オークリッジ国立研究所

米国エネルギー省とHPEは、オークリッジ国立研究所に最初のエクサスケールスーパーコンピューターを2021年に展開します。

FRONTIER

オークリッジ国立研究所はエネルギーとセキュリティの分野で重要な科学的課題を探求し、それらに対する革新的な解決方法を提供しています。研究は理論から始まりますが、最終的には、世界をより安全で、衛生的で、健全なものにする製品やサービスを市場に送り出します。

+ もっと見る

最新情報

CrayとAMDがDOEのエクサスケールFrontierを拡張

CrayとAMDが再びパートナーシップを結び、オークリッジ国立研究所で世界最大で最高額のスーパーコンピューターに取り組みます。

最新情報

CrayとAMDがDOEのエクサスケールFrontierを拡張

CrayとAMDが再びパートナーシップを結び、オークリッジ国立研究所で世界最大で最高額のスーパーコンピューターに取り組みます。

Frontierのご紹介

オークリッジ国立研究所のエクサスケール時代の新スーパーコンピューター

  • 1000
    100京 (10の18乗) とはどれくらいの大きさでしょうか。

    天の川銀河の直径 (km) に相当します。1

  • 100,000
    HDムービーを1秒でダウンロード

    ネットワーク帯域幅は家庭用の最高速インターネット接続の280万倍です。2

  • 2
    バスケットボールコート

    Frontierの床面積は7,300平方フィート以上

エクサスケールでの米国の未来

エクサスケールは1クラス上のコンピューティングパフォーマンスで、現在の最高レベルのスーパーコンピューターより5倍高速に演算処理できます。

動画を見る(英語)
Frontier: 発見への道

2021年に運用開始予定のFrontierは、科学技術分野でのイノベーションを加速し、ハイパフォーマンスコンピューティングやAI分野での米国のリーダーシップを維持します。