WindowsおよびLinux用のScripting Toolkit (STK) は、HPE ProLiantサーバーの構成手順を自動化する柔軟なスクリプトを提供し、大量のサーバー展開を迅速化し、展開時間を大幅に短縮します。STKには、自動展開プロセスにスクリプトツールを適用する方法を説明した一連のユーティリティモジュールとマニュアルが含まれています。STKは、大量のHPE ProLiantサーバーを導入するための自動インストールを提供し、iLO (Integrated Lights Out)、BIOSなどの他の管理ツールと統合され、Intelligent Provisioningに基づきます。「ラックに取り付けるだけで構成が完了する」自動インストールのアプローチによって、不足しがちなITリソースを開放し、複数のサーバーが存在する環境で一貫性のあるサーバー構成を実現し、オペレーティングシステム展開の一般的な方法を統合します。以前のバージョンは、SmartStartに基づいており、SmartStart Scripting Toolkitと呼ばれていました。

機能

ProLiantサーバー環境を多く展開するためのスクリプト作成機能

HPE ProLiant BL/ML/DL /SL、XL 100、300、500、700、800シリーズサーバーをWindowsとLinuxの両方の環境でサポート。

実績のあるテクノロジーを使用し、一貫性のある信頼性の高い大規模なサーバー構成を実現します。

32ビットおよびx64 Windowsツールキットは、1つのパッケージにまとめられます。

技術ユーザー向けの高度なマルチサーバー展開

サーバーハードウェア、アレイ、およびiLO構成スクリプトファイルを簡単に作成して適用できるレプリケーションユーティリティが含まれています。

標準のハードウェア構成ファイルを柔軟に編集するための構成ファイルを提供します。

IT管理者は、サーバー構成ファイルのスクリプトを作成し、オペレーティングシステムの自動インストールツールにリンクさせることができます。

「ラックに取り付けるだけで構成が完了する」自動インストールによって不足しがちなITリソースを開放

複数のサーバー間で一貫性のあるサーバー構成を提供

操作方法の情報とサンプルスクリプトを提供するドキュメント。

オペレーティングシステムの一般的な展開方法に統合されています。

その他の機能

LinuxおよびWinPEの機能: USB、ISO、PXE、および高度なスクリプト作成のサポート

WinPEは、Visual BasicとWMIの両方をサポートします。

パスワードの使いやすさのアップデートとWinPE 10のサポート

新しいスクリプト作成機能を使用するには、iLO RESTful APIを活用しRedfish APIに準拠するRESTfulインタフェースツールを使用します。詳細については、http://www.hpe.com/info/resttoolを参照してください。

  • Microsoft®は、米国およびその他の国/地域における Microsoft Corporationの登録商標です。Red Hat® は、米国およびその他の国/地域におけるRed Hat, inc.の商標です。VMware®は VMware, Inc.の米国およびその他の国/地域における登録商標です。vSphere®はVMware, Inc.の米国およびその他の国/地域における登録商標です。