StoreOnceシステム

データの増加によりバックアップ時間が増加し、SLAを満たせなくなったり、管理に費やすリソースが増大したりしていませんか。ランサムウェアによる脅威に対する懸念はありませんか。HPE StoreOnce Catalystを搭載したHPE StoreOnceシステムにより、企業全体をカバーする単一かつ高パフォーマンスのバックアップアーキテクチャーを構築できます。これらの製品では、格納が必要なバックアップデータの量が95%も削減されるだけではなく、大規模オフィスおよびデータセンター向けの強力な専用アプライアンスと、比較的小規模なオフィスやリモートオフィス向けの柔軟な仮想アプライアンスを選択することもできます。業界トップレベルを誇るバックアップおよびリストア速度により、バックアップ時間の短縮やリカバリに関するサービスレベル契約 (SLA) に対応できます。StoreOnce Catalystで、バックアップコピーに対するランサムウェアの脅威を回避します。さらに、HPE StoreOnceにより、お客様のバックアップアプリケーションを使用して、必要な場所で重複排除を実行するとともに、重複排除されたデータの企業全体にわたる移動を制御できます。Cloud Bank Storageを使用して現在のバックアップとビジネスアプリケーションをクラウド対応にすることで、HPE StoreOnceシステムによってさらに柔軟性が向上し、コスト、リスク、複雑さを削減できます。

最新情報

  • Gen10 ProLiantテクノロジーに基づく新しいStoreOnceシングルノードシステム。よりスケーラブルで柔軟な新しいVSAストラクチャ。10/25GbE-SFPおよび32Gbファイバーチャネルから選択できる新しいFlex I/O。
  • 包括的なライセンス構造へ移行する新しいStoreOnce製品。StoreOnce Catalystとレプリケーションは、追加料金なしで製品に含まれます (ごくわずかな料金で暗号化ライセンス)。
  • 他のHPEストレージ製品と同様に、新しく改善されたGUI。一元的な管理で複数のGen4 StoreOnceシステムやVSAを設定および監視できるFederated Managementを含みます。
  • ロールベースのアクセス管理 (RBAC) により、StoreOnceのユーザーに異なる役割/権限を割り当てることができます。
  • 新しいStoreOnce Gen4システムでのRMCダイレクトデータパスのサポートにより、RMC VMを経ずに3PARからStoreOnceへバックアップデータを直接移動します。
  • Catalyst/Catalyst CopyのCommvaultサポートを追加することで、StoreOnceとの緊密な連携が実現されます。

機能

小規模オフィスやリモートオフィスからエンタープライズデータセンターまで、業界をリードするスケーラブルなアーキテクチャー

スケーラブルなアーキテクチャーは、成長に応じた投資を可能にします。仮想バックアップソリューションまたは専用アプライアンスを通して使用可能な容量ポイントを選択することで、小さな容量から開始しても、仮想容量、シェルフまたはノードの形で容量を追加できます。

小規模のリモートオフィスからエンタープライズデータセンターまでのあらゆる要件に対応できる幅広い容量ポイントが用意されており、Federated Managementによる集中モニタリングと制御が可能です。

エンタープライズデータセンターの場合、HPE StoreOnce 5650の利用可能なローカルストレージは36TBから1.7PBまで拡張されています。Cloud Bank Storageでは最大5.2PBまで拡張できます。

中規模のデータセンターの場合、HPE StoreOnce 3620では16TBから31.5TB、StoreOnce 3640では36TBから108TB、StoreOnce 5200では36TBから216TB、StoreOnce 5250では36TBから864TBの利用可能な規模への拡張を選択できます。すべてのHPE StoreOnceシステムでCloud Bank Storageを使用して有効容量を3倍にすることができます。

小規模なオフィスやリモートオフィスの場合は、HPE StoreOnce VSA仮想アプライアンスを選択して、ライセンスを柔軟に最大500TBにし、Cloud Bank Storageを使用して有効容量を3倍にすることができます。

単一の重複排除テクノロジーHPE StoreOnceによる企業全体でのフェデレーテッドデヂュープリケーション

アプリケーションソース、バックアップサーバー、ターゲットアプライアンスにおいて、またはHPE RMCを介してHPE 3PAR StoreServから直接、重複排除が可能です。テクノロジーベンダーによって制限された場所ではなく、ビジネスにとって意味がある場所での重複排除が可能となり、時間とコストを節約できます。

HPE StoreOnceが提供する統合ソリューションにより、企業全体にわたるシームレスなデータ移動が可能になります。 これは、小規模のリモートオフィスに最適なコスト効率性の高い仮想バックアップマシン、大規模サイトに最適な高パフォーマンス専用アプライアンス、およびお客様のデータセンターに対応した拡張性に優れた強力なシステムで実現されます。

フェデレーテッドデヂュープリケーションは、専用アプライアンスや仮想バックアップソリューションなど、HPE StoreOnce Systemポートフォリオ全体にわたって利用可能です。さらに、Commvault、Data Protector、OSTを通じて提供されるVeritas社のNetBackupとBackup Exec、Veeam、およびBridgeHeadのソフトウェアを装備したメディアサーバーやアプリケーションサーバーも対象に含まれます。

また、HPE StoreOnceは、Oracle RMAN、SAP HANA、Microsoft SQL、およびSAP on Oracle向けの無償のCatalystプラグインを介して、クリティカルなビジネスアプリケーションをサポートしています。

StoreOnceの業界トップレベルのパフォーマンスで、所定時間内にバックアップを完了し、リストアに関するSLAを遵守

そのクラスで最も優れた幅広い価格性能比により、企業全体でデータが増加してバックアップ時間が短縮されるという課題に対処します。

StoreOnce VSAおよびHPE StoreOnce Catalystを使用する8ノードのHA連携型システムで最大288TB/時の業界トップレベルのパフォーマンスを実現します。

HPE StoreOnce 5650では最大47TB/時、HPE StoreOnce 5250では最大41TB/時、HPE StoreOnce 5200では最大33TB/時を実現します。

HPE StoreOnce 3640およびHPE StoreOnce Catalystでは最大18TB/時、HPE StoreOnce 3620では最大14TB/時を実現します。

StoreOnce Catalystにより自動化され、効率性が向上したバックアップおよびディザスタリカバリ操作

StoreOnce Catalystにより、バックアップおよびディザスタリカバリ操作を1つの画面から管理できます。バックアップとコピーは、Ethernetおよびファイバーチャネルを介してサポートされます。

複数サイト対応機能の欠如、帯域幅のコスト、および時間の制約により以前は不可能だったディザスタリカバリプランを導入できます。

1対多のディザスタリカバリにより、データを1つのサイトから多数のサイトに同時に移動できます。カスケード方式のディザスタリカバリにより、Cloud Bank Storageを使用してデータを1つのサイトから任意の数の別サイト (クラウドなど) に順次移動できます。

Reporting Centralでの警告通知や傾向分析により、バックアップ容量の一元管理が可能です。

  • Microsoft®はMicrosoft Corporationの米国における登録商標です。
  • VMware®は、アメリカ合衆国およびその他の司法管区におけるVMware, Inc.の登録商標です。
  • NetBackup™は、米国およびその他の国におけるSymantec Corporationの商標です。
  • Oracle®は、米国およびその他の国におけるOracle Corporationの商標です。
  • Hyper-V®は、米国およびその他の国におけるMicrosoft Corporationの登録商標です。
  • Backup ExecはOracle Corporationの商標です。
  • SymantecはSymantec Corporationの商標です。