好奇心から始まったスーパーコンピューティングの歴史

Crayスーパーコンピューターの歴史

可能性の限界を超える

スーパーコンピューティングの歴史は一人の人物のビジョンから始まりました。Seymour Crayは、コンピューターの設計技術や、回路と配線から速度を引き出すことに高い関心を持ち、それらを無駄なく洗練された操作で行うことに熱心に取り組んでいました。

Crayは、1972年にCray Research社を設立し、世界最速のコンピューティングシステムを実現するというビジョンの実現を目指しました。彼は何度も挫折を経験しましたが、それでも開発を続けました。

彼のビジョンと少人数のエンジニアグループによって、Cray-1スーパーコンピューターが誕生したのです。エンジニアリングの傑作であるCray-1は、処理能力から冷却機能、パッケージングに至る優れた性能によって、それまでのコンピュートテクノロジーを一変させ、Crayの名前とその功績を歴史に刻みました。

Cray-1からHPE Crayまでの歩み

​Cray Research社の設立当初の使命は、業界最速のコンピューターを構築し、科学向けの大規模コンピューティングの業界をリードすることでした。しかし、システムが社会にもたらす可能性を知るにつれ、その使命は拡大していきました。スピードを追い求めるだけではなく、世界をより安全に、より健全に、よりスマートにするために、科学的および産業的問題の解決に貢献するという新たな使命が加わったのです。

HPEとSeymour Crayはそのビジョンを共有し、2019年、HPEがCrayを買収することにより、可能性に満ちたスーパーコンピューティングの新たな歴史が幕を開けました。 

+ もっと見る