プライベート5G

プライベート5Gとは

プライベート5Gとは、帯域幅を企業に提供する、極めてセキュアなアクセス制限付きネットワークのことです。このネットワークは、高度に特殊化およびカスタマイズされたアプリケーションに対してのみ動作するため、レイテンシの問題が発生しにくくなっています。企業組織は、ロボティックや産業用IoT、データネットワークやパイプライン、セキュリティシステムの円滑化などのアプリケーションでプライベート5Gネットワークを利用します。

プライベート5Gが選ばれる理由

プライベート5Gの重要性は、このネットワークのセキュアな性質にあります。優先アクセスのみに使用を限定することで、このネットワークは、自社のデータアーキテクチャー内で莫大な量のデータ処理、セキュリティ、デバイス接続を維持するために多くの組織が必要とする速度、帯域幅、可用性を提供します。

プライベート5Gは、高速な5G Wi-Fiよりも良好なカバレッジを確立し、所定のユーザーベースに対して、より綿密で信頼性の高いカバレッジを提供します。また、プライベート5Gネットワークには、5G Wi-Fiでも提供されていないカスタマイズ機能があり、業種や企業に特有の状況や要件に対応できます。

関連するHPEのソリューション、製品、サービス

組織には高速なデータ伝送速度と低レイテンシを自社のネットワークに提供するという共通のニーズがあり、プライベート5Gネットワークには、企業のインフラストラクチャ内の効率的なデータ処理やデータストレージのアプリケーションで必要とされるサポートを提供できる能力があります。

このネットワークを使用すれば、企業はエッジからクラウドまでのアプリケーションにわたるプライベートネットワーキング用の独自の機能を備えた接続を提供できるようになります。専用の容量、環境全体での通信範囲とセキュリティの強化、現在のWi-Fiネットワークとの補完的インターワーキングを備えているプライベート5Gテクノロジーは、コスト効率に優れた屋内接続により、広域対応ネットワークに大きな変革をもたらしています。

プライベート5Gネットワークを構築する方法

5Gネットワークの実装は、購入することも構築することもできます。構築することを望む場合、業種や企業に特有のニーズに対応できる適切な基盤を築くまでに極めて重要なステップがあります。まず、企業はプライベート5Gネットワークを構築するために広範囲に及ぶ要件を検討し、その構築プロセスを進めることに専門知識を提供できるプロフェッショナルとパートナーを組む必要があります。このプロセスは非常に特殊であるため、スペクトル割り当て、機器、ベンダーサービスの取得に関連するさまざまな問題あります。このネットワークを自社用に構築することにとってエキスパートは非常に貴重な存在です。

1.       プライベート5Gネットワークの構築の最初のステップは、行政機関またはモバイルネットワークサプライヤーからスペクトル割り当てを取得することです。プライベート5Gネットワークをホスティングするのに必要なスペクトルを利用できる必要があります。スペクトル割り当てに関連する費用は多くの場合高額になりますが、この初期投資を行うことで、自社用のプライベート5Gネットワークの構築を開始することができます。

2.       スペクトル割り当てを取得した後に、物理インフラストラクチャに必要となるツールや機器を調達します。基地局、中継塔、およびさまざまな技術資産が必要です。

3.       マネージドサービスプロバイダー (MSP) を見つけることが、構築プロセスでは極めて重要です。そうすることで、ニーズに合わせて意図的でカスタマイズされた設計、ネットワークの展開、システムを積極的に稼働したときにサポートする組織など、企業に対する監視やメンテナンスが確立されます。

HPEとプライベート5G

HPEはプライベート5Gソリューションによりエンタープライズ向けコネクティビティにおけるリーダーシップを拡大しており、プライベート5GとAruba Wi-Fiネットワーク経由のHPE GreenLakeによってそれが可能になっています。展開オプションはお客様のニーズに合うようにカスタマイズされます。軍事、石油/ガス、海運などの機密性の高いアプリケーションやリモートアプリケーションも含まれます。

HPEのプライベート5Gテクノロジーを使用すれば、プライベート5GとWi-Fiの両方にわたるシームレスなインターワーキングで両方の世界を最大限に活用できます。そして、無線アクセスが事前統合されているため、HPE GreenLakeによるas a serviceでHPEのプライベート5Gソリューションを迅速かつ柔軟に展開できます。

HPEのプライベート5Gソリューションは、クラウドネイティブなコンテナベースの5GコアネットワークソリューションであるHPE 5G Core Stackをベースとしています。モジュール方式の運用と自動化のための豊富な機能を提供しているため、このソリューションはアジャイルであり、お客様に特有のニーズに合わせて完全に構成可能です。HPEは、お客様がセキュアで拡張可能で動的なプライベートネットワークを展開することを支援するのに最適なパートナーです。自動化された運用は、企業ユーザー向けのセルフサービスポータルおよび管理者向けの高度なポータルを提供するHPE Service Directorによって制御され、顧客とITMDの両方にサポートと使いやすさを効果的に提供します。