クラウド対応のオールフラッシュストレージのためのデータ保護戦略

  • パンフレット
  • PDF 1.30MB
  • 12ページ

概要

拡張性と 耐障害性に優れており、処理も高速。しかも使用可能容量1GBあたり1.50米ドルのフラッシュストレージが、低価格で入手できるようになりました。しかし、そのようなストレージのセキュリティに問題はないのでしょうか。

オールフラッシュデータセンターへの移行にあたり、エンドツーエンドのフラッシュストレージ戦略と強固なデータ保護ソリューションを統合することがきわめて重要となる理由をご確認ください。本書では、フラッシュ向けに最適化されたデータ保護に関する4つの主な留意事項を概説するとともに、すべてのプライマリデータを保護して長期間保持し、それらのデータからビジネス価値を引き出す方法を示します。

オールフラッシュデータセンターへの移行にあたり、エンドツーエンドのフラッシュストレージ戦略と統合されたデータ保護/保持ソリューションがきわめて重要となる理由をご確認ください。

オールフラッシュストレージのためのデータ保護および保持
フラッシュが新たな標準に ... 2
データ保護は今後、フラッシュ統合およびクラウド対応が主流に ... 2
クラウド対応保護機能によるデータ保護 ... 4
将来を見据えた最適なデータ保護ソリューションの選定: 5つの主な留意事項 ... 4
留意事項1 ... 5
留意事項2 ... 6
留意事項3 ... 7
留意事項4 ... 9
留意事項5 ... 10
結論 ... 12
その他の関連情報 ... 12
Loading information, please wait