データ可用性/保護/保持

アプリケーションやアレイから重複排除されたデータ保護およびアーカイブシステムにいたるまで、エンドツーエンドの統合により、リスクを軽減し、コストを削減します。

HPEデータ可用性/保護/保持

ビジネスの継続性とデータ管理を簡素化

今日の企業は、積極的なSLAを求めています。データ損失のリスクとダウンタイムリカバリは最小限に抑える必要があります。削減されたストレージ要件で対応し、復旧ポイント目標 (RPO) と目標復旧時間 (RTO) を改善するようデータを配備できます。

アプリケーションの可用性

アプリケーションの常時稼働を保証

目標復旧時間 (RTO) と復旧ポイント目標 (RPO) は、継続したアプリケーションの有用性を維持し、ユーザーの生産性と顧客満足度を高めるうえで役立ちます。

HPEの広範なデータストレージソフトウェアオプションは、RPOとRTOをサポートし、VMware Site Recovery Managerなどアプリケーション固有のリカバリテクノロジーと統合できます。

データ保護

リカバリを重視

連動していない3つ以上の個別の従来型データバックアッププロセスによって各アプリケーションを保護することもできますが、 Express Protect搭載のHPE Recovery Manager Centralを使用すれば、業界屈指の速度を誇るシンプルで柔軟なリカバリを低コストで実現できます。

スナップショットのほぼ瞬時のリカバリポイントと、信頼できるコスト効率の高いディスクバックアップを組み合わせているのはHPEだけです。

長期的なデータ保持

アクティブなアーカイブの効率を改善

データの増大と規制要件により、データの保持とアーカイブは非常に重要となっています。

世界最大規模のストレージライブラリの導入で、必要とするパフォーマンスが実現します。ソフトウェア依存を最小限に抑え、データを長期間保持しつつ、シンプルなドラッグアンドドロップでコンテンツ管理できます。

23倍

HPE RMCを使用することで、従来のバックアップ方式より迅速にHPE 3PARを保護できます¹。

95%

バックアップのストレージ要件の削減を保証²。

1EB

単一システム内のスタンドアロンテープドライブおよびライブラリの容量3

統合的なポートフォリオでコスト削減に貢献

適切な規模、パフォーマンス、およびアプリケーション統合でデータの可用性、保護、保持機能を最新化。

HPEアレイスナップショットおよびレプリケーションソフトウェア

レプリケーションソフトウェアにより、プライマリストレージシステムのデータが常に確実に保護され、利用可能になります。

HPEアレイスナップショットおよびレプリケーションソフトウェアの詳細

HPE StoreOnceシステムおよびソフトウェア

低コストのVSAから業界最速のディスクベースのバックアップまで、多様化するニーズに対応します。

HPE StoreOnceデータ保護システムおよびソフトウェア

HPE StoreEver

高密度でシンプルかつ拡張性の高い長期データ保持用のテープドライブ、メディア、自動化が、LTO-7テクノロジーで実現されました。

HPE StoreEverテープストレージの詳細

アプリケーションおよびISVと統合するよう設計されたソリューション

Oracle、SQL、SAP HANAなどのビジネスアプリケーションの保護を迅速化し、展開を簡素化するとともに、
HPE、Veritas、Veeamなどの各種バックアップソフトウェアとの統合を実現します。

HPE StoreOnceデータ保護バックアップソリューションアセスメント

HPE StoreOnceの保護と保証

容量要件の95%削減を保証します。

HPE Ninja Protectedデータバックアップアセスメント

バックアップ環境の稼働状況を確認

バックアップ管理者、IT運用マネージャー、エグゼクティブなど、すべてのお客様にバックアップ環境の実際の稼働状況をご確認いただけます。HPE Ninja Protected+バックアップアセスメントの一環として、最初に無料のバックアップアセスメントを実施します (無料で、購入義務はありません)。アセスメントにより、バックアップ環境の稼働状況を把握できるだけでなく、データ/アプリケーション保護に関わるコストを削減し、リスクおよび複雑さを軽減することも可能になります。

増大するデータバックアップのニーズに対応

HPE StoreOnce Catalyst搭載のHPE StoreOnceシステムは、リモートオフィス/ブランチオフィス (ROBO) から全社規模の環境までをカバーする、効率的かつセキュアな単一のデータバックアップ/リカバリソリューションです。コストを削減しながらデータの急増に対応できるため、SLAの確実な達成や重要データの保護も可能になります。

Catalyst搭載HPE StoreOnceデータ保護システム
Veeam社とHPEのデータ保護/アプリケーション可用性

包括的なデータ/アプリケーション可用性

Veeam社の可用性ソリューションをフラッシュ最適化されたHPE 3PAR StoreServおよびHPE StoreVirtualストレージと統合し、データ保護に対応するHPE StoreOnceシステムおよびHPE StoreEverテープと組み合わせることで、包括的なデータ/アプリケーション可用性を実現します。ストレージスナップショットを活用し、データ損失やダウンタイムを最小限に抑える業界屈指のリカバリ機能を使用することで、統一されたデータバックアップ、リカバリ、およびディザスタリカバリ戦略を実行できます。

各種資料

ポートフォリオ : HPE Storage各種製品ラインアップの検索と関連情報の閲覧

resources-01-portfolio
ポートフォリオ

HPE Storage各種製品ラインアップの検索と関連情報の閲覧

ドキュメント : 製品カタログ、データシート、製品マニュアル、ホワイトペーパー

PUB-Ready_Pub_8187_StorageNetwork_Resource_3
ドキュメント

このツールを使用すれば、さまざまなオプションを比較し、ビジネスに合ったストレージ製品を選択できます。

お客様事例 : ストレージのお客様導入事例を掲載しています。製品や業種から絞り込み検索が可能です。

HPE-Campus-and-Branch-RMIT-2x-md
お客様事例

ストレージのお客様導入事例を掲載しています。製品や業種から絞り込み検索が可能です。

パンフレット : オールフラッシュストレージのためのデータ保護戦略: テクノロジーに精通した購入者が考慮すべき事項

Data Protection & Retention For All-flash Storage
パンフレット

処理が高速で 拡張性と 耐障害性に優れたフラッシュストレージを、1GBあたりわずか1.5ドルという低コストで利用できるようになりました。しかし、そのようなストレージのセキュリティに問題はないのでしょうか。オールフラッシュデータセンターへの移行にあたり、フラッシュストレージに関するエンドツーエンドの戦略と強固なデータ保護ソリューションを統合することが非常に重要である理由をご確認ください。本書では、フラッシュ向けに最適化されたデータ保護に関する4つの主な留意事項を概説するとともに、すべてのプライマリデータを保護して長期間保持し、それらのデータからビジネス価値を引き出す方法を示します。

ブログ記事 : Around the Storage Blockブログ:StoreOnce

Around the Storage Blockブログ:StoreOnce
ブログ記事

Around the Storage Blockブログ:StoreOnceについて把握しておくべき事項

カタログ : あらゆるデータに対応するHPEのストレージメディア

HPE-Storage_Media_2x-md
カタログ

すべてのテープテクノロジーの中で最高の容量/パフォーマンス比を実現。

ビデオを再生
アーカイブのためのHPE StoreEverテープ
ビデオ - 3:43

アーカイブとバックアップとの相違点、およびHPE StoreEverテープアーカイブソリューションによるコストの削減、リスクの軽減、時間の短縮についての簡単な説明をご覧ください。

ビデオを再生
HPE StoreOnce + HP StoreEverテープ: スマートソリューション
ビデオ - 3:45

このビデオで、HPE StoreOnceディスクとHPE StoreEverテープが担う役割の違いや互いに補完する点をご確認いただけます。

ブログ記事 : 業界をリードするHPEストレージ

ESG: 「複数のデータ保護ソリューションを入手するのに、必ずしも複数のベンダーを必要とはしない」
ブログ記事

業界をリードするHPEストレージ - ブログ記事

  • 1.

    Based on internal HPE testing performed in May 2016 comparing backup performance of HPE Recovery Manager Central with traditional, non-HPE backup software.

  • 2.

    HPE StoreOnce Get Protected Guarantee.

  • 3.

    Based on internal Spectra Logic testing.