バックアップ基礎解説:オールフラッシュ時代のデータを保護する4つのポイント

  • ホワイトペーパー
  • PDF 1.30MB
  • 12ページ

概要

企業で管理と保護が必要なデータ量は年間40%のペースで増加しており、パフォーマンスやIT運用コストの軽減を求めて、フラッシュストレージの導入が進んでいます。しかし、注意が必要となるのがバックアップです。 実は、従来のままでは高速化した本番環境のパフォーマンスを低下させることになります。 そこで取り組みたいのが、オールフラッシュ環境など将来を見据えたバックアップ最適化のための4つのポイントです。バックアップ自体のフラッシュストレージへの最適化、効率的で確実なデータ保護手法などに取り組むことで、フラッシュ導入のメリットを最大限に活用しながら、ダウンタイムを抑制し、日々の管理・運用負担を軽減できます。 ...

企業で管理と保護が必要なデータ量は年間40%のペースで増加しており、パフォーマンスやIT運用コストの軽減を求めて、フラッシュストレージの導入が進んでいます。しかし、注意が必要となるのがバックアップです。 実は、従来のままでは高速化した本番環境のパフォーマンスを低下させることになります。 そこで取り組みたいのが、オールフラッシュ環境など将来を見据えたバックアップ最適化のための4つのポイントです。バックアップ自体のフラッシュストレージへの最適化、効率的で確実なデータ保護手法などに取り組むことで、フラッシュ導入のメリットを最大限に活用しながら、ダウンタイムを抑制し、日々の管理・運用負担を軽減できます。 本資料では、導入が拡大するフラッシュストレージのメリットから、この最先端の環境に適したバックアップ手法までを、分かりやすく解説します。ストレージとバックアップの基礎知識をあらためて確認したいというIT担当者にも参考になる資料となります。

企業で管理と保護が必要なデータ量は年間40%のペースで増加しており、パフォーマンスやIT運用コストの軽減を求めて、フラッシュストレージの導入が進んでいます。しかし、注意が必要となるのがバックアップです。 実は、従来のままでは高速化した本番環境のパフォーマンスを低下させることになります。 そこで取り組みたいのが、オールフラッシュ環境など将来を見据えたバックアップ最適化のための4つのポイントです。バックアップ自体のフラッシュストレージへの最適化、効率的で確実なデータ保護手法などに取り組むことで、フラッシュ導入のメリットを最大限に活用しながら、ダウンタイムを抑制し、日々の管理・運用負担を軽減できます。 本資料では、導入が拡大するフラッシュストレージのメリットから、この最先端の環境に適したバックアップ手法までを、分かりやすく解説します。ストレージとバックアップの基礎知識をあらためて確認したいというIT担当者にも参考になる資料となります。

Data Protection & Retention For All-flash Storage
今後ストレージはフラッシュへと移行 .... 2
今後データ保護はフラッシュ統合フラットバックアップへと移行 .... 3
データ保護の評価と 将来に向けた最適化 .... 5
完全な保護の実現 .... 7
パフォーマンス目標の達成 .... 8
コストの抑制 .... 10
結論 .... 11
Loading information, please wait