運用テクノロジー (OT)

運用テクノロジー (OT) とは?

運用テクノロジーには、データ取得システム、制御システム、産業用ネットワークなどが含まれます。これらは、工業や製造業を手がける多くの組織の「エッジ」で稼働しています。こうした高度なOTデバイスは、リアルタイムでデータのキャプチャーと分析を行い、動作します。

コンバージドOT + ITとは?

OTとITを一体化した物理システムによって、OTの機能とエンタープライズクラスのIT機能を1つのシステムに統合し、工業や製造業のエッジに展開できます。これにより、省スペース、省エネ、パフォーマンスの高速化、運用コストの削減など、大きなビジネス上のメリットを得られます。

関連するHPEのソリューション、製品、サービス

コンバージドOT + ITの課題

コンバージドOT + ITシステムを新たに導入することは簡単ではありません。テスト済みかつサポート付きのOTハードウェアコンポーネントを適切に組み合わせる判断や、オペレーティングシステム、ファームウェア、ドライバー、管理ツールなどの正確な選定にはどうしても時間がかかります。また、構成と展開を行う際に問題が発生すれば、導入が困難になりかねません。適切に統合されたオールインワンのコンバージドシステムなら、コンバージドOT + ITのセットアップを簡素化して短時間で完了できます。

HPE Edgeline OT Linkとは

HPE Edgeline OT Linkは、ソフトウェア デファインド インテリジェントハードウェアとソフトウェアで構成されます。これにより、コンバージドOT + ITシステムの展開と管理を、安全かつ確実な方法で大幅に簡素化できます。HPE Edgeline OT Link は、HPE EdgelineでサポートされるOT Link認定済みモジュールの組み合わせに加え、構成とアプリケーションオーケストレーションをソフトウェア デファインドで行う、OT Linkプラットフォームとワークロードオーケストレーションのソフトウェアを通じて提供されます。

HPEがOT Linkを提供する方法

HPE Edgeline OT Link認定済みモジュール: 制御システム、データ取得システム、産業用ネットワークと、サードパーティ製カスタムSWおよびHWを展開する、オープンSDK/APIとOT Linkサービスを統合した物理モジュールです。

HPE Edgeline OT Linkプラットフォームソフトウェア: HPE Edgelineコンバージドエッジシステムと、サードパーティ製の産業用標準x86システムの構成とオーケストレーションを高速化および簡素化します。

HPE Edgelineワークロードオーケストレーター: HPE Edgelineコンバージドエッジシステムに展開できる、コンテナ化した分析の一元的リポジトリです。

HPE Edgeline OT Linkのメリット

HPE Edgeline OT Linkなら、Edgelineコンバージドエッジシステムをワンタッチプロビジョニングで迅速に展開でき、OT + ITのアプリケーションを数クリックで簡単にオーケストレーションできます。また、セキュリティとエンタープライズクラスの信頼性が統合されたコンバージドエッジシステムの保護により、安全性も確保されます。