可能性を秘めています。そして、イノベーションを推進してカスタマーエクスペリエンスと運用効率を向上させます。しかし、ハイブリッドクラウドおいて作成されるデータが急増するにつれ、組織は膨大なデータに悩まされています。ビジネスを推進させる有益な情報を求めて、データを効率的に収集、保存、保護、アクセス、分析する必要があるためです。さらに、企業は真のデータ主導を実現するアプローチの導入を図っているにもかかわらず、サイバー犯罪やランサムウェア攻撃の増大する脅威から、場所を問わずにデータを保護しなければなりません。

 

データ管理が困難な理由

ハイブリッドマルチクラウドの環境では、データ管理とインフラストラクチャが複雑になる点が重要な課題として残っています。特に、さまざまなシステムやアプリケーションにわたってデータのオーケストレーションと統合を維持することは困難であると感じている企業は少なくありません。テクノロジー、ツール、システム、ベストプラクティス、専門知識を含む最新のデータ管理ソリューションを導入せず、ガバナンス、コンプライアンスの課題、データ制御の欠如といった条件がそろうと、データファーストのイニシアチブは大きく妨げられます。エッジ、クラウド、コロケーション、エンタープライズデータセンターには構造化データおよび非構造化データが格納されているため、従来のデータインフラストラクチャとプラクティスでは、最新の環境の複雑さを解消することはできません。そのため、イノベーションとアジリティの阻害要因となってリスクが高まる可能性があります。データ管理を簡素化するために、現代のビジネスでは、エッジからクラウドのデータ消費、保護、分析を念頭に置いて設計されたソリューションで直感的なクラウドエクスペリエンスを提供する、データファーストのアプローチが求められています。

データ管理を検討することが重要な理由

データ管理の複雑性を解消することで、お客様はデータファーストのモダナイゼーションを促進できます。データファーストの企業は、迅速な対応、場所を問わないデータ保護対策、利害関係者の満足度の向上など、競合他社に対抗するポジティブな成果を求めているため、データ管理の重要性が増しています。

データ管理のメリット

データ管理は、データの価値を引き出してアジリティを向上し、ビジネスを成長させるうえで重要な役割を担っています。最新のデータ管理では、データはセキュア、常時高速、常時稼動な状態を維持します。これらの妨げとなる問題の解決に充てられる時間を削減する新しい方法をIT部門が獲得し、ビジネスチームはクラウド全体にわたってデータへの前例のないアクセスを活用し、これにより、イノベーションを促進する分野に注力できます。

HPEがデータ管理の課題解決をサポートします。

HPEは、HPE GreenLake Edge-to-Cloudプラットフォームでデータ管理を大幅に簡素化することによりビジネストランスフォーメーションを促進します。組織では、パブリッククラウドとの間でデータを移動するコスト、リスク、レイテンシを回避でき、その一方でプライバシーやデータ主権に関するコンプライアンスや規制の要件を満たすことができます。クラウドデータサービスの革新的なスイートは、事業部門 (LOB) とアプリケーション管理者を強力にサポートします。ストレージのセルフプロビジョニングを即座に実行して、アプリケーションとデータを簡単に保護できるようになり、アプリケーションの展開を加速させます。HPE GreenLake for Storageを利用すると、ITチームが、Storage as a serviceおよび、クラウド運用エクスペリエンスを活用し、あらゆるワークロードでイノベーションに注力できます。お客様のITチームはオペレーターからサービスプロバイダーへと役割を変え、インフラストラクチャではなくビジネス成果の管理を始められるようになります。

HPE GreenLakeでは以下の内容が実現できます。

Storage as a service: データインフラストラクチャのクラウド運用のアジリティを実現しつつ、データライフサイクル全体でデータワークフローを簡素化、自動化、オーケストレーションするSaaSベースのコンソールにより、変革を加速します。HPE GreenLakeによる、エッジ、コア、クラウドを網羅するクラウドサービススイートにより、データ管理者からデータイノベーターまでのあらゆるユーザーのデータ活用、アジリティの向上、イノベーションの推進をサポートします。

最新のデータ保護: 初期投資費用やオーバープロビジョニングのリスクを伴わず、あらゆるバックアップSLAに適合しながら、データロスやランサムウェアの脅威に対する堅牢なセキュリティを提供するように設計された最新のデータ保護でデータを保護します。オンデマンドのクラウドネイティブなバックアップ/リカバリサービスは、アジリティをもたらし、事前構成済みのオンプレミスのソリューションは選択肢を広げます。

クラウドネイティブ データインフラストラクチャとAI主導の有益な情報を備えたHPE GreenLakeを利用すると、使用するビジネス価値とリンクされた従量制課金制と弾力的なスケーリングによるアジリティが得られます。

HPE Ezmeral: 大規模な最新のデータ分析を活用してデータから有益な情報を引き出します。包括的にオーケストレーションされたKubernetesコンテナプラットフォームとともに、内蔵型永続ストレージレイヤーとML Opsを活用して、データサイエンスのワークフローを加速します。

HPE Alletra: クラウド全体に共通するエクスペリエンスが規模を問わずサービスとして提供され、単一のSaaSベースのコンソールによる環境全体の管理が可能になります。クラウドネイティブのHPE Alletraは、高パフォーマンスと中断のない拡張を実現するとともに、ミッションクリティカルなワークロードで100%の可用性を保証します。

HPE ProLiant - ハイブリッド環境でエッジからクラウドまでのインサイトとイノベーションを促進し、データからより多くの価値を引き出すように設計されているコンピュート。パフォーマンス、効率性、拡張性により、データが存在するあらゆる場所で有益な情報を迅速に入手できるようになるため、お客様のデータチームが強化されます。

HPE InfoSight: インフラストラクチャ向けの業界最先端のAIによる自律運用により、データ、アプリケーション、インフラストラクチャ管理を再定義し、インフラストラクチャを意識しないで利用できます。HPE InfoSightは、世界中にある10万を超えるシステムから絶え間なくデータを収集して分析し、そのインテリジェンスを活用し、お客様の問題を予測し、その86%を自動で解決します。