インフラストラクチャに対する攻撃を防御

サーバーインフラストラクチャは、セキュリティ攻撃の回避と検出、およびセキュリティ脅威からのリカバリが可能な最新のイノベーションを搭載する必要があります。もはやファイアウォールだけでセキュリティを確保することはできません。

攻撃前後でランサムウェアに備える

ランサムウェアに対する防御を強化

データを人質に取るランサムウェア攻撃がますます広がっており、避けることは困難になりつつあります。HPEは、その影響を緩和するさまざまな防御策を提供しています。HPE Gen10サーバープラットフォームでは、データの保護とビジネスの継続を可能にするとともに、ハッカーに身代金を支払うリスクを排除します。

サイバー犯罪がもたらす被害

セキュリティ調査機関のPonemon Instituteは、サイバー攻撃が進化を続けており、ITインフラストラクチャ自体を標的とする攻撃者が増えつつあると報告しています。

7億2,000万

全世界で毎日7億2,000万回ものハッキングが試みられています1

99日

悪意のあるコードが検出されるまでの時間は平均99営業日です2

900万

サイバー犯罪により、企業は毎年平均900万ドルを損失を出しています。3

世界標準の安心サーバー

HPE Secure Compute Lifecycleを活用すれば、サービスの妨害やデータ損失につながる、サーバーファームウェアを標的とした悪意のある脅威を防御できます。

HPE Secure Compute Lifecycleの詳細を見る

Silicon Root of Trust (シリコンレベルの信頼性)

HPEは、自社開発のシリコンチップにセキュアロジックを組み込んで、改ざんされたファームウェアを使用してサーバーが起動されることを防ぐようにする、Silicon Root of Trust (シリコンレベルの信頼性)を提供可能な唯一のベンダーです。

ファームウェアの改ざん検出

HPEのファームウェアの改ざん検出機能を使用すれば、ファームウェアが改ざんされたかどうかを毎日確認することが可能です。セキュリティ侵害が発生した場合は、自動的に既知の信頼できる状態にリカバリし、短時間でサーバーの運用を再開できます。

データセキュリティ

データ保護は、ネットワークのデータだけに限定すべきではありません。CNSA Suiteと呼ばれる最高レベルのセキュリティアルゴリズムを実装すれば、サーバー内にある最も機密性の高い情報を保護し続けることができます。
HPEがどのように独自のアプローチでセキュリティ脅威に対応しているのかを見る

コンプライアンスに即した基盤を提供

サーバー、ストレージ、およびネットワーク機器を含むHPEのインフラストラクチャスタックは、NIST 800-53の規制に基づいた検証を行っています。これにより、コンプライアンスに即した基盤を提供します。

HPEソリューションで取引優位性を獲得

HPEは金融業界のお客様向けに、高頻度取引(HFT)およびその他のフィンテックワークロードに欠かせない、ミリ秒以下のレイテンシーと99.999%の可用性を提供しています。

HPE ProLiant Gen10サーバープラットフォーム

HPE ProLiant Gen 10サーバーは、機密性が特に高いデータの保護に適した、高性能かつセキュアなシステムです。

HPEは独自の強みとして、自社製のカスタムシリコンにファームウェアを直接インストールすることで、当社が検証した競合サーバーの中でとりわけ高いセキュリティを実現しています。

Jason Shropshire
InfusionPoints社シニアバイスプレジデント兼CTO

HPE サーバーフォーラム 2017

HPEの新世代サーバーをご紹介するイベント「HPE サーバーフォーラム 2017~新時代のコンピュート エクスペリエンス~」で使用されたプレゼン資料は、下記のページよりダウンロードする事が出来ます。

HPEにお問い合わせください

セキュリティとアジリティに優れたハイブリッドインフラストラクチャを導入する方法について、HPEのエキスパートにご相談ください。

関連情報

ブログ記事 : HPEが提案する新時代のコンピュートエクスペリエンス【Vol.1】

Now You Can Keep Cybersecurity Costs Low & Protection High - Read Blog
ブログ記事

Keep cybersecurity costs low, protection high, and speed up deployment of IT security measures.

ブログ記事 : HPEが提案する新時代のコンピュートエクスペリエンス【Vol.2】

img-siss-170720-02
ブログ記事

HPEが提案する新時代のコンピュートエクスペリエンス【Vol.2】

ブログ記事 : HPEが提案する新時代のコンピュートエクスペリエンス【Vol.3】

resources_blog03
ブログ記事

HPEが提案する新時代のコンピュートエクスペリエンス【Vol.3】

ビデオ : Secure Compute Lifecycle 防御、検出、復旧 HPE ProLiantサーバーの ライフサイクル全体をカバー

Pub-8157_DataCenterInfrastructure_Resource_9-6_7_2x.md
ビデオ

Secure Compute Lifecycle 防御、検出、復旧 HPE ProLiantサーバーの ライフサイクル全体をカバー

ホワイトペーパー : HPEはどのように世界標準の安心サーバーを構築したのか(英語)

How World’s Most Secure Industry Standard Servers were Built
ホワイトペーパー | PDF

HPEが世界標準の安心サーバーを構築

ブログ記事 : セキュリティの攻撃対象がハードウェアに移りつつある(英語)

Why Security is a Constantly Moving Target
ブログ記事

Security Is A Constantly Moving Target, Isn't It Time To Secure The Hardware?

ビデオ : HPE Silicon Root of Trust (シリコンレベルの信頼性)の構築(英語)

ビデオを再生してHPEにおけるSilicon Root of Trustの構築方法を見る
ビデオ

世界で最もセキュアな業界標準サーバーとHPEにおけるSilicon Root of Trustの構築方法

ツール : あなたのセキュリティIQは?(英語)

セキュリティIQのクイズに答える
ツール

セキュリティIQの確認 クイズに答える

1. CNBC、2016年

2. http://its.ucsc.edu/security/detect.html (英語)、『2016年のサイバー犯罪コスト調査とビジネスイノベーションのリスク』、Ponemon Institute、https://www.hpe.com/us/en/resources/solutions/cyber-security-analysis.html (英語)

3. 『2016年のサイバー犯罪コスト調査とビジネスイノベーションのリスク』、Ponemon Institute、https://www.hpe.com/us/en/resources/solutions/cyber-security-analysis.html (英語)

4 & 5. HPEは業界標準サーバー用の独自のiLOサーバー管理シリコンチップセットを開発し、ファームウェアをこのシリコンに接続できるようにしました。

Always on Protection」による脆弱なファームウェアコードの検出機能と、既知の良好な状態に復旧できる独自の機能があり、マルウェアからの攻撃に耐えるファームウェアを実現しています。

HPEのスマートアレイコントローラカードを通じて、拡張性の高い方法で独自のデータ暗号化を実現します。

HPEは、サーバー、ネットワーク、ストレージ、ソフトウェア、およびオペレーティングシステムの包括的なソリューションでNIST 800-53のセキュリティコントロールをお客様に提供している唯一の業界標準サーバーメーカーです。