仮想インフラストラクチャの最新化

仮想化のメリットを活かしてコストを削減し、効率化を進めてきたお客様は、これからデータセンター全体の仮想化環境を最新化し、スピードと効率をさらに向上させる必要があります。

+ もっと見る

次世代のデータセンターインフラストラクチャ

もはや仮想化だけでは十分ではありません。ソフトウェア デファインドのコンポーザブルインフラストラクチャやハイパーコンバージド インフラストラクチャ、ハイブリッドクラウドソリューションなどのイノベーションは、業務を管理するとともに効率化し、確実にビジネスを推進するうえで大きな効果を発揮します。

効率性の向上

サーバーとストレージの仮想化を念頭に置いて設計された先進的なアーキテクチャーでデータセンターの仮想化を推進できます。

仮想インフラストラクチャの自動化

ソフトウェア デファインド インフラストラクチャでIT運用を自動化して仮想リソースの管理を効率化できます。

クラウドトランスフォーメーションの促進

スピードと柔軟性を向上させるための戦略を策定し、クラウド全体のリソースへのセルフサービスアクセスを提供できます。

仮想化ソリューション

HPEのソリューションを活用すれば、ITサービスを迅速に提供して急速に変化するビジネス環境に対応し、既存の仮想化環境を最適化できます。

成功事例

Bechtle Hosting & Operations社がサーバーの展開に必要な時間を短縮

データセンターサービスを改善する必要に迫られていた、プライベートクラウドおよびITサービスプロバイダーのBechtle Hosting & Operations社は、

課題

プライベートクラウドおよびITサービスプロバイダーのBechtle Hosting & Operations社では、顧客向けのサービスをアップグレードするとともに、社内プラットフォームの管理とプロビジョニングを効率化する必要がありました。

解決方法

HPE Synergyでプロセスを自動化し、コンポーザブルなコンピューティングを実現しました。

「HPE Synergyを実装したことで障害がなくなり、制限なく成長を実現できるようになりました」

Bechtle Hosting & Operations社チームリーダー、Stephan Dangl氏

結果

新しいコンポーザブルインフラストラクチャを活用することにより、顧客向けのサービスをアップグレードし、インフラストラクチャのプロビジョニングに必要な時間を9時間から55分にまで短縮しました。

『HPE OneViewのビジネス価値』、IDC社、2017年7月

『運用効率に関するIDCホワイトペーパー』、2018年8月

3 『HPE SimpliVityハイパーコンバージド インフラストラクチャの総合的経済効果』、Forrester Research社、2017年