サーバーのアップデートにどれだけの時間とお金を費やしていますか。HPEのSmart Updateテクノロジーは、Smart Update Manager (SUM) とProLiant用のサービスパック (SPP) から構成されており、時間がかかり、高価で、エラーが発生しやすいアップデートの問題を解決します。SUMは、HPE ProLiant、HPE Synergy、HPE BladeSystemおよびHPE Moonshotインフラストラクチャのファームウェア、ドライバー、およびシステムソフトウェアや関連オプションを最新の状態で安全に維持する革新的なツールです。SUMは、インストールされているハードウェアとファームウェア、ドライバー、およびシステムソフトウェアの現在のバージョンを検出し、推奨されるアップデートを提示し、アップデートを効率的な順序で適用し、運用への影響を軽減します。SUMには、アップデートプログラムを適用するためのさまざまなインターフェイスが用意されており、ニーズに合ったインターフェイスを選択できます。サーバーがオフラインまたはオンラインであっても、サーバーをローカルまたはリモートからWebブラウザーから、またインタラクティブまたは自動的にアップデートできます。

最新情報

  • HPE iLOと統合され、管理ネットワーク経由で安全にアップデートできます。
  • ファームウェア、ドライバー、およびシステムソフトウェアは包括的なセット (SPP) として検証され、アップデートが効率的かつ正確に適用されることが保証されます。
  • 最後に利用していた正常な (ブックマークされた) アップデートに戻すためのロールバック機能を内蔵。
  • 改ざんのないアップデート – ファームウェアのアップデートはHPE iLOからのみアクセス可能で、デジタルで検証されます。
  • HPE iLO Amplifier PackおよびHPE OneViewとのSmart Update統合によって手動での介入を最小限に抑えた、簡易なアップデートプロセス。

機能

サーバー管理の簡便性の向上

Smart Update Manager (SUM) を使用すると、ブラウザーベースのGUI、CLI、またはインタラクティブCLIを使用でき、各ユニットを物理的に扱う必要がなくなり、スタッフの移動時間を短縮できます。

HPEは、サービスパック for ProLiant (SPP) と組み合わせて、最新のファームウェアとドライバーを適用し、HPEシステムを稼働させる完全なソリューションを提供します。

HPE OneViewおよびHPE iLO Amplifier PackとSUMを統合することで、HPE OneViewおよびHPE iLO Amplifier Pack内のファームウェア、ドライバー、およびシステムソフトウェアのアップデートが可能になります。

それぞれのサービスパック for ProLiant (SPP) の広範なテストに基づいて、HPE Onboard AdministratorおよびHPE Virtual Connectを含む、依存関係を考慮した包括的な情報を提供

対象のアップデートプロセスの詳細情報を提供するライブログなどの展開

パフォーマンス、柔軟性、およびセキュリティの向上

Smart Update Manager(SUM)は、ターゲットノード上のエージェントやその他の永続的にインストールされたソフトウェアを必要とせずに動作します。

検証、ガイド付きアップデートでのベースラインの割り当て、動的フィルタリング、サーバーモデルごとのフィルタリング、およびhttpサーバーからベースラインをダウンロードする機能などのベースライン機能

ファームウェアのアップデートはHPE iLOからのみアクセス可能で、デジタルで検証されるため、改ざんのないアップデートが可能になります。

簡易化したProLiantシステムソフトウェアの配信

Smart Update Manager(SUM)は、ProLiant(SPP)用の各サービスパックの広範な相互依存テストと相互依存結果のSUMへの事前ロードにより、お客様の認証サイクルを短縮します。

Smart Updateテクノロジーのアーキテクチャーは非常に効率的であり、スタンドアロンと、HPE OneView、HPE iLO Amplifier Pack、Intelligent Provisioningとの統合環境の両方でスケーラビリティに優れた強力でありながら軽量なアプリケーションを実現します。

オンラインファームウェアとドライバーのアップデートを幅広くサポートし、アクティブにするためには一度再起動が必要なだけであり、ダウンタイムを短縮できます。

ドキュメントのフォーマットとコンテンツに一貫性があると、分かりやすく使いやすくなります。

  • 15kW~50kWの範囲