従量制課金による迅速なバックアップ/リカバリ

日々の運用から将来の戦略的プランニングに至るさまざまな状況で、データは、インテリジェントな企業の価値ある資産として扱われています。データが急増し、そのコピーが無秩序に分散すると、バックアップとデータ保護の課題も増加します。とりわけ、それが当てはまるのは、複雑なハイブリッドクラウド環境、進化する脅威、コンプライアンスなどが背景にある場合です。HPE GreenLakeでは、HPE StoreOnceとクラウドサービスを組み合わせてオンプレミスのデータを保護するソリューションを提供しています。これにより、お客様は、ビジネスに不可欠なデータを保護するとともにデータの新たな価値を引き出すことができます。しかも先行投資が不要です。バックアップ、リカバリ、データ保持において、信頼性とコスト効率を向上させ、自動化を実現できます。また、オーバープロビジョニングのリスクも発生しません。従量制課金で展開できるため、実際の使用量がコストに反映されます。さらに、このソリューションは、あらかじめ構成したモジュール式のオプションにより、お客様のオンプレミス、またはコロケーションのデータセンターにわずか14日で提供することが可能です。

クラウド対応のデータ保護

コスト、リスク、複雑さを削減する一方で、低コストのアーカイブとディザスタリカバリを可能にし、データセンターを瞬時に保護できます。また、小規模オフィスからエンタープライズに至る環境で高い拡張性を実現することが可能です。

オンデマンドでスケール可能

想定外の容量増加に対応できるように、展開環境には、バッファー容量が含まれています。ただし、お支払いいただくのはそれを使用した場合のみです。増量が必要な状況が継続すると、HPEのチームがそれを検知し、容量追加をお客様にご提案します。 

従量制の支払い

使用量に応じた変動月額制により、データ保護のための高額な資本コストが事前に発生しません。さらに、HPE GreenLake Centralプラットフォームでは、透明性が確保された状態で使用量をいつでも確認できます。

ITリソースの解放

HPEのエキスパートが、HPE GreenLakeの展開を管理するため、お客様のITチームは、ビジネス価値を創出する業務により多くの時間とリソースを割くことができます。

データ保護の構成

HPE GreenLakeでは、従量制課金モデルを利用して、安心のデータ保護を実現できます。また、必要になる前に容量を柔軟に拡張でき、フットプリントを最大95%削減することが可能です。  1従量制を取るこのソリューションは、業界をリードするHPE StoreOnceテクノロジーを活用して、低コストで俊敏性の高いストレージのニーズに対応します。さらに、小規模のリモートオフィス、大企業、サービスプロバイダーなど、さまざまな規模の展開を可能にします。

  • プライマリストレージとクラウド間における、シンプルで効率性の高いデータモビリティ
  • 10倍の容量 2を確保でき、最大104PBにまで拡張可能 (1システムあたり)
  • サポート対象の独立系バックアップベンダーからなる広範なエコシステム
  • 高パフォーマンスのバックアップとリストア (それぞれ23倍、15倍)
  • クラウドストレージと比較してコストを最大20分の1に削減3
  • HPE GreenLake Centralプラットフォームによる包括的な管理