HPE コンピュート・サーバー製品が選ばれる理由

ワークロードに最適化されたソリューションをas a serviceで提供し、デジタルトランスフォーメーションを加速します。

HPE GreenLake for Computeの詳細はこちら
TRANSFORM

エッジからハイブリッドクラウドまでのIT資産をモダナイズし、デジタルトランスフォーメーションの効果を最大限に引き出します。ワークロードに最適化されたインテリジェントなコンピューティングシステムおよびソリューションで、俊敏性を向上し運用を効率化すると同時に、機会を迅速にイノベーションにつなげることで、新たなビジネスチャンスをサポートします。

ACCELERATE

コンピュート管理の革新的アプローチを通じて、複雑な運用を自動化しエッジからクラウドに至るまで高速化と簡素化を促進します。AI主導のオペレーションで問題を予測および防止し、ヘルスやパフォーマンスに関するインサイトを活用して、迅速な解決とビジネス成果の向上を可能にします。

INNOVATE

ハイパフォーマンスソリューションを活用して、オンプレミスまたはクラウドのスケールアップやスケールアウトを行います。専用のインフラストラクチャとソフトウェアで、HPC、AI、分析機能を迅速に採用し、拡張できます。最先端のスーパーコンピューティングテクノロジーで、極めて複雑な問題を解決できます。また、HPE GreenLakeを通じてas a Serviceで利用できます。

PCサーバー部門 満足度調査で1位を獲得!
顧客満足度調査 2022-2023、自治体ITシステム満足度調査 2022-2023

HPEは、日経コンピュータ 2022年9月1日号「顧客満足度調査 2022-2023」ならびに日経BPガバメントテクノロジー 2022年秋号「自治体ITシステム満足度調査 2022-2023」のPCサーバー部門で1位を獲得いたしました。

画像をタップして拡大する
画像をタップして拡大する

[調査概要]
顧客満足度調査 2022-2023 は、企業向けIT 関連製品やサービス 全25 部門におけるIT ベンダーに関する満足度を、CIO(最高情報責任者)や情報システム部長といった製品・サービス導入の責任者が評価するものです(日経BP「日経コンピュータ」が企画・実施)。
詳細情報は URL:https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/news/18/13289/ をご覧ください。

[調査概要]
「日経BPガバメントテクノロジー 自治体ITシステム満足度調査」は、日経コンピュータ誌が企画・実施した「顧客満足度調査」(対象は民間企業を含む1万1501社・団体の情報システム部門)のうち、官公庁・自治体の計149団体からの回答を集計したもの(調査票発送数は1630団体)。

大量に生成されるデータの利活用で求められるデータサイエンスの人材育成と研究・開発を加速

東京情報大学がAMD EPYCプロセッサー搭載のHPE ProLiant Gen10サーバーをデータサイエンスの研究拠点に導入。学生のスキルアップと企業との共同研究を支える研究基盤として利用を開始。

お客様導入事例はこちら

注目のHPE サーバー ソリューション

AIと分析

指数関数的に増加するデータを、有益な情報、アクション、価値に変える必要があります。包括的なデータ戦略、適切な専門知識、急拡大しているベンダーエコシステムを利用することで、エンタープライズAIを適切に展開できます。

仮想化とハイブリッドクラウド

HPEが、あらゆる場所にあるアプリケーションとデータの俊敏性を向上させます。最新の一元的な仮想化およびハイブリッドクラウド戦略を策定することで、複雑さを軽減してサイロを解消するとともに、共通のツール、プロセス、自動化により、運用および導入の迅速化を実現します。

ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)

HPEのHPCソリューションは、イノベーションを推進するための専用設計のストレージとソフトウェアにより、オンプレミスまたはクラウドでスケールアップとスケールアウトのどちらにも対応できます。コスト面のニーズに合わせて、すべてのワークロードに対応できます。