CloudOps

CloudOpsとは

「クラウドオペレーション」または「クラウド運用管理」と呼ばれることが多い「CloudOps」という用語は、クラウドインフラストラクチャで実行されるソフトウェアとサービスの機能、セキュリティ、アクセシビリティの監視と維持に使用する一連の手順、手法、設備を指します。

CloudOpsは、サーバー、ストレージ、ネットワーキング、アプリケーションなどのクラウドリソースがクラウド環境で効率的かつ効果的に機能するよう、それらのリソースの運用を管理することを意味します。

クラウドベースアプリケーションのパフォーマンスの監視と分析、クラウドリソースの設定と構成、アプリケーションの展開と拡張の自動化、データのセキュリティとコンプライアンスの確保、クラウドサービスのコストの管理はすべて、クラウドオペレーションチームの管轄下に置かれるタスクです。

ビジネスオペレーションでクラウドを活用する組織には、アプリケーションやサービスをユーザーに常時提供できるようサポートするとともに、拡張することでニーズの変化に対応できるという理由からCloudOpsが必要です。

CloudOpsの役割

CloudOpsソリューションは、パブリック、プライベート、ハイブリッドクラウドを含む、クラウドベースのアプリケーションとサービスの管理と最適化に必要なツールと手順を企業に提供します。

CloudOpsの最も重要な役割と責任には、次のようなものがあります。

クラウドインフラストラクチャの管理: CloudOpsチームは、クラウドインフラストラクチャで使用される仮想マシン、コンテナ、ストレージ、ネットワーキングなどのリソースを設定、構成、監視します。

クラウドアプリケーション管理: クラウドベースアプリケーションが確実、迅速、かつ安全に動作するよう、CloudOpsチームはそれらのアプリケーションを構築して管理します。

パフォーマンス監視: CloudOpsチームは、クラウドベースのインフラストラクチャとアプリケーションの稼働状況の監視、パフォーマンスの問題の特定と修正、使用可能なリソースの最適な活用を指揮します。

セキュリティ管理: クラウドインフラストラクチャとクラウドアプリケーションが安全でポリシーに準拠しており、インターネットの脅威から守られていることを保証するのは、CloudOpsチームの責任です。

コスト管理: CloudOpsチームはクラウドのコストを管理し、使用可能なリソースを最大限に活用してコストを節約する方法を見つけ出します。

自動化とオーケストレーション: 生産性を向上させてミスを減らすために、CloudOpsチームは、展開や拡張などの一般的な運用や手順を自動化します。

CloudOpsが重要な理由

クラウドインフラストラクチャ、サービス、アプリケーションの管理と最適化は、クラウドオペレーションまたはクラウド運用と呼ばれます。クラウドベースのシステムに簡単にアクセスできるようにしたり、そうしたシステムをすぐに拡張できるようにしたり、そうしたシステムを効果的に稼働させたりするには、自動化されたツール、手順、ベストプラクティスを使用する必要があります。

CloudOpsは、次のようないくつかの理由から必要不可欠なものであり、組織に幅広いメリットをもたらします。

自動化の促進: CloudOpsテクノロジーを活用すれば、サーバーやストレージのプロビジョニング、アプリケーションのテスト、監視、報告、構築、セキュリティイベントの修正など、さまざまなルーチンタスクを簡単に自動化できます。

コストの最適化: CloudOpsは、リソースの管理を自動化して十分に活用されていないリソースやオーバープロビジョニング状態のリソースを特定し、コスト削減対策を講じることにより、企業がクラウドリソースを最適化してコストを減らせるようにします。

アジリティと拡張性: 組織が、ビジネスニーズの変化に応じてアプリケーションやサービスをすばやく展開したり拡張したりできるようにします。これにより、組織はアジリティを向上させて顧客のニーズにすばやく対応することが可能になります。

信頼性と可用性: CloudOpsは、監視、アラート、インシデント対応プロセスを自動化することにより、クラウドベースのシステムの信頼性と可用性を確保できるようにします。これにより、組織はダウンタイムを回避してサービスの可用性を高いレベルで維持することが可能になります。

セキュリティとコンプライアンス: CloudOpsにより、組織はクラウドベースのシステムを確実に保護して業界の規制や標準に準拠させることができるようになります。これには、セキュリティ制御の実装、セキュリティ脅威の監視、クラウドインフラストラクチャやクラウドアプリケーションの監査などが含まれます。

CloudOpsのメリット

サービスデリバリの向上: CloudOpsは、分析レポートの生成、ビルドの作成、インフラストラクチャのプロビジョニングなどの多数のシステムタスクを自動化します。これらのプロセスの自動化により、ITの生産性、運用効率、サービスデリバリが向上します。

クラウドの可用性の維持: CloudOpsは、リアルタイムでリソースを拡張したり、クラウドアプリケーションをアップデートしたり、データ転送を監視したり、必要に応じてクラウドアセットを展開したり、要求の処理を自動化したりします。

拡張性。新しい仮想マシン、物理サーバー、ストレージを瞬時にプロビジョニングしてアジリティを大幅に向上させることにより、変わりやすい容量の需要に対応します。

利便性: CloudOpsにより、チームはサービスの障害やダウンタイムを伴うことなく、あらゆる場所からいつでもリモートでアプリケーションやプロセスを実行できます。

データセキュリティの強化: CloudOpsは、潜在的な脆弱性を修正し、マルウェアスキャンを実行したり、データを暗号化したり、アプリケーションにパッチを適用したり、潜在的な攻撃を検出したり、ファイアウォールを設定したり、コンプライアンスを管理したりすることを目的としています。

ディザスタリカバリの負荷の軽減: CloudOpsは、自動化されたツールを使用してオフサイトのサーバーからのデータのバックアップとリカバリを行うことにより、事業継続性を確保します。

CloudOpsのベストプラクティス

企業は以下に概説されているベストプラクティスを使用することにより、CloudOpsの運用の効率とコスト効率を向上させてセキュリティとコンプライアンスを確保し、より確実にビジネス目標を達成することができます。

  • 自動化: 時間を節約してミスを防ぐために、展開、拡張、監視などの一般的なプロセスを自動化します。
  • 最適化: 適正規模化、予約インスタンス、スポットインスタンスなどのツールや戦術を使用してクラウドリソースの稼働率とパフォーマンスを向上させます。
  • セキュリティとコンプライアンス: クラウドのリソースとデータを守るために、暗号化、アクセス制御、ネットワークセグメンテーションなどのセキュリティのベストプラクティスを使用します。
  • 制御と可視化: 監視ツールや分析ツールを用いてクラウドリソースの消費量とパフォーマンスを可視化し、リソース稼働率を管理して最適化するための制御を実現します。
  • ガバナンス: コンプライアンスと責任を保証するために、クラウドリソース管理の明確なルール、プラクティス、役割、責任を定めます。
  • 標準化: 一貫性を確保して複雑さを軽減するために、標準のアーキテクチャー、テンプレート、設定を使用します。
  • コラボレーション: 開発、運用、およびその他の関係者間の連携を促し、コミュニケーションを強化してプロセスを簡素化します。
  • 監視とアラート: 早い段階で問題を特定してプロアクティブに対処するために、監視システムとアラートシステムを使用します。
  • コストの最適化: 適正規模化、予約インスタンス、スポットインスタンスなどの戦術を用いることにより、コストを削減しながらクラウドリソースを最大限に活用します。

CloudOpsの課題

CloudOpsには、次のようなさまざまな課題があります。

複雑さ: 多数のサービスやツールによってクラウド環境が複雑になり、リソースの効率的な管理と最適化が難しくなることがあります。

セキュリティ: クラウド環境はたびたびサイバー攻撃の標的になるため、クラウドインフラストラクチャを保護するには、一般的なITセキュリティとは異なる戦略が必要です。

ガバナンス: いくつかのチームにわたるクラウドリソースを管理しながらガバナンスとコンプライアンスを維持するのは、容易ではありません。

スキルギャップ: CloudOpsでは従来のIT運用とは異なる能力が求められるため、適任の担当者を見つけるのが難しい場合があります。

コスト管理: クラウドサービスは高額な場合があり、さまざまなプロバイダー、サービス、使用パターンにわたるコストを管理するのは容易ではありません。

統合: クラウドサービスとオンプレミス インフラストラクチャやその他のクラウドサービスを統合するのは難しく、時間がかかる場合があります。

変更管理: クラウドシステムの変更の管理は、新しいサービスや機能の継続的な導入によって複雑になることがあります。

ベンダーロックイン: クラウドプロバイダーの変更は複雑でコストがかかる場合があり、企業は長期間にわたって1つのプロバイダーに依存することになるというリスクを負います。

このような課題は、企業におけるクラウドサービスの利用やCloudOpsの手順の導入の妨げになることもありますが、セキュリティ、コンプライアンス、および高コスト効率を維持しながらクラウドリソースを効率的に管理して最大限に活用するためのポリシーと手順を作成することにより、企業はこうした課題を克服できます。

HPEとともにCloudOpsを導入する方法

HPEとともにCloudOpsを導入したいとお考えのお客様は、次のようないくつかのステップで導入を進めることができます。

CloudOpsを導入するにあたっては、その前に自社の要件と目標をしっかりと把握しておくことが非常に重要です。それにより、自社に最適なクラウドサービスとクラウドソリューションを決定できます。

自社の目的と目標をしっかりと把握したらクラウド戦略を策定します。そのときには、自社に最適なクラウドプロバイダーとクラウドサービスだけでなく、クラウドリソースを管理したり最大限に活用したりする方法も決定します。

HPE GreenLakeには、HPEが提供するクラウド管理製品が組み込まれており、これらのソリューションを使用することでクラウドリソースを管理してコストを節約し、コンプライアンスとセキュリティを確保できます。

HPEのスペシャリストと連携すれば、CloudOps戦略を策定、実装、管理しやすくなります。HPEでは、クラウドエキスパートのチームがお客様をサポートしており、サポートやトレーニングに加えてベストプラクティスに関するアドバイスを提供したり、クラウドサービスと既存のインフラストラクチャの統合を支援したりします。

CloudOpsの計画を立てたら、クラウドリソースを継続的に監視して最適化することがきわめて重要となりますが、そうすることにより、クラウドへの投資から最大限の利益を得ると同時にコストとリスクを減らすことができます。

プランニング、戦略の策定、ソリューションの選択、継続的な監視、最適化はすべて、HPEとともにCloudOpsを導入するプロセスの一環であり、HPEのスペシャリストと連携してクラウド管理ソリューションを活用すれば、自社の要件と目標に合ったCloudOpsをシームレスかつ効果的に導入することが可能です。

CloudOps、ITOps、DevOpsの違い

基盤

CloudOps

ITOps

DevOps

定義

企業が確実かつ効率的にクラウドインフラストラクチャとクラウドサービスを管理できるよう支援することを目的とする一連の手段と手順

組織のITサービスとITインフラストラクチャの管理の効果と効率を向上させることを目的とする一連の手法とツール

チームワークワークを強化してソフトウェアの開発と展開のプロセスを迅速化することを目的とする一連のガイドライン、手法、手段

重点

クラウドサービスとクラウドインフラストラクチャの管理

ITインフラストラクチャとITサービスの管理

開発と運用の統合

自動化

クラウドリソースの管理と最適化を自動化

ITリソースの監視と管理を自動化

ソフトウェアの開発と展開を自動化

ツールとプロセス

クラウド管理の手順とツールを利用

IT管理の手順とツールを利用

開発の手法とツールを利用

スピード

クラウドサービスの迅速な実装と展開を可能にする

ITシステムのセキュリティと信頼性に重点を置く

迅速なソフトウェアのデリバリに重点を置く

コラボレーション

クラウドサービスプロバイダーおよびユーザーとのコラボレーション

ITスタッフおよび関係者とのコラボレーション

開発担当者と運用担当者間のコラボレーション

パフォーマンス

クラウドシステムのパフォーマンスと可用性の確保に重点を置く

ITシステムのパフォーマンスと可用性の確保に重点を置く

ソフトウェアのパフォーマンスと品質の確保に重点を置く

ビジネス価値

企業がコストを削減してクラウドリソースを最大限に活用できるようにする

企業がITシステムの信頼性を維持して危険を減らせるようにする

企業が迅速かつ効率的に質の高いソフトウェアを作り出せるようにする

HPEとCloudOpsソリューション

HPEでは、組織におけるクラウド環境の管理と最適化に役立つCloudOpsソリューションを幅広く提供しています。以下にいくつかのお客様事例をご紹介します。

HPE GreenLake: これは、Infrastructure as a servicePlatform as a serviceSoftware as a serviceソリューションを含むクラウドサービススイートです。特定のビジネスニーズに合わせてカスタマイズできる、柔軟な従量制課金モデルを提供する設計となっています。

HPE Cloud Cruiser: これは、複数のクラウドプロバイダーのクラウドの使用量とコストを可視化するクラウドコスト管理および最適化ソリューションです。組織がクラウドのコストを最適化して無駄を減らし、予算と規制の要件に準拠できるようにします。

HPE Cloud Volumes: これは、パブリックおよびプライベートクラウド向けのエンタープライズグレードのストレージを提供するクラウドストレージサービスです。組織がオンプレミス環境とクラウド環境間でデータをシームレスに移動できるようにするとともに、高度なセキュリティとデータ保護を実現します。

HPE Ezmeral: これは、ハイブリッドマルチクラウド環境のコンテナ化されたアプリケーションとデータを管理するためのソフトウェアプラットフォームです。コンテナオーケストレーション、アプリケーション展開、データ管理、分析用のツールだけでなく、セキュリティ機能とコンプライアンス機能も提供します。

全体として、HPEのCloudOpsソリューションは、サイズや複雑さにかかわらず、クラウド環境を管理して最適化するのに必要なツールやサービスを組織に提供する設計となっています。