インダストリアルエッジでの製造業の変革

未来の製造業は、コネクテッド、自動化、デジタル化によって推進されます。工場現場の運用テクノロジーとITが融合することで、製造サイクル全体において多数のユースケースが可能になり、イノベーションの推進、より効率的な運用方法の構築、ダウンタイムの短縮、ワーカーの生産性向上が実現します。

+ もっと見る

インテリジェントな工場の実現

HPEは、製造業における運用の最適化、製品品質と従業員の生産性向上を支援します。HPEのエンドツーエンドの産業用IoTソリューションによって次のことが可能になります。

  • デジタル設計とデジタルシミュレーション: より迅速で信頼性の高い設計、モデリング、シミュレーションのためのリモート可視化、CAE、およびEDAのソリューション
  • ガイド付き組み立て: 拡張現実ベースの手順により、ワーカーが複数の製品構成およびアセンブリを習得するのを支援して、不良品発生を低減
  • メンテナンスと修理: 「見たままが得られる」テクノロジーにより、組立ラインワーカーがリモートのエキスパートと直接連絡を取って、機器の問題の迅速な診断と解決を実現
  • ビデオ分析: 高度なビデオ分析により、品質保証工程のスピードと正確さの向上を推進
  • 状況監視と予測メンテナンス: メンテナンスに関する問題を監視して発生前に予測することにより、予定外のダウンタイムを軽減
  • デジタルツイン: 工場現場資産のパフォーマンスとプロセスをデジタル化して、本番環境をモニタリングおよび調整
従業員をデータと有益な情報につなぐ

機械資産と製品については、コネクティビティによって、効率、パフォーマンス、および生産性が長期間にわたって改良されています。最近のテクノロジー開発によって、工場現場の装置、製品、そして生産工程そのものを監視および制御するための機能が向上し、さまざまなオペレーション領域から新たなデータソースが提供されています。

デジタル化で資産のパフォーマンスを向上

ITの進歩とデバイスコストの低減によって、製造企業が工場現場資産のデータ (生産工程に関わる組立ラインの装置、ツール、および運用システム) を共通ダッシュボードに集約できるようになったために、工場現場の運用および装置のパフォーマンスの可視性が向上しています。

品質保証におけるビデオの利用

この5年間で、IoTとエッジコンピューティングにより、生産工程へのビジョンの応用のコストが軽減され、工業用ビジョンシステムのスピード、データアクセシビリティ、および情報処理も向上しています。

オートメーションでアジリティと耐障害性を獲得

ほとんどの製造業オペレーションの中核はプロセスオートメーションです。ここ40年間にわたって、製造業におけるオペレーションの多くは、個々のプロセス、機器、または生産資産で分離されていました。新しいオートメーション戦略は、コンバージドエッジコンピューティングに基づいており、柔軟で適応性が高いオートメーションを実現するための根幹です。

イノベーション
デジタルマニュファクチャリングソリューションの新たなクラス

HPEには、エッジからクラウドまでをカバーする製造のデジタル基盤を構築してお客様の業界のデジタル化をサポートできる、テクノロジーに関する豊富な専門知識とソリューションがあります。

デジタルマニュファクチャリングソリューションの新たなクラス

HPEには、エッジからクラウドまでをカバーする製造のデジタル基盤を構築してお客様の業界のデジタル化をサポートできる、テクノロジーに関する豊富な専門知識とソリューションがあります。

HPCで開発サイクルを短縮
IIoTテクノロジーで運用を最適化
拡張現実でメンテナンスサイクルを短縮
ワイヤレスネットワークで工場現場の可能性を拡大
エッジツークラウドのデジタルプラットフォームを構築
必要となるデジタルトランスフォーメーションの専門知識を取得
HPCで開発サイクルを短縮
HPCで開発サイクルを短縮

品質を犠牲にすることなく市場投入までの時間を短縮できます。ハイパフォーマンスコンピューティングにより、反復の所要時間を短く保つことができます。信頼性の高い結果に基づいてモデル化やテストを行い、設計に関する意思決定を迅速に下すことができます。

HPCソリューションの詳細はこちら
IIoTテクノロジーで運用を最適化
IIoTテクノロジーで運用を最適化

産業用IoTは、製造プロセスを効率化してお客様との連携を強化し、エッジでの生産データのリアルタイム分析を可能にして計画外のダウンタイムを削減する新たな方法です。

IIoTソリューションの詳細はこちら
拡張現実でメンテナンスサイクルを短縮
拡張現実でメンテナンスサイクルを短縮

リモートで監視を行って製品サポートの時間を短縮し、エンジニアリング、製品設計、および生産チームのコラボレーション、トラブルシューティング、問題解決を促進できます。

概要はこちら(英語)
ワイヤレスネットワークで工場現場の可能性を拡大
ワイヤレスネットワークで工場現場の可能性を拡大

従業員が情報に基づいてタイムリーに意思決定を行えるよう、生産データ、製品の仕様、資産のパフォーマンスといった、従業員が必要とする位置情報へのアクセスを提供できます。

ネットワーキングソリューションの詳細はこちら
エッジツークラウドのデジタルプラットフォームを構築
エッジツークラウドのデジタルプラットフォームを構築

クラウドと既存のオンプレミスインフラストラクチャを最適な形で組み合わせてパブリッククラウドの柔軟性と拡張性を実現するとともに、社内で構築したインフラストラクチャのリスクを軽減して制御を強化できます。

ハイブリッドクラウドソリューションの詳細はこちら
必要となるデジタルトランスフォーメーションの専門知識を取得
必要となるデジタルトランスフォーメーションの専門知識を取得

デジタル時代のアドバイザリ/トランスフォーメーションサービスの業界リーダーであるHPEの経験を活用すれば、最適なデジタルエクスペリエンスを実現できます。

ネットワークとIoTのサービスの詳細はこちら

製造業にクラウドエクスペリエンスをもたらすHPE GreenLake

HPE GreenLakeは、あらゆる場所のアプリケーションとデータにクラウドのエクスペリエンスを提供し、運用の一元化とイノベーションの推進を支援します。

詳細はこちら
成功事例
CuBE Packaging Solutions社のロゴ

IIoTを活用し、生産性の高いスマート工場を構築したCuBE社

持続可能な容器ビジネスを拡大するために、CuBE社はHPEとそのエコシステムパートナー企業であるPTC社、PCM社、およびCallisto社と協力してIIoTプラットフォームを構築しました。CuBE社は射出成形工場のエッジからデータを収集して、オペレーションを効率化するための有益な情報を獲得しています。

チャレンジ

容器の需要増大により、CuBE社は新しい機械の追加、処理能力の向上、およびリスクの管理に進む必要がありました。そうするためには、リスクや成長の鈍化を伴わずにオペレーションを最適化するためのインテリジェンス、ツール、および可視性を獲得することを迫られていました。

ソリューション

CuBE社は、工場にインテリジェンスを導入するため、HPEとパートナー企業のPCM社、PTC社、Callisto社を集めてチームを編成しました。同社の新しいIIoTプラットフォームでは、HPE Synergyが毎日300~400GBのデータを収集および分析し、Arubaのワイヤレスネットワークソリューションが重要な役割を果たしています。

「ビジネスが成長すると、生産量の制約という問題に直面しがちですが、機器の追加には多大な資本が必要となり、時間もかかります」

CuBE Packaging Solutions社社長、Len chopin氏

結果

データと分析およびOTとITの統合により、CuBE社は、顧客、そして地球環境にもたらす価値を最大限に高めようとしています。CuBE社の生産能力が向上することで、これまでより多くの食料品店、レストラン、その他の食品業界の企業が、再利用およびリサイクル可能で高品質な同社の容器を利用できるようになります。

関連するお客様事例