在宅勤務に必要なツールを従業員に提供

現在、従業員が場所を問わずに作業できる (会社での作業とほとんど変わらない) 環境構築への需要は、かつてないほど高まっています。最近、従業員に在宅勤務 (WFH) を指示した結果、生産性が低下する結果になった企業もあるかもしれません。HPEの中堅・中小企業向け仮想化サーバーテクノロジーソリューションは、ビジネスの運用に欠かせないワークロードの増大に対処しつつ、従業員が在宅勤務をスムーズに行えるよう支援するとともに、ファイル、メール、コラボレーションツールにあらゆるデバイスからアクセスできるようにすることで生産性を向上させます。

+ もっと見る

課題を解決

ビデオ会議や電子メールだけでは、できる仕事に制限が出てきます。従業員の生産性を維持するには、安定したパフォーマンスと迅速なアクセス許可が必要となります。従業員の業務に必要なファイルやアプリケーションへのアクセスには、高い信頼性が求められます。迅速にアクセス権を付与し、安定したパフォーマンスを提供することが、従業員の生産性を維持するうえで重要となります。このような状況に直面しているお客様は、低コストで簡単に使用できるHPEのサーバー仮想化テクノロジーの導入をご検討ください。

課題を解決

ビデオ会議や電子メールだけでは、できる仕事に制限が出てきます。従業員の生産性を維持するには、安定したパフォーマンスと迅速なアクセス許可が必要となります。従業員の業務に必要なファイルやアプリケーションへのアクセスには、高い信頼性が求められます。迅速にアクセス権を付与し、安定したパフォーマンスを提供することが、従業員の生産性を維持するうえで重要となります。このような状況に直面しているお客様は、低コストで簡単に使用できるHPEのサーバー仮想化テクノロジーの導入をご検討ください。

リモートデスクトップサービスとは
仮想デスクトップインフラストラクチャとは
ビジュアルリモートガイダンスとは
仮想化とは
リモートデスクトップサービスとは
リモートデスクトップサービスとは

RDS (リモートデスクトップサービス) は、リモートワークを行う複数の従業員が自宅のコンピューターから同一のシステムにアクセスする必要がある場合に適しています。RDSでは、物理サーバーまたは仮想マシンで単一のWindows Serverインスタンスを実行できます。関連するアプリケーションとデータを含むデスクトップイメージのクローンを作成してユーザーに提供することで、ユーザーはリモートデスクトッププロトコルを使用して、ネットワーク経由でデスクトップイメージにアクセスできます。 

詳細はこちら
仮想デスクトップインフラストラクチャとは
仮想デスクトップインフラストラクチャとは

VDI (仮想デスクトップインフラストラクチャ) は、リモートワークを行う従業員が主に職場のコンピューターの複数のアプリケーションにアクセスする必要がある場合に適しています。VDIは、オフィスのPCと同じエクスペリエンスを備えた仮想デスクトップ (オペレーティングシステム、アプリケーション、およびそのドキュメントを含む) をリモートデバイスに提供します。ワークロードは、従業員のノートパソコンやタブレット、スマートフォンではなく、オンプレミスの仮想化サーバーで処理されるため、遅延が発生しないうえに、データのセキュリティを確保することができます。 

詳細はこちら
ビジュアルリモートガイダンスとは
ビジュアルリモートガイダンスとは

VRG (ビジュアルリモートガイダンス) は、カスタマーサポートやフィールドサービスの担当者に適しています。VRGでは、リモートユーザーがサポートされているモバイルアプリケーションまたは簡単な音声コマンドを使用してビジュアルガイダンスセッションを開始し、顧客や他の作業員とライブ共有してサポート業務を行うことができます。これは、エキスパートがトレーニングのため、またはITやその他の運用上の問題を解決するために現地に出向かなければならないなど、求められるサービスを提供するうえで多くの出張やコストが必要となる従来のフィールドサービスとは大きく異なるものです。  

詳細はこちら(英語)
仮想化とは
仮想化とは

リモートオフィスやブランチオフィスを展開している企業は、時間とコストを節約する必要があります。仮想化環境では、必要に応じてリソースをアプリケーションに割り当てられるため、経理、生産性、給与支払アプリなどの複数のアプリケーションを単一のサーバーで実行することができます。このため、既存のサーバーでより多くのアプリケーションを実行できるようになり、ビジネスの運用に欠かせないワークロードの増大に対処しつつ、コストを削減できます。 

詳細はこちら
動画を見る(英語)
中堅・中小企業に向けて適正なサイズに仕上げた、エンタープライズにより実証済みの製品とソリューション

HPE小規模企業向け仮想化ソリューションは、中堅・中小企業向けのシンプルでセキュアなサーバー仮想化ソリューションです。これを利用すれば、仮想化のメリットをより低コストで効率的に得ることができます。このサーバー仮想化ソリューションの基盤となっているHPE ProLiantサーバーは、第1世代または第2世代のインテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーを搭載しており、Microsoft® Windows Server®とMicrosoft Hyper-V®またはVMware vSphere®を実行できるように最適化および検証されています。一元化されたストレージとセキュリティ、データ保護、24時間365日の可用性、オプションのアーカイブおよびディザスタリカバリストレージなどの機能を備えています。

容量は増やして複雑さは抑える

サーバー仮想化環境では、必要に応じてリソースをアプリケーションに割り当てられるため、経理、生産性、給与支払などの複数のアプリケーションを単一のサーバーで実行することができます。このため、既存のサーバーでより多くのアプリケーションを実行できるようになり、ビジネスの運用に欠かせないワークロードに対処しつつ、コストを削減できます。

生産性を向上させるシンプルさ

事前構成済みのHPE ProLiant ML、DLサーバー、ソフトウェアは、容易に展開できます。HPE Integrated Lights Out (iLO) サーバー管理ソフトウェアにより、ローカルでもリモートでも監視/管理できます。さらに、インテリジェントなプロビジョニングの一部であるHPE SMB Setup Softwareでは、所要時間を短縮してエラーの発生を低減する、インストール用のシンプルなガイド付きプロセスが用意されています。

セキュリティが懸念を解消

セキュリティのリスクや障害を回避するHPE ProLiant Gen10の組み込みのセキュリティ機能により、攻撃を防ぐとともに、ダウンタイムから短時間で復旧することができます。HPE Secure Encryptionを使用すれば、ストレージのバックアップとアーカイビングのオプションにより安心感が得られると同時に、蓄積データを保護できます。

導入チュートリアル

仮想化のニーズに対処するソリューションに向けて、知識の豊富なITエキスパートに従ってフォローします。