データ移行

データ移行とは

保存場所やストレージシステム間でのデータの移動は、データ移行として知られており、これには、データベース間でのデータの転送、レガシーシステムから新しいシステムへのデータの移動、またはクラウドベースのストレージソリューションへのデータの移行が含まれます。

データ移行の主な目的は、企業の運用に対する影響を最小限に抑えつつ、正確、安全、かつ一貫したデータ転送を実現することにあります。データ移行は多くの場合、企業が自社のITインフラストラクチャを変更したり、新しいアプリケーションを導入したり、多くのソースのデータを単一のレポジトリに統合したりするときに必要になります。

ビジネスオペレーションへの影響を最小限に抑えつつ、信頼性と安全性に優れた一貫した方法でデータを確実に移動するためのデータ移行は、きわめて重要なプロセスであり、慎重なプランニング、実行、監視が必要です。

さまざまなタイプのデータ移行

データ移行は、企業が運用手順に対する影響を最小限に抑えつつ、システムまたは環境間で安全かつ正確にデータを転送できるようにする、きわめて重要な一連のプロセスです。企業はそれぞれのニーズに応じて、次の形式のデータ移行を実行しなければならない場合があります。

  • ストレージ移行: ストレージシステム間でデータを移動します。このタイプの移行は、組織がストレージインフラストラクチャをアップグレードするか、複数のストレージシステムのデータを単一のレポジトリに統合するときに必要になることがあります。
  • アプリケーション移行: アプリケーション間でデータを移動します。このタイプの移行は、組織が古いアプリケーションを新しいアプリケーションに置き換えるか、オンプレミスのアプリケーションからクラウドベースのアプリケーションに切り替えるときに必要になることがあります。これにより、組織は移行プロセスでのデータ損失、ダウンタイム、またはシステムエラーのリスクを最小限に抑えつつ、より新しく効率的で安全なプラットフォームに移行して古くなったレガシーアプリケーションをアップグレードできます。
  • クラウド移行: オンプレミスのストレージシステムからクラウドベースのストレージソリューションにデータを移動します。このタイプの移行は、組織がクラウドコンピューティングの拡張性、柔軟性、コスト節減のメリットを活かしたい場合に必要になることがあります。

データ移行のプランニングの方法

膨大なデータを新しいプラットフォームに転送するときには、徹底的できめ細かい戦略が必要になります。新しいストレージソリューションを迅速かつ安全に本稼働に移せるよう、多くの企業がデータ転送の準備をすばやく整えるための手段を探し求めていますが、データの完全性とセキュリティを維持するには、移行手順のプランニングを適切に行う必要があります。データ移行のプランニングで検討すべきステップは、次のとおりです。

  • 移行が必要なデータの特定: 最初のステップとして、移行が必要なデータを特定します。これには構造化データと構造化されていないデータの両方が含まれており、どのシステムやアプリケーションを使用するのかといった転送の範囲も決定します。
  • データ品質の評価: 重複、エラー、不一致をチェックして、移行前にデータのクリーニングや変更が必要かどうかを判断します。
  • 移行手法の選択: データ移動のオプションはいくつかあるため、目標を達成するのに最適でデータのセキュリティも確保されるアプローチを選択します。
  • 移行スケジュールの策定: ダウンタイムに備えた準備を整えるとともに、現実的なデータ転送の所要時間を定めることにより、移行プロセスのスケジュールを策定します。
  • 移行のテスト: データを移行する前にテスト移行を実行します。これは、問題になりそうな部分を特定してスムーズな再配置手順を確立するのに役立ちます。
  • データのセキュリティの維持: 転送プロセスでは、データのセキュリティを維持することがきわめて重要であり、データが伝送中に暗号化され、望ましくないアクセスから守られるようにする必要があります。
  • 移行プロセスの監視: データが適切に移動されるように進捗を監視する必要があります。また、移動中に問題が起きたときのためにバックアップの計画を立てておく必要があります。
  • まとめると、データ移行のプランニングは慎重に検討する必要がある重要な手順であり、これらの手段は、移行プロセスでデータが安全に伝送されるようにするのに役立ちます。

データ移行、データ統合、データ変換の比較

データ移行

  • データをシステムまたはプラットフォーム間で転送するプロセスは、データ移行として知られています。
  • データ移行では、多くの場合にシステム間で膨大なデータが転送されます。
  • データ移行は、多くの場合に1回限りのデータの転送です。
  • ビジネスオペレーションの中断を最小限に抑えてデータが安全かつ正確に移行されるようにするには、慎重なプランニングと実行が必要です。
  • オンプレミスシステム間、またはオンプレミスシステムとクラウドベースのシステム間のデータの転送が含まれます。
  • レガシーシステムから最新システムへの移動など、新しいシステムやプラットフォームへのデータの移行が必要です。
  • HPEは、HPEデータ移行サービスやHPEクラウド移行サービスなどのデータ移行サービスを提供しています。

データ統合

  • いくつかのソースのデータを統合ビューやデータセットにマージするプロセスは、データ統合として知られています。
  • データ統合は、いくつかのソースのデータをリアルタイムかほぼリアルタイムで組み合わせるプロセスです。
  • 多くの場合、データ統合ではいくつかのソースのデータを継続的に統合する必要があります。
  • 複数のソースの膨大なデータを処理できる、柔軟性と拡張性に優れたアーキテクチャーが必要です。
  • オンプレミスシステム、クラウドベースのシステム、サードパーティのデータソースのデータの統合が含まれます。
  • 顧客関係管理やサプライチェーン管理などのビジネスプロセスをサポートするには、データの統合が必要です。
  • HPEは、HPE Ezmeral Data FabricやHPE Ezmeral Data Pipelineなどのデータ統合サービスを提供しています。

 

データ変換

  • レガシーシステムから最新システムなど、データを別の形式に変更するプロセスは、データ変換として知られています。
  • データ変換は、データを別の形式に変更するプロセスであり、データクレンジングやデータエンリッチメントが必要になることもあります。
  • 多くの場合、データ変換ではデータを1回だけ別の形式に変換します。
  • ソースとターゲットのデータの形式、およびデータ変換のビジネスルールを完全に理解しておく必要があります。
  • オンプレミスシステム間、またはオンプレミスシステムとクラウドベースのシステム間のデータの変換が含まれます。
  • 新しいシステムやプラットフォームをサポートするには、古いバージョンのアプリケーションから新しいバージョンへの移行などのデータの変換が必要になる場合があります。
  • HPEは、HPEアプリケーションモダナイゼーションサービスなどのデータ変換サービスを提供しています。

HPEとデータ移行

  • HPE GreenLake: クラウドのデータを管理するための柔軟性と拡張性に優れたソリューションを提供するクラウドサービスプラットフォームです。
  • データセンター移行サービス: HPEが提供するデータセンター移行サービスは、安全かつ効率的に移行が実行されるようにしてビジネスオペレーションの中断を最小限に抑えると同時に、組織の環境内での移行であるのか、サードパーティのデータセンターへの移行であるのかを問わず、データセンター間で組織のデータやアプリケーションを簡単かつシームレスに転送できるようにする設計となっています。
  • HPEサービス: デジタルトランスフォーメーションイニシアチブの一環としてお客様のデータ転送プロジェクトを支援する、一連のプロフェッショナルおよびコンサルティングサービスです。アセスメントとプランニング、データ転送、テスト、検証に加え、HPE Pointnextは、エンドツーエンドのデータ移行サービスも提供します。また、アプリケーションモダナイゼーションサービスだけでなく、データセンターおよびクラウド移行向けのサービスも提供します。HPE Pointnextを利用することにより、お客様はHPEの認定スペシャリストの知識を活かしてデータ転送を成功させ、最も重要なビジネス目標に集中できます。
  • HPEデータ移行準備状況アセスメント: 組織におけるデータ移行の準備状況のアセスメントと移行計画の策定をサポートするサービスです。
  • HPE Ezmeral Data Fabric: 分散したデータソース全体のリアルタイムのデータアクセス、処理、分析を実現するプラットフォームです。
  • HPE Edge-to-Cloudトランスフォーメーション プログラム: データの管理、自動化、イノベーションを最適化して組織がデジタルトランスフォーメーションジャーニーを加速させることができるようサポートするプログラムです。

 

次にデータ移行に役立つHPEソリューションについてさらに詳しく説明します。

1. データファーストのモダナイゼーション:

  • HPE Ezmeral Data Fabric: 分散したデータソース全体のリアルタイムのデータアクセス、処理、分析を実現するプラットフォームです。
  • HPE Ezmeral Container Platform: 組織がコンテナ化されたアプリケーションを大規模に構築、展開、管理できるようにするプラットフォームです。

2. クラウド移行:

  • HPE GreenLake: 組織がITリソースを従量制課金で利用できるようにするクラウドサービススイートです。
  • HPE Cloud Volumes: 組織がクラウドのデータを移行、管理、保護できるようにするクラウドベースのストレージソリューションです。

3. データファブリック:

  • HPE Ezmeral Data Fabric: さまざまなプラットフォーム、場所、形式のデータの統合ビューを提供するプラットフォームです。
  • HPE Apollo: データ量の多いワークロードをサポートするハイパフォーマンスコンピューティングプラットフォームです。